第一胃内発酵制御因子の解明と栄養制御による産肉特性改善

第一胃内発酵制御因子の解明と栄養制御による産肉特性改善

課題番号2012020362
研究機関名農業・食品産業技術総合研究機構
研究期間2011-2015
年度2012
研究問題(3) 家畜の代謝特性に基づく飼養管理及び家畜の安定供給のための育種・繁殖技術の開発
大課題第一胃内発酵制御因子の解明と栄養制御による産肉特性改善
中課題第一胃内発酵制御因子の解明と栄養制御による産肉特性改善
大項目食料安定供給のための研究開発
中項目(3) 家畜の代謝特性に基づく飼養管理及び家畜の安定供給のための育種・繁殖技術の開発
摘要家畜の初期成長期の栄養制御に関しては、a)子豚哺乳期間中のエネルギーとタンパク質の給与制限(1/2量)により、胸最長筋のSREBP1とPPARδのmRNA発現量は低くなり、給与制限により胸最長筋における脂肪酸の合成と消費の両方が低くなる可能性を示した。b)肉用鶏と産卵鶏のタンパク質分解を促進する遺伝子アトロジン1発現量と筋胃の大きさの関係について、体重あたりの筋胃の重量は産卵鶏のほうが高く、アトロジン1発現量は産卵鶏の方が低いことがわかった。肉用鶏は日齢にともなって体重あたり筋胃重量は低くなり、筋胃のアトロジン1発現量は高くなることを明らかにした。c)26日齢のブタから採取した各組織の塩基性アミノ酸トランスポーターCat-1の発現量は、筋肉と比較して胃、十二指腸、回腸で高く、結腸と肝臓では低いことがわかった。同Cat-2の発現量は、筋肉と比較して消化管の各組織で低く、胃と十二指腸では検出できなかった。各組織における塩基性アミノ酸の要求量によって発現トランスポーター選択メカニズムがある可能性を示した。d)ブタの胸最長筋の筋線維構成は、1日齢では検出できなかったミオシン重鎖2bx型の筋線維が、12日齢では全体の69%を占め、70日齢では85%に達し、出生後の2週間程度で大きく変化することを明らかにした。さらに、妊娠25〜50日目の雌豚へのアルギニンとグリシン強化飼料の増給(1.5倍量)により、1日齢の産子の胸最長筋におけるMHC2a型と2x型のmRNA発現量が高くなることを明らかにした。e)ブタ用の飼料で不足しやすい必須アミノ酸濃度を要求量よりも30%低くした飼料を10週齢のブタに8週間給与すると、リジン濃度が低い飼料では胸最長筋と菱形筋の筋肉内脂肪含量が高くなったが、トレオニン濃度が低い飼料では両筋肉とも筋肉内脂肪含量は変化しないことを明らかにした。
ルーメン発酵の制限因子の解明に関しては、a)ルーメン液を用いたin vitro系に、β-ラクタム環分解酵素阻害剤タゾバクタムを添加すると、乾物消化率が低くなり、おもな繊維分解菌Fibrobacter succinogenesの数が少なくなるが、Ruminococcus属や未同定のLachnospira属細菌が増えたことから、第一胃内細菌が自ら合成している抗菌物質分解酵素が、第一胃内での繊維分解活性の調節に重要であることを示した。b)ルーメン内容物から寒天変法基礎培地(A-MBM培地)で分離した菌株のうち5%程度が強いセルロース分解性を有したが、ゲルライト変法基礎培地(G-MBM培地)で分離した菌株には強いセルロース分解性は認められなかった。また、カルボキシルセルロース分解性菌株の分離には、G-MBM培地が適することを明らかにした。
研究分担勝俣昌也
予算区分技会交付金研究 イノベーション創出事業 委託プロ[国産飼料プロ] 委託プロ[気候変動対策プロ] 技会・その他 文科省[科研費]
業績(1)Nitrogen balance during compensatory growth when changing the levels of dietary lysine from deficiency to sufficiency in growing pigs
(2)カシューナッツ殻液給与牛のメタン低減とリンクするルーメン内真正細菌群および古細菌群の特定と定量
(3)Dose-dependent response of intramuscular fat accumulation in longissimus dorsi muscle of finishing pigs to dietary lysine levels
(4)Effect of media composition, including gelling agents, on isolation of previously uncultured rumen bacteria.
(5)エンドトキシンを介したルーメン微生物と家畜との関わり
(6)Effects of dietary low level of threonine and lysine on the accumulation of intramuscular fat in porcine muscle
(7)培地固化物質ゲランガムのルーメン細菌分離用培地への応用
(8)Agricultural by-products as modulators of rumen microbiota.
(9)Methane reduction and energy partitioning in goats fed two concentrations of tannin from Mimosa spp.
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030203349
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat