暖地における周年放牧を活用した高付加価値牛肉生産・評価技術の開発

暖地における周年放牧を活用した高付加価値牛肉生産・評価技術の開発

課題番号2012020356
研究機関名農業・食品産業技術総合研究機構
研究期間2011-2015
年度2012
研究問題(2) 自給飼料基盤の拡大・強化による飼料生産性向上と効率的利用技術の開発
大課題地域条件を活かした多様な自給飼料多給型家畜生産及び高付加価値畜産物生産技術の開発
中課題暖地における周年放牧を活用した高付加価値牛肉生産・評価技術の開発
大項目食料安定供給のための研究開発
中項目(2) 自給飼料基盤の拡大・強化による飼料生産性向上と効率的利用技術の開発
摘要水田・耕作放棄地を活用した放牧肥育に関しては、a)暖地での周年放牧体系の最適草地管理技術の確立に向けて、夏季永年牧草(バヒアグラス)の上に冬季1年生牧草(イタリアンライグラス)を播種し利用する際には、晩生品種を用いることが有効であることを明らかにした。これにより年間収量が増加し、高栄養なイタリアンライグラスの割合が増えるとともに春雑草の侵入も抑え、その後のバヒアグラス収量にも影響を与えないことを明らかにした。b)暖地においてイタリアンライグラスと組み合わせる永続性のある夏季牧草バヒアグラスについて、従来品種「ペンサコラ」に対して、「ナンオウ」は初期生育が劣るものの6月下旬以降の再生及び嗜好性が良く、気温が高くなる6月中旬以降に放牧牛による牧草の利用性が高まることを示した。c)暖地においてイタリアンライグラス草地の冬季放牧利用を導入した繁殖経営の周年放牧利用体系を提示し、放牧形態別の年間飼料給与量等の推計により、同体系の放牧期間延長等による飼料の購入費削減及び自給率向上効果を明らかにした。
研究分担山田明央
協力分担関係熊本県球磨地域振興局
予算区分技会交付金研究 委託プロ[国産飼料プロ] その他
業績(1)播種法の違いが無出穂条件における夏季放牧草としてのBrachiaria brizantha cv. MG5の生育に及ぼす影響
(2)草地肥育により生産された褐毛和種去勢雄牛の産肉性と肉質に関する調査
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030203343
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat