(ウ)病害の防除技術の開発

(ウ)病害の防除技術の開発

課題番号2012020509
研究機関名水産総合研究センター
研究期間2011-2015
年度2012
研究問題(2)研究開発等の重点的推進
大課題ウ. 持続的な養殖業の発展に向けた生産性向上技術と環境対策技術の開発
中課題(ウ)病害の防除技術の開発
大項目第2 国民に対して提供するサービスその他の業務の質の向上に関する目標を達成するためとるべき措置
中項目1 研究開発等
摘要重要疾病の診断技術として、アワビヘルペスウイルス病、カキヘルペスウイルス病、アワビのキセノハリオチス症、コイヘルペスウイルス(KHV)病の診断手法を開発、あるいは改良した。また、ピシリケッチア症原因菌の生死判定技術を開発した。コイの春ウイルス血症では、アユとアマゴの感受性を明らかにした。
インドネシアでは海外から輸入した親エビを、フィリピンでは地物を使っているが、両国ともにホワイトスポット病の被害が深刻であった。マレーシアでは、近年、急性肝膵臓壊死症の被害が顕著であった。
アコヤガイ赤変病に関しては次世代シーケンサーによる解析を基に、これまで由来が不明であった遺伝子配列群から病原体のものを含むと思われる微生物遺伝子群を絞り込み、体内微生物相を明らかにした。
水産用ワクチン等の予防技術の開発として、(1)免疫系の解析(解析ツール作製と基礎的研究)、(2)健康管理のための診断ツールの開発(免疫ビーズ)、(3)ワクチンの開発及び支援技術の確立、(4)エビの感染防御因子の解析を行った。
病原体の遺伝子解析に基づく病原体の大量培養を必要としない方法の応用により、ブリの黄疸ワクチンの開発に成功した。有効性の高い抗原4種類を決定し特許出願した。
病原体の特性・動態解明とその利用のため、ウイルス性出血性敗血症について、遺伝子型IIIのニジマスに対する病原性規定部位の一つを同定した。また、メダカはIVb型に対する感受性が高く、ヨシノボリは低かった。シマドジョウ、アカザ及びホンモロコでは感受性は認められなかった。
エドワジエラ菌のヒラメにおける初期の感染場所は腸上皮と鼻腔であり、特に鼻腔が重要であることが示唆された。
はた類のウイルス性神経壊死症(VNN)について、新たに開発した垂直感染防止技術により2年間連続でVNNの発生阻止に成功した。また、RNA干渉や、Toll様受容体7/8シグナル伝達経路の活性化により、ウイルスが排除できることを示した。
さけます類親魚の病原体モニタリングでは、一部のベニザケ親魚から伝染性造血器壊死症ウイルスが、放流種苗の病原体モニタリングでは、一部のアカアマダイ親魚からVNNウイルスが、それぞれ検出された。アワビやヒラメの放流用種苗から、キセノハリオチスやクドアセプテンプンクタタは検出されなかった。
研究分担浜野かおる
松山知正
中易千早
大迫典久
桐生郁也
佐藤純
湯浅啓
米加田徹
高野倫一
嶋原佳子
乙竹充
川名守彦
伊東尚史
西岡豊弘
釜石隆
坂井貴光
森広一郎
三輪理
矢野豊
藤原篤志
協力分担関係独立行政法人国際農林水産業研究センター
熊本保健科学大学
大分県農林水産研究指導センター
日本獣医生命科学大学
東京海洋大学
予算区分水産庁交付金 水産庁・その他 消費・安全局[レギュラトリー・サイエンス] 文科省・JST競争的資金 環境省競争的資金
業績(1)コイヘルペスウイルス(KHV)に対するキンギョの感受性の評価
(2)ブリの細菌性溶血性黄疸原因細菌の補体古典経路による殺菌
(3)科学研究費補助金「東南アジア諸国における汽水産エビ類の疫学調査および病原ウイルス伝播経路の解明」平成24年度報告書
(4)(2)水産防疫に関する国際対応 1)魚病関連国際会議等への出席および海外疾病調査 ③カキヘルペスウイルス
(5)(2)水産防疫に関する国際対応 2)OIEリファレンスラボラトリー活動 ①マダイイリドウイルス病リファレンスラボラトリー
(6)(4)水産動物疾病検査法開発 3)アワビ類の筋萎縮症の病原体同定手法の開発
(7)寄生虫(クドア・セプテンプンクタータ)に対するリスク管理に必要な技術開発(報告書)
(8)「ギンザケ赤血球封入体症候群(EIBS)の病原体精製」最終報告書
(9)Surveillance of Type 1 Ostreid Herpesvirus (OsHV-1) Variants in Japan
(10)ウシエビYellowhead disease(YHD)の水平感染に関して
(11)フクトコブシから検出されたXenohaliotis californiensis
(12)「病原体の遺伝子配列情報を利用した抗原の探索」最終報告書
(13)遺伝子情報を利用した難培養性病原体に対するワクチン技術の開発
(14)(1)水産動物疾病等緊急調査 1)特定疾病対応 ②診断技術認定テストおよび診断技術講習会開催・KHV 病診断技術認定(確認)テスト
(15)(1)水産動物疾病等緊急調査 2)緊急対応 ①不明病の依頼診断の受託
(16)(3)水産防疫資材の開発促進 1)エドワジエラ症 ②Edwardsiella tarda感染ヒラメにホスミシン(ホスホマイシン)を経口投与した場合の治療効果
(17)(3)水産防疫資材の開発促進 4)水産用医薬品調査会幹事
(18)(1)水産動物疾病等緊急調査 2)緊急対応 ⑦キセノハリオチス症の防除対策(2): 紫外線照射がキセノハリオチス症原因菌に与える影響
(19)(1)水産動物疾病等緊急調査 2)緊急対応⑨キセノハリオチス症の防除対策(4): OTC 残留検査
(20)本クドア検出法の改良
(21)平成24年度サケ親魚病原体モニタリング結果
(22)「ヒラメエドワジエラワクチンの開発・改良」報告書
(23)(3)水産防疫資材の開発促進 1)水産用ワクチン開発・改良 ②抗体ビーズによる抗体プロテインチップの改良
(24)(2)水産防疫に関する国際対応 1)魚病関連国際会議等への出席および海外疾病調査 ②エビ類の伝染性筋肉壊死症
(25)(3)水産防疫資材の開発促進 2)KHV病 ①KHV弱毒株の探索
(26)(4)水産動物疾病検査法開発 1)アワビヘルペスウイルス病の病原体同定手法の開発
(27)(1)水産動物疾病等緊急調査1)特定疾病対応②診断技術認定テストおよび診断技術講習会開催・KHV 病診断技術講習会
(28)(1)水産動物疾病等緊急調査 2)緊急対応 ⑧キセノハリオチス症の防除対策(3): 初期餌料の消毒
(29)感染したヒラメ排除のための効率的な検査法等の開発(中課題報告書)
(30) ヒラメ以外の魚種におけるクドアの感染状況調査(中課題報告書)
(31)「比較メタゲノム解析とマイクロアレイを活用したアコヤガイ赤変病の病原体究明」年度報告書
(32)微生物群集の代謝機能の多様性に着目した干潟・漁場底泥の特性評価指標の探索
(33)ブリ細菌性溶血性黄疸原因菌の分類学的位置
(34)アワビの糞便を用いたキセノハリオチス症原因菌の検出法の検討
(35)難培養性病原体に対するワクチン作製技術の開発
(36)本クドア分布調査と取り纏め
(37)(1)水産動物疾病等緊急調査 1)特定疾病対応 ①確定診断ならびに現地調査
(38)(1)水産動物疾病等緊急調査2)緊急対応 ③アワビ類のキセノハリオチス症の感染試験(1): 感染初期における病原性の確認および感染貝の継続飼育による発症等の状況変化の把握
(39)(1)水産動物疾病等緊急調査 2)緊急対応 ⑥キセノハリオチス症の防除対策(1): 異なる塩分濃度がキセノハリオチス症原因菌に与える影響
(40)(2)水産防疫に関する国際対応 1)魚病関連国際会議等への出席および海外疾病調査 ①第12回国際比較免疫学会大会
(41)(4)水産動物疾病検査法開発 2)カキヘルペスウイルス病の病原体同定手法の開発
(42)(5)リスク評価の推進 2)ピシリケッチア症
(43)(1)水産動物疾病等緊急調査 2)緊急対応⑩台湾産トコブシ株と16S rRNA 遺伝子の変異
(44)「 アコヤガイ赤変病の病原体探索」(共同研究終了報告書)
(45)Megalocytiviruses
(46)Rapid Detection of Flavobacterium psychrophilum Using Fluorescent Magnetic Beads and Flow Cytometry
(47)Ultra highly sensitive method for detecting Flavobacterium psychrophilum using high-gradient immunomagnetic separation with a polymerase chain reaction
(48)「サイトカインを利用した新世代ワクチンの開発」年度報告書
(49)感染防御を司る魚類の造血機能
(50)(2)水産防疫に関する国際対応 2)OIEリファレンスラボラトリー活動 ②KHVリファレンスラボ活動
(51)免疫応答を導く魚類ケモカインの初期制御機構
(52)平成24年度所内プロ研報告書「養殖場で実用的な魚病診断技術の開発」
(53)Subclinical Edwardsiella ictaluri infection of wild ayu Plecoglossus altivelis?
(54)異なる水温下におけるマダイイリドウイルス(RSIV)の消長
(55)天然マアジから分離されたSJNNVの遺伝子変異と病原性 ?
(56)コイヘルペスウイルス(KHV)に高い感受性を示す株化細胞樹立の試み
(57)?2012年のカキヘルペスウイルス(OsHV-1)検出状況
(58)クルマエビのMAPKカスケード不活性化関連遺伝子の同定
(59)養殖ヒラメに寄生する新種のクドア属粘液胞子虫による食中毒の防止技術の開発(要約)
(60)「ウイルス様粒子を利用した魚類ワクチンデリバリーシステムの開発」年度報告書
(61)「アワビ筋萎縮症の病原体同定手法の開発」報告書
(62)(3)水産防疫資材の開発促進 1)エドワジエラ症 ①アジュバントを添加した不活化ワクチンの安全性とヒラメEdwardsiella tarda感染症に対する予防効果の確認
(63)(5)リスク評価の推進 1)リスクプロファイルの作成
(64)Effective procedures for culture isolation of koi herpesvirus (KHV)
(65)Typing of viral haemorrhagic septicaemia virus by monoclonal antibodies
(66)?Deciphering of the Dual oxidase (Nox family) gene from kuruma shrimp, Marsupenaeus japonicus: Full-length cDNA cloning and characterization.
(67)ヒラメにおけるEdwardsiella tardaの侵入門戸の探索
(68)OTCを用いたXenohaliotis californiensisの治療および残留
(69)クルマエビの急性ウイルス血症の防除対策に関する研究
(70)PAV(=WSD)防除のための電解海水を用いたクルマエビ受精卵の洗浄効果
(71) 水平感染の有無の解明
(72)ウィルスフリー親魚選別のためのNNV高感度検出法の確立
(73)平成24年度水産増養殖関係研究開発推進会議魚病部会議事概要
(74)(1)水産動物疾病等緊急調査 2)緊急対応 ②各ブロック魚病検討会への出席
(75)(3)水産防疫資材の開発促進 3)簡易検査法 ①抗体ビーズによる感染履歴の判定
(76)(5)リスク評価の推進 3)KHVに対するキンギョの感受性
(77)(1)水産動物疾病等緊急調査2)緊急対応 ④アワビ類のキセノハリオチス症の感染試験(2): 自然感染メガイにおけるキセノハリオチス感染状況
(78)(1)水産動物疾病等緊急調査2)緊急対応 ⑤アワビ類のキセノハリオチス症の感染試験(3): 種による感受性の相違の確認
(79)クドアの生活環の解明と環形動物の防除法の開発(中課題報告書)
(80)養殖ヒラメに寄生する新種のクドア属粘液胞子虫による食中毒の防止技術の開発
(81)Virulence of Yersinia ruckeri for Four Indigenous Fish Species in Japan
(82)Development of mRNA-specific RT-PCR for the detection of koi herpesvirus (KHV) replication stage
(83)?The SOCS and STAT from JAK/STAT signaling pathway of kuruma shrimp Marsupenaeus japonicus: molecular cloning, characterization and expression analysis
(84)ウイルス性神経壊死症の防除を目的とした電解海水を用いるクエおよびマハタ受精卵の消毒条件の検討
(85)飼育水中におけるコイ春ウイルス血症ウイルスの生存性
(86)EMA-PCR法によるPiscirickettsia salmonisの生死判定
(87)「菌株間の候補抗原の保存性の確認と、試作ワクチンの作製」年次報告書
(88)寄生虫(クドア・セプテンプンクタータ)に対するリスク管理に必要な技術開発(計画書)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030203297
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat