(エ)その他の基礎的・基盤的な研究開発並びに他分野技術の水産業への応用

(エ)その他の基礎的・基盤的な研究開発並びに他分野技術の水産業への応用

課題番号2012020517
研究機関名水産総合研究センター
研究期間2011-2015
年度2012
研究問題(2)研究開発等の重点的推進
大課題オ.基盤となるモニタリング及び基礎的・先導的研究開発
中課題(エ)その他の基礎的・基盤的な研究開発並びに他分野技術の水産業への応用
大項目第2 国民に対して提供するサービスその他の業務の質の向上に関する目標を達成するためとるべき措置
中項目1 研究開発等
摘要養殖廃水の再利用技術の開発では、高塩分条件に馴致した嫌気性バクテリアをスポンジ担体に固定化した高有機物分解能を有するプロトタイプのリアクターを製造し、有機廃水処理試験を行った結果、浮遊物質量を67〜80%、化学的酸素要求量を40〜50%削減させ、処理水が再利用できる可能性を見いだした。また、有機物除去効率を低下させる配管付着生物を二酸化炭素で防止し、さらに蓄積された二酸化炭素を除去する方法を確立するなど、最終目標となる排出物ゼロの陸上養殖システム構築の可能性を確認した。
水産バイオマス技術開発では、未利用海藻であるスジメを原料とし、センター所有海藻分解菌AR06株を用いたアルギン酸オリゴ糖の製造法と純化法を確立し、食品や香粧品へ利用可能な免疫賦活作用等の機能を有する高純度オリゴ糖製造技術を開発した。
漁業阻害生物であるヒトデを原料とし、水溶性画分からサポニン、脂溶性及び残滓画分よりプラズマローゲン、コラーゲン等の有効成分を単離抽出し、食品等への利用の可能性を確認した。これらの成果と水産バイオマスからのエネルギー産生物質への変換技術開発、経済的試算等の成果を含め、カスケード利用による高付加価値化する水産バイオマスの資源化技術システムを開発した。

被災地域の水産業復興を目指した食糧生産地域の再生事業を岩手県を対象として開始し、天然資源への震災の影響を低減可能にする漁業・養殖システム構築を目的とした。また、研究成果の現場への活用を進めるべく、三陸の特徴ある食材を対象に漁獲から高次加工品製造、販売までの高付加価値化システムで被災地域の漁獲物の競争力を強化することを目指して、三陸漁獲物の高鮮度化のための漁獲システムの構築、鮮度向上に向けた市場機能の強化、高次水産加工技術の導入による新製品開発、及び電子媒体を用いた販売手法の開発を開始した。
研究分担藤浪祐一郎
高見秀輝
堀正和
齊藤宏明
藤井一則
石原賢司
浜口昌巳
神山孝史
田所和明
奥村裕
野田勉
澤田浩一
鴨志田正晃
成松庸二
栗原健夫
和川拓
長谷川勝男
齊藤肇
堀井豊充
村田昌一
協力分担関係日本海洋株式会社
北里大学
広島大学瀬戸内圏フィールド科学研究センター
岩手県水産技術センター
石村工業株式会社
大船渡湾冷凍加工業協同組合
株式会社ニレコアグリセンター室
東京海洋大学
スタンレー電気株式会社
早稲田大学
予算区分水産庁交付金 水産庁・その他 文科省[科研費] 文科省・JST競争的資金
業績(1)養殖生簀における動揺抑制装置の開発と実用化に関する研究
(2)2011年成層期における仙台湾沿岸域の流れと水質変動
(3)相模湾東部で観測された東北地方太平洋沖地震に伴う津波
(4)サケ稚魚の音響散乱特性の推定
(5)CO2マイクロバブルを用いた生物付着抑制技術の開発-2
(6)Effects on growth of flatfish juvenile by artificial lightening conditions: intensity, photoperiod and wavelength
(7)北海道東部太平洋沿岸域における水塊変質
(8)クロマグロ産卵期の琉球列島周辺海域における海洋環境
(9)東日本大震災以降のマダラ資源の増大について
(10)東日本大震災による震源地近傍のアマモ群落への影響
(11)閉鎖循環飼育の未来と可能性, 第7回 普及タイプの閉鎖循環式種苗生産システムの構築
(12)仙台湾・八戸沖におけるマダラ仔稚魚の分布調査
(13)水産総合研究センターにおけるモニタリングの現状と課題
(14)震災後のアマモ場とそこに棲む魚たちー宮古湾の藻場,復活中ー
(15)津波後の岩手県宮古湾におけるアマモ場および稚魚の状況
(16)親貝移植による増殖技術の開発
(17)「水産バイオマスの資源化技術開発事業」総合報告書
(18)種特異的同位体希釈による水産物中の水銀の化学種分析:方法の検証と得られるデータ(文献抄録)
(19)SPME/GC/MS法と統計的多変量アプローチによるホワイティングの鮮度評価(文献抄録)
(20)漁業阻害生物等の有効成分利用技術の開発 (総括報告書 中課題成果とりまとめ)
(21)Algal Fermentation- a Seed for a New Fermentation Industry of Foods and Related Products
(22)大気擾乱が日本海低次生態系に与える影響
(23)Structural features of N-glycans of seaweed glycoproteins: predominant occurrence of high-mannose type N-glycans in marine plants
(24)Seasonal and Summer Interannual Variations of SeaWiFS Chlorophyll a in the Yellow Sea and East China Sea
(25)東北地方太平洋沖地震の津波による広域海底堆積物の移動推定
(26)Analysis of Extracellular Alginate Lyase (alyA) Expression and its Regulatory Region in a Marine Bacterial Strain, Pseudoalteromonas atlantica AR06, Using a gfp Gene Reporter System
(27)Bicarbonate Secreted From the Pancreas Contributed to the Formation of Ca Precipitates in Japanese eel, Anguilla japonica
(28)海洋生元素地理の高精度観測からの新海洋区系―研究内容とロードマップ.
(29)潜水漁業者の取り組む磯焼け域での藻場造成
(30)ハタハタ稚魚の理論モデルによるターゲットストレングス推定
(31)Effects of the mega-earthquake and tsunami on rocky shore ecosystems on Sanriku Coast, Japan
(32)Archiving historical meso-zooplankton , samples collected around Japan
(33)東日本大震災で影響を受けた藻場の状況(昨年度の続報)
(34)三陸沿岸のエゾアワビ、キタムラサキウニ個体群に対する東日本大震災の影響
(35)音響測器を用いた水中ガレキの調査と解析
(36)異常冷水と定線観測
(37)日本周辺水域におけるメソ動物プランクトン標本の保存・管理および利活用
(38)伊勢湾口域でのマガキ天然採苗を目指して
(39)Variation in spawning of Asari clam Ruditapes philippinarum in eastern Hokkaido, Japan
(40)岩手県沿岸域における水質の空間分布と時間変動
(41)東日本大震災の津波による岩手県内湾域における底質環境と底生生物群集の変化
(42)光利用技術を活用した異体類の効率的種苗生産技術
(43)電熱原子吸光分析(EATAAS)および誘導結合プラズマ発光分光分析(ICP-AES)による多元素定量分析のための海洋生物組織のギ酸可溶化(文献抄録)
(44)AOAC公法2005.06による表面多孔性クロマトグラフィーを用いた麻痺性貝毒分析のための迅速液体クロマトグラフィー(文献抄録)
(45)麻痺性貝毒のために改良した免疫測定法の開発:複数の優れた抗体の必要性(文献抄録)
(46)高感度レポーター細胞株DR-EcoScreen cellsを用いた水産物中のダイオキシン濃度の定量(文献抄録)
(47)有機酸発酵技術の開発
(48)天然資源への影響を軽減した持続的な漁業・養殖業生産システムの実用化・実証研究のうち、「沿岸資源の再生と持続的利用のための三陸里海モデルの実証」年度末報告書
(49)Expression of sodium/hydrogen exchanger 3 and cation-chloride cotransporters in the kidney of Japanese eel acclimated to a wide range of salinities
(50)Monitoring system for Fisheries Research around Japan
(51)Prediction of acoustic properties of juvenile chum salmon, Oncorhynchus keta, for acoustic monitoring
(52)A modeling approach to evaluate growth and movement for recruitment success of Japanese sardine in the western North Pacific
(53)Characterisation of novel exo-alginate lyases in a marine bacterial strain, Pseudoalteromonas atlantica AR06, and generation of unsaturated monosaccharide from alginate
(54)野外実験によるイスズミ類摂餌選択性推定の試み
(55)日本海南西海域山口県沖におけるクロロフィルの変動
(56)2003 ~ 2005年に鹿島灘でみられた二枚貝幼生の時系列的出現傾向
(57)Comparison of the mollusk assemblage in Japan before vs. after the Great Tohoku Earthquake
(58)Migratory behavior and recruitment process of the Pacific stock of chub mackerel Scomber japonicus
(59)岩手県宮古湾と宮城県内湾におけるアマモ場と仔稚魚の実態,およびその回復状況の把握
(60)富山県海洋深層水および立山氷雪を接種した海苔醤油試料からの好塩性乳酸菌の分離
(61)東北沿岸域の水質底質調査
(62)宮古湾の干潟における水質・底質変化の実態と生物相の調査
(63)エゾアワビ資源に対する東日本大震災の影響
(64)有害化学物質・放射性物質の生態系への移行の把握
(65)世界初の完全閉鎖循環飼育を目指して
(66)新しい糖化発酵技術と利用技術開発 総括報告書
(67)海藻バイオマスからのバイオ燃料生産技術開発 (総括報告書 中課題成果とりまとめ)
(68)藻類の発酵
(69)Modification of a Kenai eddy along the Alaskan Stream
(70)Tidal and low-frequency (geostrophic) currents along the CK Line (31 deg 45 min N) over the East China Sea shelf.
(71)Use of PCR-RFLP for the discrimination of Japanese Porphyra and Pyropia species (Bangiales, Rhodophyta)
(72)前線近傍で発生する上昇流と下降流
(73)海苔醤油開発の最近の進展-エキス全窒素分の増加と好塩塩性乳酸菌スターター開発
(74)東日本大震災による宮城県沿岸の岩礁藻場生態系への影響
(75)黒潮内側域の土佐湾湾口部における中・深層性魚類仔魚の季節変動
(76)Effects of the Great East Japan Earthquake on Seaweed Bed Ecosystems
(77)Changes in the demersal fish communities of the sandy beach in Sendai Bay after the disturbance by the tsunami
(78)Mass balance of dioxins from pesticides in Sendai Bay, Japan
(79)Distribution of calanoid copepods of the genus Paracalanus around the Izu Ridge, south of Japan, and extent of ‘island mass effect’ in the region.
(80)2011年成層期における仙台湾沿岸域の流れと水質変動
(81)岩手県沿岸域における水質の鉛直構造と時間変動
(82)東日本大震災後の仙台湾の栄養塩とクロロフィルaの季節変動特性
(83)黒潮内側域表層における尾虫類ハウスの動態
(84)北海道厚岸湖におけるニシン稚魚の分布とふ化日
(85)加速度センサーによる飼育下におけるブリの摂餌行動の検出
(86)多周波音響プロファイラーを用いた動物プランクトンの長期連続モニタリング
(87)岩手県宮古湾と宮城県内湾におけるアマモ場と仔稚魚の実態,およびその回復状況の把握
(88)平成23年度水産庁漁場復旧対策支援事業―被害漁場環境調査事業報告書―
(89)カキ・ホタテ・ホヤの天然採苗の支援調査
(90)貝毒はなぜ起こる?原因生物の生きざまと毒
(91)沿岸資源の産卵場・育成場の保全・利用方針の開発
(92)岩手県宮古湾と宮城県内湾におけるアマモ場と仔稚魚の実態,およびその回復状況の把握
(93)電熱原子吸光分析による魚類中のカドミウム分析法の検証(文献抄録)
(94)沿岸地域復興における水産業の役割、そしてその課題
(95)東北太平洋側沿岸における有害物質生態系影響調査
(96)Mass balance of dioxins derived from pesticides in Sendai Bay, Japan
(97)Removal of Nitrous Ion and Ammonia by the Ceramics Containing Titanium Dioxide
(98)Ontogenetic habitat shift in abalone Haliotis discus hannai
(99)First generation whole-genome radiation hybrid map of the Heterosomata: Japanese flounder (Paralichthys olivaceus), including BAC clones of MHC class Ia, Ib, IIa and IIb.
(100)異なる飼育水温下でのクロアワビとメガイアワビの成熟と成長
(101)酵母・糸状菌によるガラクトース発酵条件の検討
(102)Impact of the Great East Japan Earthquake on Zostera meadows in the coastal area close to the epicenter
(103)Impact of the tsunami by the Great East Japan Earthquake on seagrass beds and fish assemblages in Miyako Bay
(104)水産海洋学の黎明(宇田道隆)
(105)Natural seed collection and suspended culture of Asari clam
(106)Optode付等密度追従型フロート観測等から推測された日本東方の水塊分布と循環
(107)機能性食品製造における機能性成分セレンの評価分析
(108)無給餌養殖漁場における餌料環境(プランクトン)の実態と回復状況の把握
(109)① 海藻バイオマスからのオリゴ糖等生産技術の開発
(110)サケの不飽和脂肪酸の特性評価のためのラマン分光法の可能性(文献抄録)
(111)連続オンライン浸出法による水産物中の全ヒ素およびヒ素種の可給態率の決定(文献抄録)
(112)東日本大震災から1年-水産業関連の被害、回復状況、復興に向けて
(113)Low levels of 134Cs and 137Cs in surface seawaters around the Japanese Archipelago after the Fukushima Dai-Ichi Nuclear Power Plant accident in 2011
(114)III. 飼育実験による繁殖特性研究例 6章 カタクチイワシの成熟・産卵量調節機構
(115)The fate of appendicularian house in the shelf water south of Japan
(116)次世代シーケンサーを利用した魚類のマイクロサテライトDNAの単離
(117)Effects of the tsunami by the Great East Japan Earthquake on distribution of Alexandrium cysts and risk of PSP occurrences in Tohoku coastal areas in Japan
(118)宮城県漁獲統計から見える漁業と生態系の変遷
(119)Pseudoalteromonas atlantica AR06株の菌体外アルギン酸リアーゼ(alyA)のカタボライト抑制と調節領域
(120)主要な干潟域の回復状況調査
(121)平成24年度水産バイオマスの資源化技術開発委託事業報告書
(122)鮮魚肉の氷蔵中の揮発性物質の変化(文献抄録)
(123)仙台湾、八戸沖におけるマダラ仔稚魚の分布様式と加入過程
(124)資源作物として最適な海藻等の探索 (総括報告書 中課題成果とりまとめ)
(125)松島湾アマモの生育状況について
(126)Target strength pattern measurement of juvenile chum salmon ?(Oncorhynchus keta) ?in a tank by the controlled method
(127)新学術用域研究「新海洋像」における国際シンポジウム・アウトリーチ活動.
(128)海藻分解菌AR06株菌体外アルギン酸リアーゼ遺伝子(alyA)の上流領域による発現制御
(129)仙台湾浅海砂浜域における魚類相の変化 ―震災前後の比較―
(130)他機関の活動と日本水産学会の役割
(131)Temporal variation of polycyclic aromatic hydrocarbons in surface seawater from Sendai Bay, Japan, between June 2011 and March 2012 Normal 0 0 2 false false false EN-US JA X-NONE
(132)Seasonal occurrence of mesopelagic fish larvae in the onshore side of the Kuroshio off southern Japan
(133)大津波の攪乱で三陸のアワビはどうなったのか?
(134)Long-term ecosystem change in the western North Pacific inferred from top predator diet information and commercial fishery data.
(135)岩手県沿岸域における水質分布の時間変動
(136)平成23年の北海道周辺海域の海況
(137)ニシン班の研究成果と次年度計画 ー内湾域・汽水性湖沼域の複合生態系におけるニシンの初期生態ー
(138)平成24年度東北ブロック水産業関係研究開発推進会議 資源生産部会 冷水性ソイ・メバル分科会報告書
(139)仙台湾浅海域におけるヒラメ等重要魚介類の成育場の機能の評価
(140)固体サンプリング熱分解融合原子吸光法による水産物中の水銀の定量法の開発(文献抄録)
(141)地理情報システムによる調査データの整理および藻場・干潟の変動解析
(142)?九州西岸に生育するホンダワラ属13種の付着器からの再生能力
(143)Age, growth?and reproductive characteristics of dolphinfish Coryphaena hippurus in the waters off west Kyushu, the?northern East China Sea
(144)A Numerical Study of the Kuroshio-Induced Circulation in Tosa Bay, off the southern coast of Japan
(145)Potential use of Gelidium amansii acid hydrolysate for lactic acid production by Lactobacillus rhamnosus.
(146)Feeding ecology of two lanternfishes Diaphus garmani and Diaphus chrysorhynchus
(147)Damage from the tsunami on the Asari clam fishery in east Hokkaido, Japan and the problems in its recovery
(148)伊豆海嶺周辺海域における パラカラヌス属カイアシ類の空間分布と島陰効果の影響
(149)春季日本海中部沿岸域におけるポエキロストム目カイアシ類の生態 ーカタクチイワシ餌生物としての視点からー
(150)黒潮・親潮域におけるCOMPIRA応用の可能性
(151)仙台湾における震災前後の植物プランクトン群集の比較
(152)航空機による藻場・干潟調査
(153)仙台湾およびその周辺域における底魚類の分布調査
(154)欧州における陸上閉鎖循環式養殖技術の現状と今後の展開
(155)地震や津波で東北の海や生き物はどうなったか?
(156)マダラ稚魚の分布、成長および生残に東日本大震災が与えた影響
(157)2011年仙台湾のヒラメ成育場の質の評価
(158)攪乱に対応した資源管理技術の開発
(159)水産バイオマスリファイナリーシステム構築の検討
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030203305
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat