業務用野菜・畑作物を核とした大規模畑輪作生産システムの確立

業務用野菜・畑作物を核とした大規模畑輪作生産システムの確立

課題番号2012020337
研究機関名農業・食品産業技術総合研究機構
研究期間2011-2015
年度2012
研究問題③業務需要に対応できる高度畑・野菜輪作農業システムの確立と先導的品種の育成
大課題業務需要に対応できる高度畑・野菜作農業システムの確立
中課題業務用野菜・畑作物を核とした大規模畑輪作生産システムの確立
大項目食料安定供給のための研究開発
中項目(1) 地域の条件・資源を活かした高生産性水田・畑輪作システムの確立
摘要ソイルコンディショニング栽培体系に関しては、a)全粒種いも生産について、ジベレリン処理による塊茎数増加効果を「はるか」、「男爵薯」、「こがね丸」で認めた。b)生育初期の相互遮蔽を少なくする栽植様式によりバレイショの増収を目指した試験において、広畝多条栽培は生育前半の乾物生産量を増やし、規格内収量は「トヨシロ」、「きたひめ」ともに、慣行栽培に比べて約25%増加したことから、生産物当たりの生産コストを大幅に低減する手段として有効であった。
葉根菜類の省力生産技術体系の開発に関しては、a)生育不安定要因である雑草の除草剤感受性を明らかにし、除草剤と機械除草の組み合わせによって相互の効果を補完できた。一方、タマネギ新規導入畑で問題となる病害は認められなかった。b)タマネギの直播栽培では、播種条下への過リン酸石灰の局所施用により生育が促進され増収し、移植と同等以上の収量が得られることを、圃場試験でも確認できた。また、堆肥施用によるリン酸資材の減肥の可能性を示唆した。c)テンサイでは、黒根病等3病害に抵抗性の「北海101号」の現地試験では、直播栽培において抽苔株の発生が認められず、直播栽培による普及に向けて良好な結果を得た。また、高糖分品種「アマホマレ」を農林認定申請することが決定した。
寒地の大規模畑・野菜輪作体系の確立に関しては、十勝管内の慣行作業調査から、収穫準備段階の時期に許容される雑草密度は1,000本/10a弱と推定し、直播タマネギの輪作導入適否を判断する指標の一つになることを示唆した。
研究分担辻 博之
協力分担関係Syngenta社
SESVanderHave社
ホクレン
北糖
日甜
道総研
生研センター
園芸工学
予算区分技会交付金研究 イノベーション創出事業 新たな農林水産政策を推進する実用技術開発事業 委託プロ[気候変動対策プロ] 技会・その他 文科省[科研費] 文科省・JST競争的資金
業績(1)海外系統を利用したテンサイ一代雑種品種の早期育成
(2)大きさの異なるタマネギ球のメタボローム解析
(3)AidC, a novel N-acylhomoserine lactonase from the potato root-associated CFB group bacteria, Chryseobacterium sp. StRB126
(4)淡色黒ボク土におけるリン酸局所施用が直播タマネギの生育・収量に及ぼす影響
(5)第6回食用ネギ類国際シンポジウムの概況について
(6)Diversity and distribution of N-acylhomoserine lactone (AHL)-degrading and AHL-degrading gene (aiiM) in genus Microbacterium
(7)テンサイ新品種「北海101号」の特性
(8)Key aromatic residues at subsites + 2 and + 3 of glycoside hydrolase family 31 α-glucosidase contribute to recognition of long-chain substrates
(9)根中糖分が高く、製糖品質が優れるてんさい新品種「アマホマレ」
(10)てんさいの高度褐斑病抵抗性に関与するQTLsの同定
(11)高温・多湿な条件にでも安定栽培が可能なテンサイ「北海101号」
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030203324
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat