I 森林遺伝資源を活用した生物機能の解明と利用技術の開発

I 森林遺伝資源を活用した生物機能の解明と利用技術の開発

課題番号2013023163
研究機関名森林総合研究所
研究期間2011-2015
年度2013
研究問題(4) 林木の新品種の開発と森林の生物機能の高度利用に向けた研究 
大課題(4) 林木の新品種の開発と森林の生物機能の高度利用に向けた研究
中課題I 森林遺伝資源を活用した生物機能の解明と利用技術の開発
大項目第1 国民に対して提供するサービスその他の業務の質の向上に関する目標を達成するためとるべき措置
中項目1 研究開発の推進
摘要<研究内容>
林木のジーンバンク機能を充実させ利用を促進するため、スギを対象に、地理・環境・遺伝等の情報により遺伝資源を評価し、母集団の持つ変異を少数の系統で代表できる情報量の多いコアコレクション(代表的な品種・系統のセット)を作成する。スギ有用形質の効率的選抜に有効なDNAマーカーを開発するため、ゲノムワイドアソシエーション解析を行い、形質や地域環境に関連した遺伝子を同定する。スギ精 英樹の遺伝子型データと形質データから、将来の優良個体選抜のためのゲノミックセレクションのモデルを開発する。樹木及び有用微生物のゲノム情報の充実を図るため、マツタケゲノムのデータベースの基盤整備を進める。スーパー樹木の開発に向けて、高バイオマス生産性や高ストレス耐性を付与した組換えポプラを作製し、それらの評価系を開発する。LED照明を利用したきのこ生産の高度利用技術の普及に 必要な技術マニュアルの作成、微生物機能を用いたリグニンからの有用物質変換に関わる酵素遺伝子を単離する。バイオテクノロジーの育種への利用技術を開発するため、雄性不稔遺伝子を導入した組換えスギの成長特性等形質の評価を行う。組織培養により再生させた薬用機能性樹木ワダツミノキの順化手法を解明し、機能成分を高含有する個体の選抜に向け、クローン間での成分生産量を比較する。
<成果の概要と活用>
林木遺伝資源の収集、保存・評価技術の開発の年度計画であるスギ遺伝資源全体を代表するコアコレクション作成に対しては、地理的分布、環境要因、遺伝的多様性を勘案して、スギ遺伝資源全体を代表するコアコレクションを作成、さらに天然林内のアカマツは年度が変わっても花粉親及び種子親としての寄与度が変わらないことを明らかにした。ゲノムワイドアソシエーション解析を行った結果、雄花着花性、発根性、材質との関連が予想される候補遺伝子をそれぞれ68、67、101座同定した。また、優良個体の選抜のための新しいゲノミックセレ クションのモデルを複数開発した。典型的なモデルだけでなく、複数のモデルを開発し、効果が非常に高いモデルを見出したことで、林木育種の効率化・高度化に大きく貢献できるようになった。樹木及びきのこ等微生物の生物機能の解明と利用技術の開発、特にスーパー樹木の開発については、高バイオマス生産組換えポプラの作出に成功し、樹高伸長量が1.9倍、茎に由来するバイオマス量が2.7倍に増加し、バイオマスが顕著に増大した樹木の作出に成功した。バイオテクノロジーの育種への利用技術の開発についても、研究内容にある計画を達成した。
研究分担篠原健司
予算区分農林水産業・食品産業科学技術研究推進事業 委託・その他プロ 技会・その他 林野庁交付金 文科省[科研費] その他
業績(1)Establishment of a microsatellite panel covering the sugi (Cryptomeria japonica) genome、 and its application for localization of a male-sterile gene (ms-2)(スギゲノムをカバーするマイクロサテライトパネルと雄性不稔遺伝子のローカライゼーションへのアプリケーション)

(2)Provenance tests for survival and growth of 50-year-old Japanese larch (Larix kaempferi) trees related to climatic conditions in central Japan(日本中部の気候条件に関連した50年生ニホンカラマツの生存と成長の産地試験)

(3)Sex expression and inbreeding depression in progeny from an extraordinary hermaphrodite of Salix subfragilis(タチヤナギの 両性変異株からの子の性表現と近交弱勢)

(4)Mobile DNA distributions refine the phylogeny of "matsutake" mushrooms, Tricholoma sect. Caligata(モバイルDNAの配置特異性 に基づいたマツタケ類を含むキシメジ属の系統進化)

(5)Genomic gene encoding manganese peroxidase from a white-rot fungus Phanerochaete crassa WD1694(白色腐朽菌P. crassa WD1694株のマンガンペルオキシダーゼ遺伝子)

(6)Modeling daily flowering probabilities: expected impact of climate change on Japanese cherry phenology (日開花確率のモデル :日本の桜の開花期に対する気候変動の影響予測)
(7)Genetic diversity and differentiation of endangered tree species, Afzelia xylocarpa (Kurz) Craib, in Thailand revealed by nuclear microsatellite markers( 核マイクロサテライトマーカーで明らかにされたタイにおける絶滅危惧種Afzelia xylocarpa (Kurz)の遺伝的多様性と遺伝的差異)
(8)Homoplastic occurrence of perforated pit membranes and torus-bearing pit membranes in ancestral angiosperms as observed by field-emission scanning electron microscopy.
(電界放出型走査電子顕微鏡観察により明らかになった祖先的な被子植物におけるperforated pit membraneおよびトールスを有する壁孔壁の非共有派生的な発生)

(9)Application of the acetolactate synthase gene as a cisgenic selectable marker for Agrobacterium-mediated transformation in Chinese cabbage (Brassica rapa ssp. pekinensis).(アグロバクテリウム法を用いた結球ハクサイ形質転換におけるアセト乳酸合成酵素遺伝子のcisgenicな選抜マーカーとしての利用)
(10)Recent distribution changes affect geographic clines in genetic diversity
and structure of Pinus densiflora natural populations in Japan

(11)カリトリスのトランスクリプトーム解析
(12)分布域が異なるユリ属3種(ヒメサユリ、ヤマユリ、タカサゴユリ)の個体群と繁殖特性
(13)乾燥ストレス応答に関わるポプラのLEAタンパク質遺伝子の発現と性質

(14)ブナの開花前年における花成関連遺伝子の発現
(15)Effects of Prussan blue on radioactive cesium degradation by mushroom(プルシアンブルーのきのこにおける放射性セシウムの低減効果)
(16)ヒラタケ菌床栽培におけるセシウム類の吸収量
(17)無花粉スギ種子胚からの不定胚形成細胞誘導と増殖
(18)本州海岸林における国内外来種オオシマザクラの野生化の実態
(19)中国雲南省香格里拉県における Ligularia subspicata の複雑な多様性
(20)‘枝垂桜’と野生種エドヒガンの遺伝的関係
(21)原木きのこ栽培におけるイヤ地土壌の菌類調査
(22)スギのゲノムワイドな遺伝的多様性の分布
(23)北海道におけるエゾマツの種子発芽タイミングの地理的変異
(24)アカマツ広域産地試験の3試験地における苗畑での出芽経過の産地間変異
(25)アカマツ2年生実生の苗畑における成長パターンの評価法の検討
(26)Geographic clines in nuclear microsatellite diversity and structure and cone characteristic variation of Pinus densiflora natural populations in Japan
(27)桜解説
(28)サクラの病害(増生病)
(29)DNAから見た桜の栽培品種の再分類
(30)シイタケ原木の放射性セシウム汚染
(31)魅力ある乾シイタケの作出
(32)広葉樹をマツタケの宿主にすることに成功
(33)シロアリタケ
(34)LEDによるきのこ栽培について.
(35)日本一長いお花見エリア 東京の桜
(36)APG に基づく植物の新しい分類体系
(37)環境条件からみた林木遺伝資源保存林の配置の評価
(38)遺伝子組換えによる無花粉スギの作出
(39)きのこ研究最前線
(40)Non-density dependent pollen dispersal of Shorea maxwelliana (Dipterocarpaceae) revealed by a Bayesian mating model based on paternity analysis in two synchronized flowering seasons(ショレアマキシウェリアナの花粉散布の密度比依存性:父性解析に基づくベイジアンメイティングモデルによりあきらかになった)

(41)Nodulation of Alnus japonica and Casuarina equisetifolia inoculated with Frankia in water culture (水耕栽培でのハンノキおよびトキワギョリュウへの根粒菌フランキア接種による根粒形成)

(42)Development of ozone-susceptible transgenic poplars with a sense DNA for 1-aminocyclopropane-1-carboxylate synthase(エチレン合成酵素遺伝子の過剰発現によるオゾン感受性遺伝子組換えポプラの開発)
(43)環境ストレス耐性の向上を目的とした遺伝子組換えポプラの作製
(44)日本産針葉樹の遺伝的多様性
(45)樹木のwetwood 現象と定義
(46)非線形混合モデルを用いたミズナラ成長経過における産地の効果の推定
(47)High-efficiency Agrobacterium-mediated transformation of Cryptomeria japonica D. Don by co-cultivation on
filter paper wicks followed by meropenem
treatment to eliminate Agrobacterium.(ろ紙共存培養とアグロバクテリウム除去のためのメロポネム処理による高効率なスギの形質転 換法)

(48)Evolutionary relationship and structural characterization of the EPF/EPFL gene family. (ペプチドホルモンEPF/EPFL遺伝子群の 進化過程と構造特性)
(49)ハワイフトモモの葉形質多型における遺伝的基盤をRNA-seqにより解明する
(50)Fruiting body productions of basidiomycetous mushrooms using blue LED light.(青色LED光を用いた担子菌きのこ類の子実体生産)
(51)カラマツ種子の成熟時期の地域間および年次間差
(52)スギの心材形成に伴う放射柔細胞の細胞死過程における細胞内容物の変化
(53)Induction of male sterility in transgenic sugi (Cryptomeria japonica) by barnase/barstar system.(バルナーゼ/バルスター遺伝子組換えによるスギの雄性不稔化)
(54)二次壁特異的プロモーターによるキシログルカナーゼの発現.
(55)絶滅危惧種トガサワラの針葉と球果の形態の集団間変異
(56)キノコ切手
(57)西洋の菌類図譜
(58)マツタケの菌糸、広葉樹で育つ:人工栽培への足がかり

(59)きのこ類のゲノム解読.
(60)きのこ栽培に有用なLED照明法の開発.
(61)ウマ・コマのつく植物の名前
(62)北海道樹木の名前27 ミズキ
(63)森を出て人里で育てられた桜
(64)スギ花粉症に関する最近の話題
(65)九州における主要なスギ在来品種のクローン識別および遺伝的類似性の評価
(66)Diet analysis by next-generation sequencing indicates the frequent consumption of introduced plants by the critically endangered red-headed wood pigeon (Columba janthina nitens) in oceanic island habitats(次世代シーケンスを用いた食性解析によって明らかにされた海洋島に生息するアカガシラカラスバトの外来植物依存性)
(67)プラスミド安定化領域を持つバイナリーベクターによる組換えポプラ作出法の開発
(68)Indigenous genetic lineages of Fagus crenata found in the Izu Peninsula suggest that there was one of refugia for the species during the last glacial maximum.
(69)岩手県一関市内「久保川イーハトーブ」自然再生事業地における水田畦畔の維管束植物相の特徴と規定要因
(70)Comparison of histological responses and tissue damage expansion between resistant and susceptible Pinus thunbergii infected with pine wood nematode Bursaphelenchus xylophilus
(71)日本産樹木DNAバーコーディング - 2012年度 −
(72)スギ高密度連鎖地図情報を利用した雄性不稔遺伝子と連鎖するDNAマーカーの開発
(73)シデコブシとタムシバの交雑帯における種子段階の雑種形成と遺伝子浸透
(74)オオバヤシャブシと放線菌フランキアの共生に関与する抽出成分の検索(II)

(75)心材形成過程の解析を目指したインピーダンス法によるカラマツ木部の水分布季節変化の非破壊計測
(76)ガラクチノール合成酵素(GolS)遺伝子の過剰発現によるセイヨウハコヤナギへの耐塩性付与

(77)Biodiversity of Tricholoma sect. Caligata that produce prized mushrooms “matsutake”on the basis of mobile DNA(モバイルDNAの配置特異性に基づいたマツタケ類を含むキシメジ属の多様性)

(78)植物園におけるサクラ栽培品種の名称表示について
(79)SSR分析に基づいた阿武隈山地のモミ天然林における雌性および雄性繁殖成功の年変動の把握
(80)Ectopic expression of GFP-tubulin affects morphology and growth of Populus tremula × Populus tremuloides. (GFP-tubulinの異所的発現がポプラに与える影響)
(81)アカマツ散布種子の景観スケールにおける2年間の遺伝的多様性
(82)ファーブル
(83)はじめに、サクラ保存林の歴史と役割、サクラの系統に関する最近の研究
(84)植物の光応答と温度の影響
(85)スギ高密度基盤連鎖地図を用いた雄性不稔遺伝子近傍DNAマーカーの開発
(86)父島の東平で見つかった両性と思われるムニンアオガンピ

(87)強酸性土壌で植物栽培が可能になる−ユーカリから土壌中のアルミニウムを無毒化する物質を発見−
(88)栽培きのこの放射性セシウム吸収を抑制するために
(89)広葉樹をマツタケの宿主にすることに成功
(90)LEDを利用したきのこ栽培 〜きのこ栽培における光の効果〜

(91)きのこの産地偽装防止に向けた取り組み
(92)施設・菌床栽培の害菌。害虫対策のQ&A
(93)シイタケの高温発生品種を効率的に作出するための技術開発
(94)阿武隈高地のモミ林木遺伝資源のモニタリング:(2)豊凶が種子の遺伝的特性におよぼす影響
(95)遺伝子組換えによるスギ花粉形成抑制技術を開発
(96)Development and characterization of 28 polymorphic EST-SSR markers for Cunninghamia lanceolata (Taxodiaceae) based on transcriptome sequences(コウヨウザンの28個のEST-SSRマーカーの開発)

(97)Phylogenetic position of the ectomycorrhizal basidiomycete Tricholoma dulciolens in relation to species of Tricholoma that produce ‘matsutake’ mushrooms(外生菌根性担子菌Tricholoma dulciolensとマツタケ類との分子系統学)

(98)イヌトクガワザサ(イネ科:タケ亜科)の新産地と ササ属アマギザサ節とチマキザサ節の分布域の再検討
(99)日本における希少樹種の現状と保全
(100)四分子分析によるシイタケのセントロメアマッピング
(101)絶滅危惧種ヒメサユリが自生する多雪地域の自然〜半自然草地の種組成と植生構造
(102)小笠原諸島のテリハボクの攪乱された遺伝構造
(103)父島列島のシマホルトノキにおける遺伝的に分化したグループ間の遺伝子流動
(104)セイヨウハコヤナギの器官培養による植物体再生と葉肉プロトプラストの培養
(105)ポプラからのラパマイシン標的タンパク質遺伝子の単離

(106)次世代シーケンサーを用いたスギ完全長cDNA情報の収集とその利用
(107)組織培養によるフナクローンの増殖
(108)環境ストレス耐性組換えポプラの開発
(109)マツタケ発生地における土壌中でのマツタケ菌糸体量の時間的変動
(110)スギの花粉形成初期に発現する低分子RNAの網羅的解析
(111)Super-SAGE法によるシイタケのトランスクリプトーム解析
(112)カラマツ生立木樹幹内水分量の12年間の変化
(113)小笠原諸島における絶滅危惧種オガサワラグワの更新状況
(114)緩速予備凍結法によるスキ?の 不定胚形成細胞の超低温保存
(115)スギの不定胚形成細胞の超低温保存方法の開発.
(116)EST-SSRマーカーを用いたクロマツ・アカマツの雑種識別
(117)GFP-tubulinを導入したポプラの形態変化と微小管の可視化.
(118)きのこ栽培におけるLED光照射技術に関する最新知見
(119)次世代シーケンサーのデータを用いた Quercus の遺伝子探索

(120)広葉樹をマツタケの宿主にすることに成功
(121)北海道樹木の名前24 ハリギリ
(122)遺伝子組換え技術によるスギの無花粉化
(123)Origins of Japanese flowering cherry (Prunus subgenus Cerasus)cultivars revealed using nuclear SSR markers. (核SSRマーカーを用いた日本のサクラ栽培品種の起源)
(124)Transcriptional profiling of bud dormancy induction and release in oak by next-generation sequencing(冬芽の休眠誘導と打破 のトランスクリプショナルプロファイリング)
(125)ポプラのラフィノースファミリーオリゴ糖の環境ストレス条件下での消長
(126)雄性不稔スギ新大1号・新大5号の小胞子形成過程における形態学的特性
(127)アグロバクテリウム法によるスギ培養細胞への遺伝子導入効率の系統間差
(128)日本列島の樹木の遺伝的なりたちと保全
(129)Chemical and genetic diversity of Cremanthodium lineare(クレマンソディウム・リニアーレの化学成分と遺伝子の多様性)
(130)Armillariols A to C from the culture broth of Armillaria sp(ナラタケ属きのこの培養濾液からの天然物アルミラリオールA−C)
(131)Adventitious root formation of Japanese cedar (Cryptomeria japonica D. Don) cuttings is stimulated by soaking basal portion of cuttings in warmed water while cooling their apical portion(スギの不定近形成はさし穂基部を加温し、上部を冷却することに より刺激される)
(132)DNAマーカーを用いて芽生えの段階で無花粉スギの家系内選抜を簡単に行う手法の開発
(133)小笠原まで流れ着いたシマモクセイの遺伝構造と性比・交配様式

(134)ヒメサユリ(Lilium rubellum)自生地の種組成および植生構造
(135)絶滅危惧樹木シデコブシの種子散布と遺伝構造
(136)絶滅危惧種アカガシラカラスバトの採食生態: DNAバーコーディングを用いたアプローチ
(137)カラマツの心材形成過程における心材物質の堆積と水分分布
(138)ポプラにおける環境ストレスによるラフィノースファミリーオリゴ糖の蓄積
(139)ジベレリン20酸化酵素遺伝子を過剰に発現する組換えポプラの特性
(140)発光性きのこ培養菌糸体の発光
(141)プルシアンブルーによる菌床マイタケ栽培における放射性セシウム移行低減について
(142)プルシアンブルーによるシイタケ原木栽培におけるの放射性セシウム移行低減について
(143)野生カワラタケの放射性セシウム
(144)放射性セシウム低吸収性ヒラタケの開発
(145)無花粉スギ未熟種子からの不定胚形成細胞の誘導
(146)サクラ栽培品種のDNA解析に基づく再分類の現状
(147)花粉形成の制御に関わる低分子RNAの探索

(148)ホンシメジから分離された細菌
(149)スギ天然林の遺伝構造と連鎖不平衡
(150)ポプラXylem Cysteine Peptidase の細胞内局在
および放射柔細胞における遺伝子発現解析.

(151)二次壁特異的プロモーターによるキシログルカナーゼの発現.
(152)日本の菌類図譜
(153)半人前ボタニスト菊ちゃんの植物修行21 シダ巡礼・低山徘徊の休日
(154)半人前ボタニスト菊ちゃんの植物修行23 キナバル登山(後編)−人も植物も、その頂を目指す−
(155)半人前ボタニスト菊ちゃんの植物修行24 私的図鑑遍歴−書棚に増え続ける植物図鑑に対する反省−
(156)エノキタケとナメコ
(157)きのこ育種の難しさ
(158)北海道樹木の名前23 ノリウツギ
(159)きのこ栽培のための病虫害対策について
(160)森林遺伝資源を活用した生物機能の解明と利用技術の開発
(161)Demonstration of genome-wide association studies for identifying markers for wood
property and male strobili traits in Cryptomeria japonica.(材質と雄花着生量形質のマーカーを明らかにするためのゲノムワイド関連解析のデモンストレーション)

(162)Nuclear and chloroplast DNA phylogeography reveals Pleistocene divergence and subsequent secondary contact of two genetic lineages of the tropical rainforest tree species Shorea leprosula (Dipterocarpaceae) in South-East Asia(ショレアレプロスラの核と葉緑体のDNAのファイロジオグラフィーによりプライストシーンのダイバージェンスとそれに続く2系統の接触が明らかになる)

(163)Asymmetric introgression between Magnolia stellata and M. salicifolia at a site where the two species grow sympatrically ( 同所的に生育するシデコブシとタムシバにおける非対称な遺伝子浸透)
(164)Genetic differentiation in Elaeocarpus photiniifolia (Elaeocarpaceae) associated with geographic distribution and habitat variation in the Bonin (Ogasawara) Islands (小笠原諸島における地理的な分布および生育地の変異に対応したシマホルノトキの遺伝的 分化)
(165)絶滅危惧生態系: 種を超えた保全のアプローチ
(166)天然記念物ケヤキの保存木クローンの識別および冬芽形状
(167)小笠原諸島に生育する種子植物のDNAバーコーディングに基づく絶滅危惧鳥類の食性解析
(168)セイヨウハコヤナギの生育に及ぼす塩ストレスと浸透圧ストレスの比較
(169)Identification of a New Type of Aluminum-Detoxifying Ligand, Oenothein B, in Roots of Eucalyptus camaldulensis(Eucalyptus camaldulensisの根から新しいタイプのアルミニウム無毒化物質エノテインBを同定)
(170)セイヨウハコヤナギ由来の環境ストレス応答性プロモーターの探索
(171)北海道マツタケ発生地における土壌DNAを指標にしたマツタケ菌糸体の定量

(172)マツタケ菌根形成のためのアカマツ細根の地表への誘導法の検討
(173)オオスカシバによる 立田山ヤエクチナシの食害試験
(174)シイタケ子実体発生の温度特性に関わる遺伝因子探索のための胞子菌株集団の作成
(175)気候条件に関連した50年生ニホンカラマツの成長の産地間変異

(176)Light-stimulative genes for fruiting body formation in the basidiomycetous fungus Lentinula edodes.(担子菌シイタケにおける子実体形成に関与する光刺激性遺伝子)
(177)蛍光顕微鏡法によるカラマツ心材成分の組織化学的検討
(178)薬用機能性樹木の組織培養
(179)Embolism development observed with a compact MRI in Japanese black pine clones resistant to pine wilt disease
(180)絶滅危惧種・ヤクタネゴヨウ(Pinus amamiana Koidz.)の生息域外保存の取り組み
(181)ブラー
(182)Flowering cherries in Shinjuku Gyoen National Garden(新宿御苑の桜)

(183)只見地方を中心とした多雪地帯の固有種ヒメサユリ(Lilium rubellum)と侵入種タカサゴユリ(L.formo sanum)の繁殖特性の比較
(184)半人前ボタニスト菊ちゃんの植物修行19 早春のホノカの愉しみ−カバノキ科の花を見る−
(185)半人前ボタニスト菊ちゃんの植物修行22 キナバル登山(前編)−熱帯の雲霧林に遊ぶ−
(186)遺伝子組換えによるバイオマス高生産樹木の開発
(187)広葉樹をマツタケの宿主にすることに成功
(188)トランスポゾン分子進化に基づくマツタケの起源と種分化の解明

(189)トランスポゾン分子進化に基づくマツタケの起源と種分化の解明

(190)LED照明によるきのこ栽培の新技術
(191)農林水産技術会議プロジェクト・生物の光応答メカニズムの解明と省エネルギー、コスト削減利用技術の開発についての現状までの研究知見の概要について.

(192)環境条件からみた林木遺伝資源保存林の配置の評価
(193)Genetic variation of wood chemical traits and association with underlying genes in Eucalyptus urophylla(ユーカリの材の化学特性の遺伝的変異と遺伝子の関連)
(194)樹木におけるラパマイシン標的タンパク質遺伝子の発現様式の解析

(195)Genetic evidence for paternal inheritance of the chloroplast in four Australian Callitris species (Cupressaceae). (オース トラリアのカリトリス種の葉緑体の父性遺伝の遺伝的証拠)

(196)戸隠神社奥社社叢林に生育するスギの遺伝的多様性と遺伝的特性.
(197)-20℃の冷凍庫で10年間保存したスギおよびヒノキ種子の発芽率
(198)Consecutive five-year analysis of paternal and maternal gene flow and contributions of the gametic heterogeneities to overall genetic composition of Pinus densiflora dispersed seeds
(199)日本産樹木DNAバーコードによるニレ科、クワ科の種同定)
(200)Molecular and bioinformatic methods to analyze genetic variation for Cryptomeria japonica in the second generation sequencing era(スギの第二世代分子とバイオインフォマティクスメソッド)

(201)オオバヤシャブシ抽出成分がフランキアの成長と根粒形成に及ぼす影響
(202)セイヨウハコヤナギの葉肉プロトプラスト培養によるコロニー形成
(203)活性型ジベレリンの生合成酵素GA3ox遺伝子を導入した組換えポプラの特性
(204)加水分解性タンニンのアルミニウム無害化能
(205)多摩森林科学園と遺伝研におけるサクラの系統保全の実態

(206)中国産Ligularia virgaureaの新規化学成分と多様性(2)
(207)中国産Ligularia virgaureaの新規化学成分と多様性(3)
(208)樹木生理学の将来展望
(209)Barnase-barstar システムを用いた遺伝子組換え雄性不稔スギの作出と形質評価
(210)アカマツ広域産地試験における関西育種場で播種した実生の発芽特性
(211)結実量の異なる2年間で収集したシコクシラベ種子の発芽特性
(212)きのこの病気
(213)生き物出会い図鑑 日本の桜
(214)マイクロサテライトマーカー開発の情報処理
(215)只見町におけるヒメサユリ(Lilium rubellum) 自生地の種組成および植生構造の特性

(216)スギ雄性不稔に関連する遺伝子の探索と機能分類
(217)きのこのビッグデータ
(218)LEDを利用したきのこ栽培 <別冊>〜きのこと光の科学〜

(219)サクラの系統保全のこれまでの経緯と現状
(220)北海道樹木の名前26 オヒョウ・ハルニレ
(221)森と木とみどりの雑学講座?林木ジーンバンクの役割と可能性
(222)アメリカで開催された国際会議(IUFRO Tree Biotechnology 2013)の概要
(223)IUFRO国際学会『Forest Genetcs 2013』に参加して
(224)山梨県と新潟県におけるブナの天然林と天然林産実生苗の遺伝的評価
(225)Resilient plant-bird interactions in a volcanic island ecosystem: pollination of Japanese camellia mediated by the Japanese White-eye(レジリエントな植物と鳥の相互作用、火山島エコシステム:ヤブツバキと目白のポリネーション)

(226)Genetic differentiation and genetic diversity of Castanopsis (Fagaceae)、 the dominant tree species in Japanese broadleaved evergreen forests、 revealed by analysis of EST-associated microsatellites(シイの遺伝的分化と多様性:ESTアソシエイテッドマイクロサテライトの解析で明らかにされた)

(227)セイヨウハコヤナギの器官培養による植物体再生と葉肉プロトプラストの培養
(228)Identification of a hydrolyzable tannin, oenothein B, as an aluminum-detoxifying ligand in a highly aluminum-resistant tree, Eucalyptus camaldulensis(高アルミニウム耐性樹木Eucalyptus camaldulensisからアルミニウム無毒化物質として加水分解性タンニン・エノテインBを同定)


(229)Architectural and physiological characteristics related to the depressed growth of poplars overexpressing xyloglucanase in a field study(キシログルカナーゼを過剰発現したポプラの野外における成育阻害に関連する形態的生理的特徴)
(230)日本のアラカシ・シラカシ天然林の遺伝構造
(231)ヤナギ林のジーンフロー
(232)小笠原諸島に分布するアカテツとコバノアカテツは核マイクロサテライトマーカーによって識別可能か?
(233)プルシアンブルーを用いた菌床栽培きのこへの放射性セシウム移行低減技術について
(234)シイタケ品種間におけるctg1遺伝子コード領域の塩基配列比較について
(235)サクラの栽培品種の遺伝的起源の推定
(236)スギの傷害心材形成時の脱水範囲および放射柔細胞の内容物の変化に関する研究
(237)小笠原諸島弟島で確認された絶滅危惧種オガサワラグワの実生の遺伝的評価
(238)薬用樹木カギカズラの組織培養による増殖
(239)遺伝子組換え技術による無花粉スギの作出と形質評価
(240)A Time-Course Comparative Microarray Analysis of Different Genotypes in Japanese Black Pine (Pinus thunbergii) during Attack By Virulent Nematode (Bursaphelenchus xylophilus) and Avirulent Nematode (B. mucronatus)
(241)サクラ保存林マップ、サクラの開花期
(242)半人前ボタニスト菊ちゃんの植物修行20 道草日和−菊ちゃん、イネ科に迷う−
(243)酸性土壌を緑に−ユーカリのアルミニウム無毒化物質の発見−
(244)プルシアンブルーを用いた
栽培きのこの放射性セシウム低減技術

(245)ヒラタケの放射性セシウム吸収を抑える栽培方法
(246)マツタケ遺伝子資源の多様性
(247)LED照明を利用したきのこ栽培技術.
(248)キノコの光応答メカニズムの解明と高度利用技術の開発
(249)LED照明を利用したきのこ栽培技術
(250)ソメイヨシノの愉しみ「異聞」
(251)放射性物質低減のための原木きのこ栽培管理に関する技術情報の提供と課題
(252)地球温暖化に対応したアカマツの移植による保存
(253)ケヤキの林木遺伝資源保存林における林分構造と更新特性
(254)固有樹種シコクシラベの保存にむけた取り組み
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030203483
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat