プリオンの異常化機構の解明とBSE等のプリオン病の清浄化技術の開発

プリオンの異常化機構の解明とBSE等のプリオン病の清浄化技術の開発

課題番号2012020401
研究機関名農業・食品産業技術総合研究機構
研究期間2011-2015
年度2012
研究問題(7) 家畜重要疾病、人獣共通感染症等の防除のための技術の開発
大課題新興・再興感染症の防除技術の開発
中課題プリオンの異常化機構の解明とBSE等のプリオン病の清浄化技術の開発
大項目食料安定供給のための研究開発
中項目(7) 家畜重要疾病、人獣共通感染症等の防除のための技術の開発
摘要プリオン病研究に関しては、a)牛海綿状脳症(BSE)実験的経口感染牛におけるプリオンの動態を明らかにし、骨格筋の筋紡錘に異常プリオンタンパク質が蓄積することを明らかにした。子牛を用いたループ試験ではPrPSc(神経変性を惹起するミスフォールド型のプリオンタンパク質)が微量なことから、消化管からの取り込みを精査できなかった。b)BSE経口感染牛の唾液から世界で初めて、蛋白質異常折りたたみ増幅反応(Protein Misfolding Cyclic Amplification、PMCA)法を用いて異常プリオンタンパク質を検出し、BSEの発症前診断法の可能性を示した。c)我が国では発生が認められていない非定型スクレイピーの羊型遺伝子改変マウスへの伝達に成功し、診断法のための陽性検体を得ることができた。d)牛型遺伝子改変マウスを用いて量的効果を応用してBSEのバイオアッセイを高感度化した。e)シカ型遺伝子改変マウスは脳内接種及び腹腔内接種で慢性消耗病(CWD)プリオンに感受性を示すことを明らかにした。f)スクレイピー羊の実験感染試料及び野外発生材料を用いてPMCA法による異常プリオンタンパク質の超高感度検出法を確立した。g)非定型BSE感染サル由来のプリオンのPMCA法での増幅を可能とし、連続PMCA法の条件の確立の足掛かりを作った。h)BSEの感染性が600℃以上の灰化処理で不活化されることを明らかにした。また、肉骨粉の製造工程を模したイエローグリス加熱処理では、BSEの不活化には180℃・3時間を必要とすることを明らかにした。i)BSEに対する宿主の感受性及び抵抗性の違いは、プリオンタンパク質の内部構造のうちα1-α2及びα2-L4の安定性が影響することをフラグメント分子軌道(FMO)法により明らかにした。j)ブリリアントブルーG(BBG)という色素が異常プリオンタンパク質の蓄積阻害作用を有することを明らかにした。
研究分担横山隆
協力分担関係アドバンスソフト(株)
北海道立畜産試験場
農業生物資源研究所
医薬基盤研究所
霊長類医科学研究センター
国立感染症研究所
東北大学
九州大学
東北大学
九州大学
予算区分技会交付金研究 委託プロ[鳥インフル・BSE・口蹄疫プロ] 文科省[科研費] 厚労省競争的資金
業績(1)Anti-prion activity of Brilliant Blue G.
(2)Quantitative analysis of wet-heat inactivation in bovine spongiform encephalopathy
(3)Prion detected in saliva of bovine spongiform encephalopathy-infected cattle.
(4)Ultrasensitive detection of scrapie prion protein derived from ARQ and AHQ homozygote sheep by interspecies in vitro amplification
(5)Establishment of a cell line persistently infected with chronic wasting disease prions.
(6)Immunohistochemical detection of disease-associated prion protein in the peripheral nervous system in experimental H-type bovine spongiform encephalopathy
(7)Comparison of the local structural stabilities of mammalian prion protein (PrP) by fragment molecular orbital calculations.
(8)All major prion types recognised by a multiplex immunofluorometric assay for disease screening and confirmation in sheep.
(9)The N-Terminal Sequence of Prion Protein Consists an Epitope Specific to the Abnormal Isoform of Prion Protein (PrPSc).
(10)Distribution of abnormal prion protein in a sheep affected with L-type bovine spongiform encephalopathy
(11)Retrospective analysis of sheep scrapie by western blotting with formalin-fixed paraffin-embedded (FFPE) tissues.
(12)A rapid bioassay for classical and L-type bovine spongiform encephalopathies
(13)Cytochalasin D enhances the accumulation of a protease-resistant form of prion protein in ScN2a cells: involvement of PI3 kinase/Akt signalling pathway.
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030203388
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat