(イ)優良形質種苗の作出及び安定生産技術の開発

(イ)優良形質種苗の作出及び安定生産技術の開発

課題番号2012020508
研究機関名水産総合研究センター
研究期間2011-2015
年度2012
研究問題(2)研究開発等の重点的推進
大課題ウ. 持続的な養殖業の発展に向けた生産性向上技術と環境対策技術の開発
中課題(イ)優良形質種苗の作出及び安定生産技術の開発
大項目第2 国民に対して提供するサービスその他の業務の質の向上に関する目標を達成するためとるべき措置
中項目1 研究開発等
摘要ブリのDNAマーカーに基づいてF2を作出し、ハダムシ耐性のある家系を確認した。ヒラメについては高温耐性個体を選抜してF1が耐性を持つことを確認し、ノリについては高温で発現する遺伝子群の連鎖解析・発現解析を行った。また、ノリのプロトプラストの発育を促進する共生細菌の種を同定し、新種であることを世界で初めて突き止め、その全ゲノムを解析した。
突然変異育種については、アマゴ、トラフグで突然変異条件を確立し、再現性を確認した。また、筋肉量に関係するミオスタチン遺伝子に人為的に突然変異が導入されたことを確認した。
メダカやゼブラフィッシュ、コイ、大西洋サケの競合性や捕食性、有害物質の産生性や交雑性等について、捕食性試験や交雑胚の性質を調べる試験等を実施した。それらの試験結果を基に、生物多様性影響評価の資料を作成した。また、安全性評価手法と検査手法の開発について、導入遺伝子としての利用が想定される蛍光タンパク質遺伝子のCRによる検知法を開発した。
不妊化技術における生殖細胞の発生・発達、移動のメカニズムについては、受精後1日目にはすでに生殖腺領域への移動が完了していること、また、特異的阻害剤を用いて生殖細胞の移動にケモカイン受容体cxcr4が関与することを明らかにした。
人工種苗の量産技術開発については、クエの体サイズと生物餌料の摂餌量及び給餌時期についてデータを集積し、減耗防除対策の要因解析を行った。カンパチ種苗の形態異常として、天然種苗と比較して体高が高いこと、そのような個体では、しり鰭を支える骨(胆鰭骨)の骨折が認められることを明らかにした。ブリでは通常の産卵期より5ヶ月以上早い11月の早期採卵に成功し、周年採卵をほぼ可能にした。
海産無脊椎動物の量産技術開発については、アサリでは、産卵誘発で得た未受精卵に対し、アンモニアを用いた人工授精条件を把握した。ナマコでは、高い受精率が得られる精子凍結保存法や生体外成熟卵作出法を開発した。クルマエビでは、人工授精に使用できる精子を得るために雌貯精嚢内での精子の性状の変化を把握した。幼生及び稚貝の飼育については、タイラギでは、飼育水表面に海水を霧状に吹き付ける方法が幼生の生残率を高める効果があることを見いだした。
研究分担有瀧真人
荒木和男
堀田卓朗
吉浦康寿
小林正裕
岡本裕之
濱田和久
育種グループ
崎山一孝
山野恵祐
正岡哲治
尾崎照遵
淡路雅彦
岩崎隆志
吉田一範
伏屋玲子
奥澤公一
尾島信彦
岩本明雄
奥村卓二
協力分担関係長崎大学
東京海洋大
大阪府立大学大学院
太田大策
国立医薬品食品衛生研究所
奈良県立医科大学
東京農工大学大学院
北海道大学
広島大学
慶應義塾大学
予算区分イノベーション創出事業 水産庁交付金 文科省・JST競争的資金 その他他省庁経費
業績(1)Identification of leptocephalus larvae of the tiger moray Scuticaria tigrina based on morphometric and genetic evidence
(2)両眼柄除去と片眼柄除去がクルマエビの卵巣発達と産卵に及ぼす影響
(3)Development physical map of yellowtail (Seriola quinqueradiata) using whole-genome radiation hybrid pabel and nanofluidic DynamicArray
(4)A comprehensive genetic map for yellowtailbased on rapid SNP typing system and quantitative trait loci associated with resistance to parasitic disease in yellowtail through genome wide analysis
(5)Application to the genetic breeding using by genomics information in yellowtail (Seriola quinqueradiata)
(6)雄クルマエビから摘出した精莢を雌に移植する人工交配法
(7)平成24年度アサリ研究会活動状況
(8)組換え魚類の安全性に関する研究
(9)「中国」GM魚関連-DsRed2遺伝子組換えアカヒレ紅金糸にかかる広東省における生産利用のための安全証明書
(10)コイ「遺伝子組換え生物の環境影響評価に必要な生物情報集ー 動物及 び微生物編(平成24年度版)ー」
(11)沖縄県宜野湾市にて採集したツクシアマノリ葉状体の形態的特徴と分子生物学的解析
(12)Homozygous and heterozygous GH transgenesis alters fatty acid composition and content in the liver of Amago salmon (Oncorhynchus masou ishikawae)
(13)?瀬戸内海で採集されたアルビノのクサフグTakifugu niphobles(フグ科)
(14)低水温処理によるクルマエビの産卵コントロール
(15)A comprehensive genetic map for yellowtail based on rapid SNP typing system using nanofluidic Dynamic Array
(16)ノリの高水温耐性に関与する遺伝子について
(17)Effects of docosahexaenoic acid and taurine levels in rotifers on growth, survival and swim bladder inflation of larval amberjack Seriola dumerili
(18)Effect of monoculture of raphidophyte Chattonella antiqua on the survival rate of the juvenile Japanese amberjack Seriola quinqueradiata
(19)High-throughput genome sequencing of an aquaculture crop, susabi-nori (Pyropia yezoensis)
(20)ポット型無換水飼育によるイセエビフィロソーマ向け餌料素材の探索
(21)市販配合飼料によるカンパチ養成親魚からの採卵と栄養分析
(22)生理活性ペプチド(クビフリン)を用いたマナマコ採卵技術の開発
(23)国内4地点由来のアサクサノリ葉状体の生長に対する温度と日長の影響
(24)米国等で新規に実用化が見込まれる遺伝子組換え動物の生物多様性影響評価手法の分析検討
(25)メダカの競合性に関する研究
(26)コイと禁煙在来種との交雑性と競合性の解析
(27)大西洋サケ「遺伝子組換え生物の環境影響評価実験例集ー 動物及 び微生物編(平成24年度版)ー」
(28)東日本大震災以前の仙台湾天然アカガイと人工種苗の遺伝的多様度
(29)Circadian pacemaker in the suprachiasmatic nuclei of teleost fish revealed by rhythmic period2 expression
(30)Differential expression of heat-shock proteins in F2 offspring from F1 hybrids produced between thermally selected and normal rainbow trout strains
(31)遺伝子組換え生物の検査に向けたサケ科魚類発眼卵からのDNA抽出法の開発
(32)Quantitative trait loci (QTL) associated with resistance to parasitic disease (Benedenia seriolae) in yellowtail (Seriola quinqueradiata) through genome wide analysis
(33)閉鎖循環システムを用いたトラフグの卵管理
(34)クビフリン遺伝子のクローニングと発現解析
(35)The viability of F1 hybrids of Cyprinus carpio and Carassius confirmed with DNA markers
(36)瀬戸内海における希少アマノリ類の調査 その4
(37)マガキで新たに発見した二種類のインスリン関連ペプチドの構造、産生組織と遺伝子発現変化
(38)書評「沿岸漁獲物の高品質化ー短期蓄養と流通システム」
(39)民間種苗生産・養殖業者の聞き取り調査を通したトラフグ種苗生産技術の向上
(40)ゼブラフィッシュの在来種に対する競合性の解析
(41)クエ種苗生産におけるアルテミアの給餌時期が成長、生残および形態異常に及ぼす影響
(42)コイ (遺伝子組換え生物の環境影響評価実験例集ー動物及び微生物編(平成24年度版)ー)
(43)高温耐性ヒラメの評価法と探索
(44)トラフグにおける低コスト優良品種選抜システムの構築
(45)閉鎖循環システムを用いた低塩分条件下でのトラフグ量産飼育
(46)Changes in mineral concentrations in amberjack Seriola dumerili?larvae during seed production: high concentrations of certain?minerals in rotifers do not directly affect the mineral?concentrations in larvae?
(47)Parasitic protozoan oocysts in the ovaries of sea cucumber Apostichopus japonicus
(48)コイとフナ類における種判別用DNAマーカーの開発
(49)Developing physical map of yellowtail using whole genome radiation hybrid panel and nanofluidic dynamic array?
(50)水流が垂下アサリ稚貝の成長に及ぼす影響
(51)市販配合飼料により養成したマハタ親魚からの採卵と卵の栄養成分分析
(52)旬養技術の開発-氷温貯蔵と海水サプリメントによるアサリの高品質流通の検討
(53)ニジマスの高温選抜効果を熱ショックタンパク質(HSP)発現量で検証する
(54)アマノリ類における高温耐性の特性評価試験及びDNAマーカー等の開発の検討(アマノリチーム事業結果総括概要書)
(55)ゼブラフィッシュの在来種に対する競合性の解析
(56)成長ホルモン遺伝子組換え魚類の検知法の開発
(57)First generation whole-genome radiation hybrid map of the Heterosomata: Japanese flounder (Paralichthys olivaceus), including BAC clones of MHC class Ia, Ib, IIa and IIb.
(58)Genetic linkage map and growth-related quantitative trait loci (QTL) in kelp grouper (Epinephelus bruneus)
(59)不妊化を目的としたアマゴ受精卵へのX線照射
(60)Analysis of the conflict between the Atlantic salmon and Japanese native salmonids.
(61)二枚貝類の成熟制御について
(62)Mutagenesis in sperm of fugu (Takifugu rubripes) and amago salmon (Oncorhynchus masou ishikawae) using N-ethyl-N-nitrosourea (ENU) for developing a new aquaculture breeding technique of TILLING
(63)種々のナマコ類のクビフリン遺伝子と卵成熟誘起作用
(64)採卵に適した親クルマエビの選別方法
(65)カンパチ仔魚の初期飼育における適正な日長条件
(66)平成23年度科学研究費補助金実績報告書
(67)大西洋サケと在来サケ科魚類との競合性の解析
(68)コイと近縁在来種との交雑性と競合性の解析
(69)メダカの競合性に関する研究
(70)Chum salmon fry grow faster in seawater, exhibit greater activity of the GH/IGF axis, higher Na+, K+ -ATPase activity and greater gill chloride cell development.
(71)?Visualization of musculature of the larval greater amberjack?Seriola dumerili?(Risso) using whole-mount immunostaining with special reference to cranial muscles
(72)Fatty acid composition in sea cucumber Apostichopus japonicus fed with microbially degraded dietary sources
(73)?Development of the musculature and muscular abnormalities?in larval seven-band grouper Epinephelus septemfasciatus
(74)ツクシアマノリPorphyra yamadaeのPyropia属への変更
(75)Phenotypic analysis of leptin receptor knock-out medaka - the mutant exhibited increased feed intake and impaired glucose homeostasis
(76)Investigation of the potential of hybridization between zebrafish and Japanese cyprinid fish
(77)Characteristic evaluation method relating to Benedenia disease of yellowtail (Seriola quinqueradiata)
(78)観賞魚育種と水産育種研究
(79)LMO識別のための蛍光タンパク質遺伝子mStrawberry、mCherry、mOrangeの検知法の開発
(80)異体類4種のEIRG分析と錐体配列の比較
(81)Effect of glycine on the growth and survival of fertilized eggs and planktonic larvae of the short-neck clam Ruditapes philippinarum in rearing tanks
(82)フロック状飼料による親ナマコの養成
(83)生活史初期におけるエゾバフンウニの食性変化
(84)新たな農林水産政策を推進する実用技術開発事業「種苗生産の早期安定化と放流効果の正確な判定によるクルマエビ類の栽培技術の高度化」平成24年度中間評価研究報告書
(85)クエ・マハタ種苗生産研究会における形態異常防除の取り組み
(86)アマノリ属野生種の高水温耐性
(87)トラフグ人工種苗にみられる倍数性変異現象について
(88)メダカ (遺伝子組換え生物の環境影響評価に必要な生物情報集ー動物及び微生物編(平成24年度版)ー)
(89)大西洋サケと在来サケ科魚類との競合性の解析
(90)ゼブラフィッシュ「遺伝子組換え生物の環境影響評価実験例集ー 動物及 び微生物編(平成24年度版)ー」
(91)魚類天然資源から効率的に優良経済形質を選抜育種する技術の開発の研究
(92)アマノリ類の短期的高水温耐性に関与する遺伝子の探索と解析
(93)遺伝子情報の大量解析と水産育種への応用
(94)Mechanism of oocyte maturation and ovulation, and its application to seed production in the Japanese eel
(95)カンパチ仔魚の初期飼育における適正な日長条件:仔魚の摂餌リズムと種苗量産飼育による検討
(96)Maturation of amago salmon (Oncorhynchus masou ishikawae) fed on two soybean meal-based low-fishmeal diets and fertilization and hatching of progeny.
(97)Development of mutagenesis in sperm and eggs of aquaculture fish species using N-ethyl-N-nitrosourea (ENU).
(98)沖縄諸島各地において採集したアマノリ属のPCR-RFLP分析による種判別
(99)Species distinction of Oryzias latipes and O. curvinotus using nuclear and mitochondrial gene
(100)Experimental study on broodstock management of barfin flounder under the concept of minimum kinship selection
(101)高水温で培養したタネガシマアマノリ葉状体の生長
(102)米国等で新規に実用化が見込まれる遺伝子組換え動物の生物多様性影響評価手法の分析検討
(103)中国における遺伝子組換え魚の現状調査
(104)ニジマスの高温影響を評価するバイオアッセイ系の開発
(105)突然変異育種法を利用した養殖魚の効率的な新品種作出技術の開発、終了時成果報告書
(106)Androgens regulate the functioning of the reproductive axis in previtellogenic eel, Anguilla australis.
(107)完全養殖時代におけるゲノム情報の水産育種への応用
(108)Molecular characterization and gene expression of Japanese eel (Anguilla japonica) gonadotropin receptors.
(109)Induction of ambicoloration by exogenous cortisol during metamorphosis of spottedhalibut Verasper variegatus
(110)自然海水を利用した陸上アップウエリングシステムによるアサリ稚貝の飼育方法の検討
(111)Identification of the hybrid between Oryzias latipes and Oryzias curvinotus using nuclear gene and mitochondrial gene region
(112)?Isolation and characterization of 10 polymorphic microsatellite loci in the devil stinger, Inimicus japonicus:?Permanent Genetic Resources added to Molecular Ecology Resources Database 1 August 2012 ? 30 September 2012
(113)ラップとポリエチレン製ピペットの使用によるトラフグ卵の実験器具への付着防止
(114)観賞魚育種と水産育種研究
(115)ウイルス性神経壊死症の防除を目的とした電解海水を用いるクエおよびマハタ受精卵の消毒条件の検討
(116)The First Symbiont-Free Genome Sequence of Marine Red Alga? Susabi-nori (Pyropia yezoensis)
(117)突然変異誘発育種法の魚類への応用という視点からのレプチン受容体ノックアウトメダカの解析
(118)DNAマーカーによるメダカ近縁種の種判別
(119)TILLING法を用いたトラフグ優良品種作出における選抜期間中の飼育方法の確立
(120)Construction of a framework radiation hybrid map of yellowtail Genome using a nanofluidic array
(121)海面筏式アップウェリング飼育装置を用いたアサリ人工種苗の中間育成方法の検討
(122)養殖魚における突然変異導入技術の開発4:アジ化ナトリウムを用いた卵浸漬法による変異導入
(123)LED等を用いた光照射技術の活用による植物瀬宇餌料生物培養の省エネルガー生産技術の開発
(124)ノリの機能性を生かせ!
(125)メダカ (遺伝子組換え生物の環境影響評価実験例集ー動物及び微生物編(平成24年度版)ー)
(126)ゼブラフィッシュ「遺伝子組換え生物の環境影響評価に必要な生物情報集ー 動物及 び微生物編(平成24年度版)ー」
(127)大西洋サケ「遺伝子組換え生物の環境影響評価に必要な生物情報集ー 動物及 び微生物編(平成24年度版)ー」
(128)新たな農林水産政策を推進する実用技術開発事業「種苗生産の早期安定化と放流効果の正確な判定によるクルマエビ類の栽培技術の高度化」平成24年度研究報告書
(129)生研センター「イノベーション創出基礎的研究推進事業」 、「突然変異育種法を利用した養殖魚の効率的な新品種作出技術の開発」、 中課題B:養殖魚の高品質化に有効な遺伝子の探索:可食部位の高品質化に関わる形質終了時研究成果報告書
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030203296
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat