多雪重粘土地帯における播種技術及び栽培管理技術の高度化による水田輪作システムの確立

多雪重粘土地帯における播種技術及び栽培管理技術の高度化による水田輪作システムの確立

課題番号2012020326
研究機関名農業・食品産業技術総合研究機構
研究期間2011-2015
年度2012
研究問題①新世代水田輪作の基盤技術と低コスト生産システムの構築
大課題地域の条件に対応した低コスト・高生産性水田輪作システムの確立と実証
中課題多雪重粘土地帯における播種技術及び栽培管理技術の高度化による水田輪作システムの確立
大項目食料安定供給のための研究開発
中項目(1) 地域の条件・資源を活かした高生産性水田・畑輪作システムの確立
摘要畝立て播種等によるムギ、ダイズの安定多収栽培と水稲直播を組み合わせた2年3作体系に関しては、a)エアーアシスト条播機について,空気で作溝した後に播種する副流方式により,従来機の作業能率を維持しつつ,播種深度を深められることを確認した。b)耕うん同時畝立て播種機を用いたオオムギ−ダイズの作業体系については、北信越地域の大規模水田経営での現地実証試験により、平高畝によるオオムギ条播とダイズの狭畦多条播を行うムギ−ダイズ体系では、収量は水稲後オオムギで2〜3割、オオムギ後ダイズで1〜5割以上増加し、1俵あたり費用合計は、オオムギで同等ないし約1割、ダイズで2割ないし4割の削減を達成した。c)FOEASの排水機能を活用したオオムギ−ダイズ体系について、オオムギは対照区の372kg/10aを上回る432 kg/10aの全刈収量を達成し、ダイズについても排水機能の活用が有効であることを確認した。また、ブロッコリーで、表層土壌が乾燥する時期に定植する場合、地下水位を一時的に圃場面付近まで高めて水分を供給する方法により、良好な生育を確保できる可能性を見出した。d)代かきにより排水速度が1mm/日未満に低下したFOEAS圃場において籾殻弾丸暗渠を再施工すると、再施工部分の浸透量が増大し、土地改良事業の設計基準である30〜50mm/日と同程度まで暗渠排水機能を回復させることが可能であることを示すとともに、再施工によりダイズ収量が約2割増収することを明らかにした。e)イネ稲こうじ病の薬剤散布適期を判定するウェブプログラムの公開用サーバを設置し、新潟県、宮城県で試行した。
研究分担関正裕
協力分担関係富山県農林水産総合技術センター
新潟県農業総合研究所
新潟大学
秋田県立大学
電気化学工業
松山株式会社
宮城県畜産試験場
宮城県古川農業試験場
予算区分技会交付金研究 新たな農林水産政策を推進する実用技術開発事業 委託プロ[国産飼料プロ] 委託プロ[水田プロ] 委託プロ[気候変動対策プロ] 文科省[科研費]
業績(1)Rice false smut pathogen, Ustilaginoidea virens, invade through small gap at the apex of a rice spikelet before heading
(2)水田作経営における耕うん同時畝立て播種作業機の大麦ー大豆汎用利用技術の評価
(3)ダッタンソバ新品種「北陸4号」の育成とその特性
(4)広葉樹樹皮炭の施用がコマツナの硝酸イオン含有率を低減する効果
(5)イネ稲こうじ病粒のウスチロキシンAの含有量における菌株間の差異
(6)水稲品種「コシヒカリ」の高温登熟回避を目的とした晩植条件下における密植栽培の評価
(7)耕うん同時畝立て播種機汎用利用による平高畝を活用した麦−大豆作体系
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030203313
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat