繁殖性及び生涯生産性等に対する効率的な家畜育種技術の開発

繁殖性及び生涯生産性等に対する効率的な家畜育種技術の開発

課題番号2012020358
研究機関名農業・食品産業技術総合研究機構
研究期間2011-2015
年度2012
研究問題(3) 家畜の代謝特性に基づく飼養管理及び家畜の安定供給のための育種・繁殖技術の開発
大課題繁殖性及び生涯生産性等に対する効率的な家畜育種技術の開発
中課題繁殖性及び生涯生産性等に対する効率的な家畜育種技術の開発
大項目食料安定供給のための研究開発
中項目(3) 家畜の代謝特性に基づく飼養管理及び家畜の安定供給のための育種・繁殖技術の開発
摘要家畜の生涯生産性を向上させる遺伝的能力の評価基準に関しては、a)乳量の標準泌乳曲線作成のため、遺伝的能力発現に影響を与える環境要因の分類について、地域及び産次をそれぞれ4区に分け、乳期の効果を考慮するための泌乳曲線は、5次及び6次のLegendre多項式とWilminkの式を組み合わせたモデルが適切であることを明らかにした。b)在群性、乳量及び乳中体細胞スコア(SCS)の遺伝率は、それぞれ0.03〜0.11、0.12〜0.39及び0.10〜0.14と推定した。また、乳量が多いと在群性も高い傾向にあること、SCSが高いと在群性が低い傾向にあることを明らかにした。c)豚大ヨークシャー種を用いた産子数のデータ解析において、農家記録数による分類、地域×季節による分類のいずれにおいても、遺伝的パラメータの推定値に違いは見られず、また、産次間の推定遺伝率にも大きな違いはなかったため、本品種では全ての産次を同時に解析する反復モデルが有効であることを明らかにした。
鶏の経済形質の改良に有用な遺伝情報の探索と遺伝子改変技術の確立に関しては、a)コレシストキニンA受容体遺伝子(CCKAR)と発育形質との関連性について、宮崎県の地頭鶏及び九州ロードにおいて有用アリル(対立遺伝子)の増体効果を確認した。また、CCKAR遺伝子情報の生産現場での実証試験において、大型会津地鶏とロード種の有用アリルの保有率はともに約3割であり、この頻度を高めることにより、発育形質が改良できることを明らかにした。b)食味性について、アラキドン酸をブロイラーへ給与すると、鶏肉のアラキドン酸含量が増加し、食味性を改善できることを明らかにした。アラキドン酸代謝に関連するデルタ6デサチュラーゼ(D6D)遺伝子を食味性の候補遺伝子とし、鶏肉の脂肪酸組成との関連性を調査した。その結果、ブロイラー集団ではGG型のアラキドン酸とドコサヘキサエン酸がAA型より多く、比内地鶏ではAG型のアラキドン酸はAA型よりも有意に多いことがわかった。c)家きんにおける導入遺伝子の安定的な発現のために、遺伝子の前後に特殊な配列を挿入したベクターを開発した。また、ニワトリ始原生殖細胞の長期培養について、雄の始原生殖細胞を培養開始20日目に100倍以上に増殖させる培養条件を明らかにした。
ミツバチの蜂群の維持に重要な抗病性付与技術に関しては、a)ニホンミツバチ由来の腸内細菌からヨーロッパ腐蛆病菌の増殖抑制効果を示す菌株として、BHI培地から1菌株を、MRS培地から20菌株を単離した。WC培地から得られた菌株は、抗ヨーロッパ腐蛆菌活性が見られたが、有意な抑制効果は見られなかった。b)栄養改善効果の可能性がある既存の10種類の飼料添加物を調べた結果、蜂児域面積はどの群も始めの3週間増加し、その後減少した。しかし、対照区と比較して差が認められず、飼料添加物給与の顕著な効果は確認できなかった。
研究分担佐藤正寛
協力分担関係(独)家畜改良センター
家畜改良事業団
日本ホルスタイン登録協会
北海道酪農検定検査協会
北海道ホルスタイン農業協同組合
秋田県農林水産技術センター畜産試験場
福島県農業総合センター畜産研究所
帯広畜産大学
信州大学農学部
名古屋大学
予算区分技会交付金研究 イノベーション創出事業 新たな農林水産政策を推進する実用技術開発事業 委託プロ[家畜ゲノム] 技会・その他 文科省[科研費] 文科省・その他 その他
業績(1)Selection for testis size and correlated responses of female reproductive traits in golden hamsters
(2)日本短角種の枝肉皮下脂肪中の脂肪酸組成にSCD,FASN,SREBP-1およびGHの各遺伝子多型が及ぼす影響
(3)Characterization of bifidobacteria in the digestive tract of the Japanese honeybee, Apis cerana japonica
(4)豚系統造成において近親交配の回避が選抜反応および近交度に及ぼす影響
(5)ホルスタイン種牛群における管理指標としての標準乳量算出モデルの検討
(6)Evaluation of genetic diversity and conservation priorities for Egyptian chickens
(7)Effect of arachidonic acid-enriched oil diet supplementation on the taste of broiler meat
(8)Inhibition of Paenibacillus larvae by lactic acid bacteria isolated from fermented materials
(9)豚の一日平均増体重および背脂肪厚における遺伝と性の交互作用
(10)Analysis of egg white lysozyme polymorphisms among Japanese quail populations in Japan and France
(11)Isolation and characterization of bacteria from the midgut of Asiatic honey bee (Apis cerana indica)
(12)Comparison of production systems for efficient use of indigenous pig breeds in developing countries
(13)Nucleotude sequence, SNPs, and Haplotype analysis for goat Melatonin receptor 1A (MTNR1A) gene
(14)In vitro antiproliferative/cytotoxic activity on cancer cell lines of a cardanol and a cardol enriched from Thai Apis mellifera propolis
(15)Chemical constituents and free radical scavenging activity of corn pollen collected from Apis mellifera hives compared to floral corn pollen at Nan, Thailand
(16)Expression of a secretory a-glucosidase II from Apis cerana indica in Pichia pastoris and its characterization
(17)Molecular detection of protozoan parasites infecting Apis mellifera colonies in Japan
(18)Characterization of some enzymatic properties of recombinant a-glucosidase III from the Thai honeybee, Apis cerana indica Fabricus
(19)X-iirradiation removes endogenous primordial germ cells(PGCs) and increases germline transmission of donor PGCs in chimeric chickens
(20)Molecular evolution of mariner-like elements in the genus Drosophila: the obscura species group.
(21)Effect of a single-nucleotide polymorphism in the cholecystokinin type A receptor gene on growth traits in the Hinai-dori chicken breed
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030203345
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat