消費者ニーズの高度分析手法及び農業と食品産業の連携関係の評価・構築方法の開発

消費者ニーズの高度分析手法及び農業と食品産業の連携関係の評価・構築方法の開発

課題番号2012020437
研究機関名農業・食品産業技術総合研究機構
研究期間2011-2015
年度2012
研究問題(3) 農産物・食品の高度な加工・流通プロセスの開発
大課題消費者ニーズの高度分析手法及び農業と食品産業の連携関係の評価・構築方法の開発
中課題消費者ニーズの高度分析手法及び農業と食品産業の連携関係の評価・構築方法の開発
大項目新需要創出のための研究開発
中項目(3) 農産物・食品の高度な加工・流通プロセスの開発
摘要購買・消費行動データの収集・分析システムの開発に関しては、a)消費者の農産物購入・調理・食事・廃棄行動を関連づけて明らかにするため、消費者モニターがウェブサイトから食品の購入や食事等の食行動を入力することで食行動データを収集し、得られた定量データ及び定性データを解析するための食行動データ収集・分析システムを開発した。b)本システムで生鮮野菜全体の利用実態の分析を試行し、もう1品野菜メニューを作るかどうかが全体としての野菜の購入量に影響していること、また、利用の少ない世帯でも野菜を食事に取り入れるように心がけていることなどから、野菜の消費拡大には、日常的に「朝食にあと一品野菜を添えよう」等の具体的なプロモーションが必要であることが明らかとなった。
農商工連携等にかかる連携関係の分析に関しては、a)農商工連携による製品開発後の事業化初期段階においては事業リスクを引き受ける企業の存在が重要になること、特にバレイショに関しては最低3年先を見据えた契約行動が必要になること、したがって、このような初期段階でのリスク保有に対する財務的な引当として公的な支援、コンソーシアムのようなネットワーク型の取組が有効であることを明らかにした。b)農商工連携ベストプラクティス等に掲載された連携事例に対しアンケート調査を実施し、因子分析、クラスター分析によって、連携事業が成功する要素として、新品種・新技術導入、連携・多角化の高度化、地域への関係事業体の集積を抽出した。
異業種事業者間ネットワークにおける事業リスクに関しては、a)新品種を用いた製品開発場面で分析を行った。新市場開拓を行う高リスク・高利益戦略を実施する事業者は、製品開発ネットワークにおいて中心的な事業者とのつながりが深い一方、OEM供給など受託製造を主とする低リスク・低利益戦略を実施する事業者は、取引関係ネットワークの中で関係を持つ事業者が少ないという特徴があることを明らかにした。b)農商工連携等にかかる連携関係の分析結果等を基に食農連携の促進マニュアルを作成した。全体は3階層であり、大項目に農業者等が取り組むべき重要なポイントとして、仲間づくり、商品づくり、産地づくり、地域づくり、その下に中項目、小項目を配置し、公的研究機関が開発した新品種・新技術導入による高付加価値化、地域活性化に活用できる。
研究分担河野恵伸
協力分担関係和歌山県農業試験場
奈良県農業総合センター
大阪府立環境農林水産総合研究所
明治大
宇都宮大
大阪大学
東京農業大学
国立健康栄養研究所
農林水産政策研究所
予算区分技会交付金研究 農水省・その他 文科省[科研費] その他
業績(1)カット野菜セットに対する消費者意識と商品選択行動―選択型コンジョイント分析の適用―
(2)消費者の食のスタイルからみた新しいネギの商品性−首都圏におけるコンパクトネギの顧客セグメンテーション−
(3)シークヮーサーに対する消費者意識の把握と商品開発の方向
(4)産地と食卓をつなぐ農業技術普及−特徴ある農産物の普及から見えてくる課題−
(5)加熱調理用野菜セットの特徴と市場性
(6)果実に対する意識・態度と実際の消費行動 : 食行動記録を用いた分析
(7)農商工連携,6次産業化の類型的特性把握
(8)カットフルーツ利用の現状と高頻度利用者の特徴
(9)牛肉に対する消費者の嗜好及び意識・行動の地域性−関東圏、関西圏の消費者を対象として−
(10)食料産業クラスターのネットワーク構造分析 −北海道の大豆関連産業を中心に−
(11)ばれいしょ新品種開発に見る広域的ネットワーク組織の機能

(12)大豆における多様な用途別需要と企業の製品戦略
(13)フランスにおける地域競争力政策の展開
(14)個性的な野菜新品種導入における企業の適性−サツマイモ新品種を事例として−
(15)特徴のあるバレイショ新品種と飲食店のマッチングに関する一考察
−飲食店検索サイトを利用した製品テストを事例として−

(16)家計における主食消費の実態と世帯類型別の特徴−家計調査個票データを用いて−
(17)食品産業における一次加工品のニーズと一次加工業者の課題―宮崎県食品関連企業実態調
(18)南仏の香水・香料クラスターPASSの成果と含意
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030203424
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat