(2)化学物質の環境動態予測技術と生態系影響評価手法の開発

(2)化学物質の環境動態予測技術と生態系影響評価手法の開発

課題番号2012020478
研究機関名農業環境技術研究所
研究期間2011-2015
年度2012
研究問題(1)研究の重点的推進
大課題3.農業生態系における化学物質の動態とリスク低減に関する研究
中課題(2)化学物質の環境動態予測技術と生態系影響評価手法の開発
大項目第2 国民に対して提供するサービスその他の業務の質の向上に関する目標を達成するためとるべき措置
中項目1.試験及び研究並びに調査
摘要農業環境における硝酸性窒素やリン酸等の栄養塩類、農薬等の有機化学物質の動態について、数理モデルによる環境負荷の予測技術を開発し、農業生産由来の化学物質の生態系影響評価手法を開発する。
研究分担江口定夫
吉川省子
中島泰弘
加藤英孝
中村 乾
板橋直
横山淳史
大津和久
永井孝志
殷 煕洙
小原裕三
渡邉栄樹
堀尾剛
稲生圭哉
神山和則
阿部 薫
藤原英司
木方展治
井倉将人
協力分担関係東京シンコール株式会社
韓国国立農業科学院
(独)農林水産消費安全技術センター
浜松ホトニクス株式会社
福島県農業総合センタ−
予算区分文科省[科研費] 文科省・JST競争的資金 環境省競争的資金 環境省・その他
業績(1)Atmospheric short-chain chlorinated paraffins in china, Japan, and South Korea
(2)Influence of agricultural activity on nitrogen budget in Chinese and Japanese watersheds
(3)傾斜畑の土壌および栄養塩流出過程観測支援のための自動撮影装置-装置の概要と野菜畑における観測事例-
(4)Wellbore-Wall Compression Effects on Monitored Groundwater Levels and Qualities
(5)Estimation of Zn and Cu unit output loads from animal husbandry facilities
(6)Comparison of ecological risks of insecticides for nursery-box application using species sensitivity distribution
(7)Nitrate percolation and discharge in cropped Andosols and Gray lowland soils of Japan
(8)Comparison of acute toxicity of two neonicotinoid insecticides, imidacloprid and clothianidin, to five cladoceran species
(9)筑波山周辺の渓流水中の硝酸イオンの酸素・窒素安定同位体比による硝酸イオンの生成・混合・消費プロセスの解析
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030203444
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat