有機農業の成立条件の科学的解明と栽培技術の体系化

有機農業の成立条件の科学的解明と栽培技術の体系化

課題番号2012020392
研究機関名農業・食品産業技術総合研究機構
研究期間2011-2015
年度2012
研究問題③環境保全型農業及び有機農業の生産システムの確立
大課題有機農業の成立条件の科学的解明と栽培技術の体系化
中課題有機農業の成立条件の科学的解明と栽培技術の体系化
大項目食料安定供給のための研究開発
中項目(5) 地域特性に応じた環境保全型農業生産システムの確立
摘要水田作、畑作における有機輪作モデル体系の構築に関しては、a)米ぬか施用によるコナギ抑草効果は、土壌条件や施用量によって変動するが、水稲の作期が遅いほど安定し、土壌溶液の電気伝導度(EC値)と高い相関があることを明らかにした。b)移植時の米ぬか散布(50〜60kg/10a)は、水管理が適切であれば機械除草等との組み合わせにより雑草を効果的に抑制することを示した。有機水稲モデル体系を基本とした現地実証試験では、欠株率がやや高かったものの、技術導入区で慣行区と同等の玄米収量を達成した。生産コストも慣行栽培(都府県15ha規模)と同等程度と判断した。c)エンバク野生種栽培によるネグサレセンチュウ密度低下率は慣行農家圃場で70〜97%と高く、有機農家圃場では変動が大きいことを示した。d)レタス有機栽培でトンネル被覆にUVカットPOフィルムを用いると、通常のPOフィルムを用いた場合と比べて菌核病の被害が軽減され、レタスの生育、結球重及び品質の低下は認められないことを明らかにした。また、太陽熱処理技術による雑草抑制効果を確認した。e)有機質肥料(コーンスティープリカー:CSL)を用いたレタスセル育苗において、もみ殻くん炭で培土表面を覆土することにより、苗の生育が乾物重で1.5倍程度促進することを示した。この効果は、くん炭覆土により育苗培土中の硝酸態窒素が増加することに起因しており、CSL以外の有機質液肥施用下でも認められることを明らかにした。
有機農業の生産技術体系の構築に関しては、a)岩手県一関市現地圃場において、改良籾殻灰(籾殻灰に消石灰等を添加し粒状化したもので、アルカリ化によりケイ酸溶出の促進効果あり)の追肥施用により割れ籾の発生が減少し、カメムシ類による斑点米被害が3〜6割抑制されることを確認した。穂いもちも3割程度抑制される傾向にあった。b)南九州地域の有機畑輪作体系(根菜類−サツマイモ畦連続栽培)における肥培管理技術と緑肥間作技術については、ダイコン栽培前に焼酎廃液濃縮液を年1回施用するのみでダイコン、サツマイモとも3年間慣行栽培と同等の生産性を維持でき、本体系の有効性を示した。特に、濃縮液由来のカリはダイコン作後も残存し、サツマイモの塊根肥大に寄与していると考えられた。その他の土壌理化学性は1年単位でみると大きな変動はないが、経年的にはpH、可給態リン酸、交換性石灰及び苦土が低下する傾向にあることを示した。また、畦間部分へのエンバク間作のセンチュウに対する抑制効果は認められなかった。なお、これまでの成果をとりまとめ、暫定的な栽培マニュアルを平成25年3月に公表した。
有機農業の持続性評価手法の開発については、水稲作・畑作・野菜作に関するデータを収集し、農業生産プロセスや関連する資材生産プロセス等のモジュールを作成してSimaPro 7.3上の農業LCIデータベース(JALCAデータベース)に組み入れた。JALCAデータベースに基づく計算結果と産業連関表から得られる温室効果ガス排出係数を用いる簡便法の計算結果を比較し、後者では、温室効果ガス排出量が過剰に推計され、バラツキも大きくなる傾向にあることを示した。
このほか、有機野菜栽培マニュアルとして「有機栽培を目的としたジャガイモ病害対策の手引き」をとりまとめた。
研究分担三浦重典
中山壮一
協力分担関係カネコ種苗
雪印種苗
東京農工大
青森産技セ
弘前大
愛媛農水研
茨城農研
株)出光興産
農環研
岩手県農研セ
予算区分技会交付金研究 委託プロ[気候変動対策プロ] 食料生産地域再生のための先端技術展開事業 文科省[科研費]
業績(1)Practical recommendations for supporting agricultural decisions through life cycle assessment based on two alternative views of crop production: the example of organic conversion
(2)Variability in environmental impacts during conversion from conventional to organic farming: a comparison among three rice production systems in Japan
(3)Pyrosequence read length of 16S rRNA gene affects phylogenetic assignment of plant-associated bacteria
(4)Quantitative evaluation of hot water extractable organic matter of organic farm soils in Japan by measurement of chemical oxygen demand with inexpensive chemicals and equipment
(5)有機転換直後の春どりレタス栽培における菌核病の発生と紫外線除去フィルム被覆による防除
(6)Cradle to gate life cycle inventory and impact assessment of glyphosate
(7)Rhizoctonia solani AG-4 HG-Iによるニンジン苗立枯病(病原追加)
(8)有機栽培に使用できるケイ酸資材のイネいもち病防除効果
(9)コーンスティープリカーを用いたセル育苗における籾殻くん炭覆土による培地中硝酸態窒素の増加
(10)Significance of litter layer in enhancing mesofaunal abundance and microbial biomass nitrogen in sweet corn-white clover living mulch system
(11) Suppressive effect of rice bran incorporation in paddy soil on germination of Monochoria vaginalis and its relationship with electric conductivity
(12)Progress in working towards a more sustainable agri-food industry
(13)Influence of scenario uncertainty in agricultural inputs on LCA results for agricultural production systems
(14)センチピードグラスの畦畔における結実状況および結実種子の休眠・発芽特性
(15)センチピードグラスの出穂に及ぼす日長の影響
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030203379
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat