(ア)水産物の安全と消費者の信頼を確保する技術の開発

(ア)水産物の安全と消費者の信頼を確保する技術の開発

課題番号2012020511
研究機関名水産総合研究センター
研究期間2011-2015
年度2012
研究問題(2)研究開発等の重点的推進
大課題エ.水産物の安全・消費者の信頼確保と水産業の発展のための研究開発
中課題(ア)水産物の安全と消費者の信頼を確保する技術の開発
大項目第2 国民に対して提供するサービスその他の業務の質の向上に関する目標を達成するためとるべき措置
中項目1 研究開発等
摘要魚類とヒトにおけるメチル水銀の蓄積及び解毒に関し、メチル水銀がセレン化合物(セレノネイン)を媒体として細胞分泌顆粒(エキソソーム)に取り込まれ、血液中に放出後、無機化され体外に排出されること、セレノネインは赤血球に取り込まれ、体内に留まることが明らかとなった。よって、メチル水銀とその解毒に関与するセレノネイン相互作用は、血液中の無機水銀量及び赤血球中のセレノネイン顔料の測定結果で評価できることが明らかになった。
魚類胚細胞及びヒト腎臓由来細胞を使ったセレノネインによるメチル水銀解毒機構を解析できるバイオアッセイ法を開発した。
種判別・原産地判別、養殖・天然判別技術開発では、ロシア及び日本産シジミの判別を、貝に含まれる微量元素と身肉のDNA解析の結果を組み合わせることで可能にした。また、ブリにおいてリノール酸/アラキドン酸比、リノール酸/ドコサペンタエン酸比の違いにより判別可能であることを見いだした。
衛生管理技術開発では、麻痺性貝毒の定量法としてt-ブタノールを内部標準とし、純度及び絶対量を確定可能とする技術を初めて確立した。
アオブダイで発生した中毒原因物質の検索法として、原因物質と考えられるパリトキシン及びパリトキシン類緑体の高感度一斉分析法を開発し、原因物質が新規のパリトキシン様物質であることを初めて明らかにした。
貝毒発生予察技術開発では、毒産性プランクトンであるディノフィシスの培養法を確立するとともに、毒の生産量と生息温度との関連を検討し、高温環境ほど生産量が多いことを明らかにした。
食中毒細菌ビブリオは北海道沿岸にも生息すること、また、0℃以上の環境でも増殖する可能性があるため、地域に関わらず水産物の0℃以下の貯蔵が中毒予防には必要であることを明らかにした。一方、ヒスタミン生成菌はpHが高いと水産発酵食品製造中に全生菌数の1/10なで占有増殖し、ヒスタミンを産生させることを明らかにした。よって、発酵初期にpH調整が必要であることが明らかになった。
水産加工食品製造時に品質を劣化させる成分としてチラミンを特定し、その生成に関与するチラミン生産菌の分離に成功した。水産加工食品製造工程での品質チェックにはチラミン生成菌に的を絞った微生物管理工程が重要であることを明らかにした。
水産物の品質評価指導の開発として、可視・近赤外イメージングを活用したサケフィレーの鮮度評価精度マップを構築することで、非破壊法による鮮度評価を可能とした。
小型魚あるいは混合魚種を原料とした食品化のための原料特性調査と加工技術開発の結果、食品に応用可能なゲル形成加工のためには増強成分が必要であり、大豆粕、大豆タンパク質及び豚血漿が有効である可能性を示した。
研究分担山下倫明
鈴木敏之
里見正隆
村田裕子
石原賢司
渡邊龍一
矢野豊
長井敏
今村伸太朗
木宮隆
松嶋良次
大村裕治
郄橋義文
及川寛
山下由美子
神山孝史
金庭正樹
安永廣作
上野康弘
三木克弘
協力分担関係日本大学
日本冷凍食品検査協会
武輪水産株式会社
東京海洋大学
日本水産株式会社生活機能科学研究所
酪農学園大学
予算区分新たな農林水産政策を推進する実用技術開発事業 委託プロ[海洋微生物プロ] 水産庁交付金 水産庁・その他 消費・安全局[レギュラトリー・サイエンス] 内閣府競争的資金 その他他省庁経費 その他
業績(1)Seasonal changes in the local distribution of Yangtze finless porpoises related to fish presence
(2)? Characteristic of lipid composition differences between cultured and wild ayu (Plecoglossus altivelis)
(3)? Evaluation of a fast method based on the presence of two restriction sites in the mitochondrial ND5 (mtND5) gene for the identification of Scomber species.?
(4)Characteristic of lipids and fatty acid compositions of hte neon flying squid, Ommastrephes bartramii
(5)Quantitative Determination of Paralytic Shellfish Toxins in Cultured Toxic Algae By Liquid Chromatography-Tandem Mass Spectrometry
(6)Analysis of DSP toxins and other lipophilic toxins in Japanese bivalves, performance and correlation of LC-MS versus mouse bioassay
(7)Normal 0 0 2 false false false EN-US JA X-NONE MicrosoftInternetExplorer4 Effect of adenosine monophosphate (AMP) and guanosine monophosphate (GMP) on taste perception of amino acids by mice
(8)Protective roles for ubiquitin selective chaperone CDC48 protein on developmental retardation, oxidative stress, and apoptosis in cold adaptation in zebrafish
(9)Relationship between maturation and extractive components in gonads of green sea urchin Hemicentrotus pulcherrimus
(10)深海性魚類マイクロネクトンの脂質特性:ヨコエソ及びオオヨコエソの脂質
(11)処理条件の違いが日本海産サワラ魚肉中のTMAOの分解に及ぼす影響
(12)魚醤油から分離されたチラミン生成菌の性状
(13)Accumulation and transformation of paralytic shellfish toxin by pen shell Atrina pectinata.
(14)Preparation of saxitoxin analogues by chemical derivatization
(15)アラキドン酸等の有用脂質の探索:アメフラシなど数種の海洋軟体動物の脂質
(16)水産海洋学会PICES/ICES基金成果報告書「東日本大震災により岩手県で発生した津波と貝毒発生状況の検証」
(17)クロマグロ血合筋のグルタチオンペルオキシダーゼの性状と構造
(18)ヒスタミンとその生成菌の測定法
(19)分子シャペロンCDC48によるタンパク質分解経路の制御機構
(20)サキシトキシン標準品代替標準物質使用マニュアル(経済産業省事業)
(21)沿岸海域および水揚げ場におけるバルニフィカス菌の動態解明
(22)有害化学物質のリスク軽減に作用する機能性成分のデータ収集
(23)種特異的同位体希釈による水産物中の水銀の化学種分析:方法の検証と得られるデータ(文献抄録)
(24)SPME/GC/MS法と統計的多変量アプローチによるホワイティングの鮮度評価(文献抄録)
(25)マアジ筋肉からのATP関連化合物の簡易抽出法の検討 Normal 0 0 2 false false false EN-US JA X-NONE
(26)LC-MS/MS analysis of palytoxin analogues in blue humphead parrotfish Scarus ovifrons causing human poisoning in Japan
(27)Unique characteristics of Japanese fermented seafood
(28)セレン含有イミダゾール化合物セレノネインの生体抗酸化作用
(29)化学合成細菌と共生する二枚貝フクスケツキガイの脂肪酸組成
(30)Discovery of novel ovatoxin isomers in Ostreopsis strains in Japan
(31)Quantitative NMR analysis using an electronic signal in the preparation of reference materials of marine biotoxins
(32)Non-destructive freshness assessment of Atlantic salmon (Salmo salar L.) fillets ?by visible/near-infrared spectroscopy
(33)インド洋産カツオの機能性成分に関する知見
(34)脂質分析による化学合成生態系の解明:フクスケツキガイの脂肪酸組成
(35)下痢性貝毒原因種Dinophysis fortiiの毒量と毒組成:自然群集と同一起源培養株の比較
(36)近年国内で発生したアオブダイ中毒検体の パリトキシン及びパリトキシン類縁体のLC-MS/MS分析
(37)Ⅰ-1.セレンによるメチル水銀の解毒機構
(38)アオブダイ中毒検体のパリトキシン分析
(39)麻痺性貝毒モニタリングにおける簡易測定法の有効性検証
(40)ホタテガイにおける脂溶性貝毒PTX2の変換反応
(41)麻痺性貝毒生産プランクトンの株選択及び大量培養条件の検討
(42)平成24年度レギュラトリーサイエンス新技術開発事業研究実績報告書「有毒藻類の培養による各種貝毒標準品の製造技術の確立」
(43)電熱原子吸光分析(EATAAS)および誘導結合プラズマ発光分光分析(ICP-AES)による多元素定量分析のための海洋生物組織のギ酸可溶化(文献抄録)
(44)AOAC公法2005.06による表面多孔性クロマトグラフィーを用いた麻痺性貝毒分析のための迅速液体クロマトグラフィー(文献抄録)
(45)麻痺性貝毒のために改良した免疫測定法の開発:複数の優れた抗体の必要性(文献抄録)
(46)高感度レポーター細胞株DR-EcoScreen cellsを用いた水産物中のダイオキシン濃度の定量(文献抄録)
(47)Protective role of cell division cycle 48 (CDC48) protein against neurodegeneration via ubiquitin-proteasome system dysfunction during zebrafish development.
(48)EFFECT OF SUCROSE AND HALOPHILIC LACTIC ACID BACTERIUM TETRAGENOCOCUUS HALOPHILUS ON CHEMICAL CHARACTERISTICS AND MICROBIAL PROLIFERATION DURING FISH SAUCE FERMENTATION
(49)Polaribacter porphyrae sp. nov. isolated from the red alga Porphyra yezoensis and emended descriptions of the genus Polaribacter and two Polaribacter species
(50)ceramide aminoethylphosph0nate from jumbo flying squid Dosidicus gigaw attenuates the toxicity of cyanotoxin microcystin-LR
(51)海洋生物由来の機能性脂質の探索
(52)Strong antioxidant activity of the novel selenium-containing imidazole compound, selenoneine
(53)Mercury and selenium in seafood
(54)The strong antioxidant selenoneine in tuna blood and its roles in selenium redox
(55)DNAによる種および品種判別と形態による判別
(56)生長性
(57)室内培養試験による各養殖品種の特性の概要
(58)Discovery of a novel pectenotoxin identified as 38-hydroxypectenotoxin-6 in Japanese scallops, Patinopecten yessoensis
(59)Methylmercury detoxification mechanism by secretory extracellular lysosomal vesicle formation
(60)全国青年・女性漁業者交流大会資料のテキストマイニングによる漁村の課題に関する予備的分析
(61)麻痺性貝毒標準品の安定供給に向けた精製法および化学変換反応の効率化
(62)貝毒検査体制の現状と新たな検査技術の開発
(63)ヒスタミン生成菌接種魚肉におけるヒスタミン生成菌の挙動とヒスタミンの蓄積・拡散
(64)平成24年における貝毒発生状況と原因プランクトンの特徴
(65)水産物中のグラム陽性BA生成菌の動態解明
(66)平成24年度海洋生物毒安全対策事業結果の概要「魚毒原因藻類の分布状況実態調査」
(67)アラキドン酸等の有用脂質の探索:アメフラシに含まれる有用脂質成分
(68)Symbionts influence on the fatty acid of clam Mesolinga soliditesta
(69)トリメチルアミン-N-オキシド(TMAO)の味覚特性に対するマウスの行動学的解析
(70)Food safety research in seafood
(71)バフンウニHemicentrotus pulcherrimusの成熟段階とエキス成分組成との関係
(72)Preparation of saxitoxin analogues by chemical conversion of C1,2 produced by cyanobacteria Anabaena circinalis
(73)深海性魚類マイクロネクトンの脂質特性:ムネエソ類の脂質
(74)下痢性貝毒および麻痺性貝毒の分析用標準品のための純度および絶対量確定技術の開発
(75)貝毒はなぜ起こる?原因生物の生きざまと毒
(76)電熱原子吸光分析による魚類中のカドミウム分析法の検証(文献抄録)
(77)Effectiveness of gamma irradiation in the inactivation of histamine-producing bacteria
(78)Analysis of plasmids encoding histidine decarboxylase gene in Tetragenococcus muriaticus isolated from Japanese fermented seafoods
(79)海洋生物に含まれる麻痺性貝毒検出のための液体クロマトグラフィー/質量分析法
(80)魚醤油のヒスタミン蓄積機構と防除法について
(81)Lipid characteristics of two subtropical Seriola fishes, Seriola dumerili and Seriola rovoliana, with differences vbetween cultured and wild varieties
(82)high content of ceramide derivatives in the soft part lipids of pinctada fucata martensii
(83)ヒスタミン生成菌の遺伝子学的特徴と発酵中のヒスタミン蓄積抑制技術
(84)Discovery of a novel polyether compound from the epiphytic dinoflagellate Gambierdiscus toxicus
(85)麻痺性貝毒プランクトンが出現した海水カラムの毒量測定
(86)魚介類の自然毒1
(87)スサビノリ養殖品種の室内培養系から分離された細菌の同定
(88)連続オンライン浸出法による水産物中の全ヒ素およびヒ素種の可給態率の決定(文献抄録)
(89)アオブダイ中毒検体のパリトキシンの分析
(90)Phylogenetic relationships among the family Ommastrephidae (Mollusca: Cephalopoda) inferred from two mitochondrial DNA gene sequences.??
(91)Bacterial communities in fish sauce mush using culture-dependent and -independent methods
(92)東日本大震災後の岩手県大船渡湾におけるAlexandrium tamarense による貝類の毒化
(93)? Complete nucleotide sequences of mitochondrial DNA of long-finned squid Loligo edulis.?
(94)? Selenium content in seafood in Japan
(95)長崎県壱岐のノトイスズミを効率良く刺し網で漁獲する方法
(96)Fatty acid composition of a cold-seep Lucinida clam. Mesolinga soliditesta
(97)室内培養条件の設定について
(98)海洋生物由来の機能性脂質の探索と化学構造の解析
(99)天然及び養殖クロソイの脂質成分
(100)Effects of the tsunami by the Great East Japan Earthquake on distribution of Alexandrium cysts and risk of PSP occurrences in Tohoku coastal areas in Japan
(101)麻痺性貝毒原因プランクトンの培養による貝毒標準品製造
(102)新規セレン含有イミダゾール化合物セレノネインの生体抗酸化作用
(103)可視・近赤外分光法によるタイセイヨウサケフィレーの貯蔵履歴の非破壊評価
(104)II. 動物モデルによるメチル水銀の生物影響評価
(105)バイオジェニックアミン類蓄積抑制技術の開発による日本産水産物の競争力強化
(106)「 畜産廃棄物の液肥利用とコベネフィット政策」報告資料集
(107)閉鎖循環式連続培養によるシオミズツボワムシ(S型)の培養
(108)ヒスタミン生成遺伝子をコードするプラスミドの多様性
(109)醤油麹を用いて製造したニギス魚醤油および蒲鉾製造ロス醤油の発酵初期に起こるタンパク質の分解について
(110)日本沿岸の有毒渦鞭毛藻Ostreopsisが生産する新規オバトキシン異性体の発見およびアオブダイ中毒検体のパリトキシン類縁体のLC/MS/MS
(111)LC-MS/MS analysis of novel ovatoxin isomers in several Ostreopsis strains collected in Japan
(112)In Vitro Acylation of Okadaic Acid in the Presence of VariousBivalves’ Extracts
(113)Essential role of the ubiquitin-selective chaperone CDC48 in a poikilothermic vertebrate in cold adaptation
(114)研究職に就いて実感した 研究者に求められるもの
(115)Strong antioxidant activity of the novel selenium-containing imidazole compound, selenoneine
(116)DMOX誘導体による脂肪酸の構造解析:Lucinidae属二枚貝の中の脂肪酸
(117)The unique fatty acid composition mix of n-3, n-4, and n-6 polyunsaturated fatty acids in the deep-sea vent crab, Shinkaia crosnierii
(118)ノリ養殖品種の色調と遊離アミノ酸含有量について
(119)Fatty acids in the deep-sea crustacean Shinkaia crosnieri with its prey
(120)Role of molecular chaperone CDC48 via the proteasome and autophagy during zebrafish neurodevelopment
(121)クロマグロ血液由来セレン化合物セレノネインの生体抗酸化作用
(122)スサビノリ・プロトプラストの形態形成促進菌の性状解析
(123)低線量放射線によるCDC48を介するオートファジーの活性化
(124)麻痺性貝毒標準品製造のためのAlexandrium tamrense大量培養
(125)水産物の自然毒2
(126)平成24年度サイエンスキャンプ Aタイプ会場 開催報告書
(127)ヒスタミン生成遺伝子をコードするプラスミドの多様性
(128)魚味噌から分離したヒスタミン生成菌Staphylococcus epidermidis TYH1のヒスチジン脱炭酸酵素の精製
(129)ノリに含まれるビフィズス菌増殖促進因子グリセロールガラクトシドの機能性のヒト試験等による評価
(130)平成24年度 特定物質危機管理体制構築事業(経済産業省) 事業報告書
(131)水産物における病原微生物のリスク低減技術の開発
(132)固体サンプリング熱分解融合原子吸光法による水産物中の水銀の定量法の開発(文献抄録)
(133)? Guidelines for the use and interpretation of assays for monitoring autophagy?
(134)?水産物のメチル水銀とセレン
(135)トリメチルアミン-N-オキシドの味覚特性に対するマウスの行動学的解析
(136)Normal 0 0 2 false false false EN-US JA X-NONE Changes in preference for amino acids by addition of glycogen in C57BL/6 mice
(137)The Identification of Bacteria that Induce Morphological Formation in the Protoplasts of the Red Alga Porphyra yezoensis
(138)Discovery of novel ovatoxn isomers in several Ostreopsis strains in Japan
(139)水産物中の脂質成分の分布・動態の解明とその応用に関する研究
(140)科学研究費助成事業基盤研究A実績報告書
(141)2012サマーサイエンスキャンプテキスト 海洋生物の生理活性物質を最先端の超微量分析で覗く
(142)ホタテガイ養殖に被害を与えたヨーロッパザラボヤをDNAで同定!
(143)ノリの機能性を生かせ!
(144)分光学的手法による簡易Hm測定法の開発
(145)平成24年度海洋生物独安全対策事業結果の概要「貝毒による二枚貝の毒化状況実態調査」
(146)平成24年度海洋生物毒安全対策事業結果の概要「貝毒機器分析のための標準品の製造及び研修会の実施」
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030203299
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat