信頼性確保のための原材料・生産履歴判別等の技術開発と標準化

信頼性確保のための原材料・生産履歴判別等の技術開発と標準化

課題番号2012020412
研究機関名農業・食品産業技術総合研究機構
研究期間2011-2015
年度2012
研究問題(8) 食品の安全性向上及び消費者の信頼確保のための技術の開発
大課題信頼性確保のための原材料・生産履歴判別等の技術開発と標準化
中課題信頼性確保のための原材料・生産履歴判別等の技術開発と標準化
大項目食料安定供給のための研究開発
中項目(8) 食品の安全性向上及び消費者の信頼確保のための技術の開発
摘要米の品種識別法に関しては、平成23年度に開発したLAMP法を用いたコシヒカリの簡易迅速判別法の改良を進め、従来不安定であった5%以下の混入試料及び炊飯米の分析を可能にした。改良した手法に基づき、1時間以内にコシヒカリか否か判別できる手法を開発した。他の主要品種についても、マーカーの検討を進めている。
農産物・食品の産地等を高精度で判別する技術に関しては、a)蛍光指紋による農産物の産地判別では、国産と台湾産のマンゴーに関して、平成22年と平成23年の年次変動の影響を考慮しても誤判別率10%以下となる判別モデルを作成した。b)軽元素同位体比分析及び微量元素組成分析法による産地判別について、湯通し塩蔵ワカメについて、窒素同位体比を用いて鳴門産を三陸・中国・韓国産と区別できる可能性を示した。また、微量元素組成分の違いで中国産を判別できる可能性を見出した。c)これまでに構築した試験室間共同試験のデータベースに食品表示等に関するデータを60件追加した。その収録情報を利用して明らかにしたELISA法の分析性能についてウェブサイトでの情報公開準備を進めている。産業技術総合研究所と共催で玄米中無機元素分析の技能試験を実施し、分析値の精度管理に役立てられるよう、試験参加者に結果を通知した。
低レベル放射線照射履歴の検知技術の開発に関しては、a)殺菌目的の最低線量(貝は1 kGy、乾燥果実は4 kGy程度)照射でCEN標準分析法が定める骨及び糖ラジカル検知用ESRパラメータが適用可能であるが、骨ラジカルの測定パラメータではエビ殻に照射誘導ラジカルは検出できず、カニの殻に対してはパラメータの修正が必要なことを明らかにした。b)ダイズ、ナツメグ、カシューナッツのいずれも非照射試料では2-アルキルシクロブタノン類(2-ACBs)は検出されず、一方、照射により1.1〜3.8 nmol/mmol前駆体脂肪酸/kGyの2-ACBsの生成を確認し、2-ACBsの照射履歴マーカーとしての有効性を検証した。
GM農産物における新規系統の検知技術の開発に関しては、a)平成23年度開発したGMトウモロコシ2系統の定量検知法について、試験室間共同試験を実施し妥当性を確認した。b)未承認GM系統の塩基配列を解析する方法として、GMダイズ及びトウモロコシの擬似混入試料を用いて、Ligation mediated suppression PCR(LMS-PCR)法の検討を行い、0.1%の混入まで塩基配列を解析できることを明らかにした。c)グループテスティング法を多様な作物種に適用するため、様々な農産物試料から直接リアルタイムPCR分析を可能とする方法を開発した。
分析値の保証に資する標準物質等の開発に関しては、a)GMトウモロコシ及びダイズの認証標準物質については、合計10セットを頒布した。b)一分子標準物質開発においては、DNA溶液を限界希釈して分注した後、リアルタイムPCRで標的DNAが1分子含まれる溶液を選抜する「限界希釈法」を確立し、その製造方法に関して特許出願を行った。また、「細胞法」及び「ナノポアによる核酸分離法」による一分子標準物質作製についても検討を進めた。
一般消費者の食品安全情報理解に関しては、残留農薬量に関する情報を、文章、グラフ、イラストの3種類の表示法で提示し、理解度の違いを調査し、文章や研究者向けの説明に用いられるグラフよりも、イラストによる表示が残留農薬量の適切な理解を促進させることを明らかにした。
研究分担吉田充
協力分担関係国立医薬品食品研究所
農林水産消費安全技術センター
農業生物資源研究所
森林総合研究所
株式会社ファスマック
株式会社ニッポンジーン
株式会社島津製作所
産総研計量標準総合センター
日本原子力研究開発機構
日立エンジニアリング・アンド・サービス
予算区分技会交付金研究 委託プロ[新農業展開ゲノムプロ] 食料生産地域再生のための先端技術展開事業 内閣府競争的資金 文科省[科研費] 文科省・JST競争的資金 厚労省競争的資金 厚労省・その他 その他
業績(1)Development and validation of event-specific quantitative PCR method for genetically modified maize LY038
(2)Pulse-ESRとCW-ESRによる照射黒コショウ中のラジカルの緩和時間解析
(3)Identification of 2-Alkylcyclobutanones in cashew nut (Anacardium occidentale)
(4)米粉パン中の米粉割合推定のための競合的PCR法の利用
(5)An ESR study of radiation induced radicals in glucose polymers
(6)蛍光指紋計測によるマンゴーの産地判別
(7)Electron-spin relaxation phenomena in irradiated saccharides detected by pulsed electron paramagnetic resonance spectroscopy
(8)Interlaboratory study of LC-UV and LC-MS methods for the simultaneous determination of deoxynivalenol and nivalenol in wheat
(9)Effects of lanthanoid cations on the first electronic transition of liquid water studied using attenuated total reflection far-ultraviolet spectroscopy: ligand field splitting of lanthanoid hydrates in aqueous solutions
(10)炭素・窒素・酸素安定同位体比分析による湯通し塩蔵ワカメの産地判別の可能性
(11)食品害虫サイトの長期間アクセス解析
(12)非日常時における消費者の食品調達行動 : 東日本大震災後の首都圏消費者を対象として
(13)Development of a time-resolved attenuated total reflectance spectrometer in far-ultraviolet region
(14)Molecular mechanisms of apoptosis induction by 2-dodecylcyclobutanone, a radiolytic product of palmitic acid, in human lymphoma U937 cells
(15)Effect of γ irradiation on the fatty acid composition of soybean and soybean oil
(16)山ノ内町におけるツキノワグマ人身事故の検証
(17)東日本大震災関連の出来事に対する消費者の不安の特徴
(18)A DNA extraction and purification method using an ion-exchange resin type kit for the detection of genetically modified papaya products
(19)Comprehensive GMO detection using real-time PCR array: single-laboratory validation
(20)The effect of metal cations on the nature of the first electronic transition of liquid water as studied by attenuated total reflection far-ultraviolet spectroscopy
(21)The influence of reputational concerns on purchase intention of fair-trade foods among young Japanese adults
(22)Quantification and identification of genetically modified maize events in non-identity preserved maize samples in 2009 using an individual kernel detection system
(23)精米粉末中のカドミウム及び必須無機元素の2007年度技能試験結果
(24)塩尻市における牛舎周辺の捕獲ツキノワグマ(Ursus thibetanus)の食性解析
(25)災害時における農産物直売所の機能ー東日本大震災被災地のH市直売所を事例として−
(26)An endogenous reference gene of common and durum wheat for detection of genetically modified wheat
(27)Dish influences implicit gender-based food stereotypes among young Japanese adults
(28)液体・固体用遠紫外分光法の開発とその分析化学への応用
(29)Identification of 2-alkylcyclobutanones in nutmeg (Myristica fragrans)
(30)Development of methods to distinguish between durum/common wheat and common wheat in blended flour using PCR
(31)Characterization of Japanese polished rice by stable hydrogen isotope analysis of total fatty acids for tracing regional origin
(32)単一特徴への注意が変化検出に与える効果
(33)元素分析計-同位体比質量分析計による有機物試料の炭素・窒素・酸素安定同位体比分析の試験所間比較
(34)Development and interlaboratory validation of quantitative polymerase chain reaction method for screening analysis of genetically modified soybeans
(35)Development and validation of event-specific quantitative PCR method for genetically modified maize MIR604
(36)Application of a qualitative and quantitative real-time polymerase chain reaction method for detecting genetically modified papaya line 55-1 in papaya products
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030203399
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat