高生産性と低環境負荷を両立させる施設野菜生産技術の体系化

高生産性と低環境負荷を両立させる施設野菜生産技術の体系化

課題番号2012020364
研究機関名農業・食品産業技術総合研究機構
研究期間2011-2015
年度2012
研究問題①日本型の高収益施設園芸生産システムの構築
大課題高生産性と低環境負荷を両立させる施設野菜生産技術の体系化
中課題高生産性と低環境負荷を両立させる施設野菜生産技術の体系化
大項目食料安定供給のための研究開発
中項目(4) 園芸作物の高収益安定生産システムの開発
摘要環境制御・生育制御技術の統合・高度化に関しては、a)太陽熱利用による温室内の低炭素型暖房方法を検討し、トマトNFT(薄膜水耕)養液栽培において、多収環境(CO2施用及び細霧冷房)で管理することにより、16品種の平均で収量が慣行管理に比べて40%向上を達成した。また、夏季に問題となるトマト裂果発生について、果梗捻枝による抑制効果を明らかにした。b)キュウリの多収要因は日本型品種では単位葉面積当たりの乾物生産能力が高いことによる影響が大きいことを明らかにした。
自動作業システムの開発、総合情報利用システムの構築に関しては、a)自動着果処理装置の個体識別によるホルモン剤の重複散布防止機能はほぼ問題は無く、着果率も手作業と同等であった。b)自動収穫装置及び収容装置による協調動作では、収穫装置1台に対して収容装置2台を利用することにより、収穫物の効率的な搬出動作を可能にした。また、コンテナ搬送装置の実用性を評価し、慣行の手作業台車利用よりも振動が小さく、果実の損傷も見られないことから、実用性は高いと判断した。
太陽光利用型植物工場に関しては、a)作業環境と作物へのストレス軽減を目標とし、ヒートポンプの運転方法を明らかにするとともに、遮光カーテンのUECS(ウエックス:ユビキタス環境制御システム)仕様の動作プログラムを検討し、強光を回避するなど、良好に作動することを確認した。b)関連企業とのコンソーシアムにより、CO2の利用効率を向上させ収量を増加させるため、半閉鎖型管理を実現する必要があり、これを湿度制御により可能とした。また、養液栽培に適するトマト品種の選定試験を実施し、有望な品種の選抜及び特性を明らかにした。c)植物工場におけるキュウリ短期栽培(年3作)においては、周年で40.2t/10a(慣行養液栽培の約1.6倍)を実証した。
研究分担中野明正
岩粼泰永
協力分担関係有光工業株式会社
イオンアグリ創造株式会社
大塚アグリテクノ株式会社
カネコ種苗株式会社
株式会社サンホープ
タキイ種苗株式会社
岐阜農技セ
静岡農技研
東北大
三重大
予算区分技会交付金研究 イノベーション創出事業 新たな農林水産政策を推進する実用技術開発事業 委託プロ[アシストプロ] 委託プロ[気候変動対策プロ] 食料生産地域再生のための先端技術展開事業 文科省[科研費] その他他省庁経費
業績(1)Development of an automatic fruit-set-reagent spraying robot for tomato plants to promote uniform fruit ripening.
(2)収量構成要素の解析からみたキュウリ短期栽培の摘心およびつる下ろし整枝法の差異
(3)異なるタイプのトマト施設生産における残渣発生量および残渣処理条件の検討
(4)Yield of Japanese tomato cultivars has been hampered by a breeding focus on flavor.
(5)養液土耕栽培における窒素肥料の種類がトマトの収量、土壌蓄積リン酸の吸収および根系発達に及ぼす影響
(6)トマト果梗における物理的処理後の組織形態の変化

(7)トマト果実着色不良の発生要因と対策方法に関する研究
(8)トマトの滴果に伴う茎からの不定根発生とデンプン蓄積の品種差異
(9)Detection of Falsely Labeled Taro In Japan by Elemental Analysis:Improvement of Discrimination Ability Using a Sampling Plan
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030203351
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat