日光温室等の活用による温暖地における高収益・安定生産施設園芸技術の開発

日光温室等の活用による温暖地における高収益・安定生産施設園芸技術の開発

課題番号2012020366
研究機関名農業・食品産業技術総合研究機構
研究期間2011-2015
年度2012
研究問題①日本型の高収益施設園芸生産システムの構築
大課題日光温室等の活用による温暖地における高収益・安定生産施設園芸技術の開発
中課題日光温室等の活用による温暖地における高収益・安定生産施設園芸技術の開発
大項目食料安定供給のための研究開発
中項目(4) 園芸作物の高収益安定生産システムの開発
摘要省資源パイプハウスの開発に関しては、a)慣行パイプハウスの耐風強度が20m/sであるのに対して、開発したダブルアーチ化補強技術により35〜50m/sに耐風強度を高められることを明らかにした。b)開発した布団断熱・ダブルアーチ補強パイプハウス(日本型日光温室)において、断熱性の高い布団資材と水蓄熱を併用することで暖房燃料使用量の70%削減を達成した。既存ハウスに布団資材とダブルアーチ化を適用できることを実証するとともに経営的な得失を明らかにした。
中山間地域等における施設生産技術に関しては、a)夏秋トマトの低段密植栽培技術については、換気性に優れた高軒高の建設足場資材利用園芸ハウス、日射量対応型自動灌水装置及び隔離床栽培を導入し、2作で15t/10a水準の収量を安定的に得ることができ、所得は慣行の約2倍となることを明らかにした。b)標高740mの愛媛県久万高原町現地ハウスにおいて、内径13mmの塩ビ管をトマト苗ポットの両脇に接するように設置し、管内に約16℃の渓流水を日中かけ流して根域冷却を行うことで、苗の生育を促進し、結果として収穫段数・可販果数が増加することにより、可販果収量の24%増加を達成した。また、低コスト細霧冷房システムに関しては、3か年の現地実証で可販果収量の10%以上増加が安定して得られることを明らかにした。
研究分担長粼裕司
協力分担関係香川農試
(株)佐藤産業
高知大学
香川農試
徳島農研
広島総研農技セ
愛媛農水研
山口農林総セン
鳥取大
予算区分技会交付金研究 新たな農林水産政策を推進する実用技術開発事業 新たな農林水産政策を推進する実用技術開発事業 委託プロ[アシストプロ] 委託プロ[気候変動対策プロ] 技会・その他
業績(1)Effects of Different Application Methods of Controlled-Release Fertilizers on Capillary Wick Culture of Tomato
(2)夏季高温期におけるトマトのポット育苗において根域冷却の時間帯が生育および収量に及ぼす影響
(3)日射量対応型極微量灌水装置に対応した排液量参照制御装置の開発
(4)愛媛県中山間地域における夏季のトマトポット育苗において渓流水を活用した低コスト根域冷却技術の開発
(5)高断熱資材で保温性を高め、ダブルアーチで構造強化したパイプハウス
(6)Effect of Controlled Release Fertilizers versus Liquid Fertilizers on Fruit Yield and Nutrient Dynamics in Forcing Tomato Culture with Root-proof Capillary Wick Irrigation
(7)Computational Fluid Dynamics Simulation of Herbivore-Induced Plant Volatiles around Greenhouses
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030203353
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat