(ア)沿岸域における資源の造成と合理的な利用技術の開発

(ア)沿岸域における資源の造成と合理的な利用技術の開発

課題番号2013023172
研究機関名水産総合研究センター
研究期間2011-2015
年度2013
研究問題(2)研究開発等の重点的推進
大課題イ.沿岸漁業の振興のための水産資源の積極的な造成と合理的利用並びに漁場環境の保全技術の開発
中課題(ア)沿岸域における資源の造成と合理的な利用技術の開発
大項目第2 国民に対して提供するサービスその他の業務の質の向上に関する目標を達成するためとるべき措置
中項目1 研究開発等
摘要 沿岸域に分布する主要水産資源の変動要因の解明と最適な漁業管理方策を開発するため、アワビ類の餌料となる海藻群落の成長とウニ 類の生息数との相関関係、 トラフグの再生産指数と産卵期の伊勢湾湾口側水域の塩分濃度との相関関係を検討し、また、亜熱帯域で棲息 場を異にするブダイ類の個別の漁場管理の必要性やアカムツの受精卵から稚魚までの形態・成長と日齢との関係、水温と初期生残の関係等を明らかにするなど、沿岸資源水準を低下させる諸要素の影響度を解明した。クエの天然集団が高い遺伝的多様性を持つことを明らかにし、クエの成長速度と移動パターンを把握した。タチウオについて、 季節発生群別の年齢構造解析法を確立した。また、八重山地域で産卵 場に来遊するナミハタの禁漁期間を数日延長することで、親魚を現在よりも有効に保護できることを地元の漁業協同組合等に提案した。さらに、瀬戸内海のトラフグやサワラでは、種苗放流だけでは資源を回復させることはできず、 若齢魚を適切に保護することが不可欠の管 理要素であることを示し、 対象種の漁獲実態に応じた漁業管理手法を検討するとともに適切な放流魚の添加尾数を算定した。
 遺伝的多様性に配慮した種苗生産方法の高度化を目的として、ギンザケ種苗の親子判別に用いる継代親魚の遺伝子試料を確保するとともに、安価な培地を用いたトラフグ精子の保存技術を開発した。また、トラフグの雌雄を判別する基礎技術として、卵黄蛋白の前駆蛋白であるビテロジェニンの血中濃度の雌雄差と季節変動パターンを把握した。ヒラメの種苗生産時に、飼育水槽でワムシを同時に培養することにより、形態異常魚の数が大きく減少することを明らかにするなど、健苗性が高い種苗の省力・省コスト生産に係わる技術開発が進展した。
 トラフグの潜砂行動と底質の柔らかさとの関係が明らかになり、底質を放流海域選定の指標に加えることによって放流効果が向上する可能性が示唆された。また、ヒラメの主要な餌生物であるアミ類の多い海域でヒラメの初期生残率が高くなることを明らかにし、海域特性に応じた放流方法を開発した。コンブの資源量と水温履歴との間の相関関係など、好適成育場の環境収容力の年変動を把握した。生態系に配慮した放流手法の開発に取り組み、厚岸湖に放流したマツカワ種苗は、体サイズによって摂餌する小型甲殻類の種組成が変化することを明らかにした。
 資源の合理的利用による沿岸漁業振興の実証を目的として、大分県臼杵地区のタチウオ漁を事例として、資源量推定モデル・経費モデル・価格モデルを結合させた水産システム統合モデルを開発し、県や地元の漁業協同組合への普及を図った。さらに、活魚輸送の低コスト化を目的として、キジハタの無水輸送に必要な温度条件を明らかにし、通常の低温宅配サービスを利用した輸送の可能性を示すなど、漁業経営改善手法を検討した。
研究分担小河道生
栗田豊
太田健吾
山田秀秋
鈴木豪
桑原久実
村上直人
竹内宏行
栗田豊
名波敦
清本節夫
片町太輔
關野正志
堀正和
黒木洋明
鈴木重則
山田達哉
鵜沼辰哉
鬼塚年弘
伊藤明
協力分担関係東京大学大気海洋研究所
京都大学
香川大学
香川県水産試験場
香川県漁業振興基金
香川県栽培漁業協会
大分県農林水産研究センター 水産試験場
沖縄県水産海洋研究センター
東京農業大学
北海道立総合研究機構 稚内水産試験場
予算区分水産庁・その他 文科省・その他
業績(1)Demersal fish community in nearshore waters off Niigata in the northern Sea of Japan
(2)Reproductive biology of four Lutjanus fishes (L. gibbus, L. decussatus, L. fulvus and L. fulviflammus) around Yaeyama Islands, Okinawa, Japan
(3)マアナゴの漁獲量変動傾向と資源構造
(4)天然トラフグ仔稚魚の脳内における成長ホルモン,プロラクチン,および両ホルモン受容体の遺伝子発現量の季節変化
(5)水産庁委託事業「赤潮・貧酸素水塊対策推進事業 東京湾における貧酸素水塊の影響解明」
(6)日本海北・中部におけるアカムツの資源解析の試み
(7)Choice of the suitable organization for management and utilization of natural resources in Thailand's coastal areas through AHP analysis
(8)平成24年度海洋水産資源開発事業(ひきなわ:タチウオ)報告(速報)No.417
(9)磯焼けの症状と原因、対処療法について
(10)タチウオ引縄漁業を対象とした収益性の改善に向けた流通システムの分析
(11)平成25年度ヒラメ日本海北・中部系群の資源評価
(12)脱落しにくい魚類用装着型外部標識の探索とサンゴ礁域における脱落率の推定
(13)サンゴ礁域沿岸漁業資源の資源・生態特性の解明
(14)チリメンモンスターを活用したシラス漁獲物へのサワラ仔稚魚混入数の推定
(15)Automated screening and primer design of fish microsatellite DNA loci on pyrosequencing data.
(16)北海道の水産業に求められる6次産業化のあり方
(17)Bleaching of tabular Acropora corals during the winter season in a high-latitude community (Nagasaki, Japan)
(18)三浦半島西岸荒崎におけるコベルトカニモリの生息状況
(19)マアナゴの漁獲量変動傾向と資源構造
(20)Spawning migration and homing pattern of white-streaked grouper Epinephelus ongus determined by acoustic telemetry
(21)安価な細胞培養用液体培地を利用したトラフグ精子の保存
(22)トラフグ人工種苗における倍数性変異現象について-3 -放流サイズの稚魚における倍数性変異について-
(23)三陸秋サケ産業の震災からの挑戦〜早期復旧のモチベーションと課題
(24)Impacts of the 2011 mega-earthquake and tsunami on Ezo abalone Haliotis discus hannai at Iwaisaki, Miyagi, Japan.
(25)研究の幅と研究者の幅
(26)エゾアワビ稚貝分布調査の紹介
(27) Analyzing people and society aspect in Coastal Area Capability in Southeast Asia
(28)様々な遺伝子型褐虫藻の遊泳パターンと走光性
(29)厚岸周辺海域におけるニシンの産卵場
(30)平成25年度の資源管理および放流調査
(31)北海道区水産研究所における防疫体制について
(32)トラフグの資源変動と海洋環境の関係について-II
(33)ヒラメの資源変動 −日本海と太平洋の比較−
(34)アワビ類の再生産過程におけるボトルネックの特定とその解消技術の開発- 着底初期の漁場環境がもたらすボトルネックの特定とその解消技術の開発
(35)親子判別のためのmtDNAのSNPsマーカーおよびMSマーカーの開発
(36)平成25年度沖縄沿岸域の総合利活用推進事業に関する委託研究 「沿岸性魚類の行動生態と生態的機能の解明」  細目1:漁場環境と魚類相の関係の解明
(37)Feeding relationships among fishes in shallow sandy areas in relation to stocking of Japanese flounder
(38)Interspecific differences in prey items in relation to morphological characteristics among four lutjanid species (Lutjanus decussatus, L. fulviflamma, L. fulvus and L. gibbus)
(39)Determination of Ghrelin Structure in the Barfin Flounder (Verasper moseri) and Involvement of Ingested Fatty Acids in Ghrelin Acylation.
(40)Genetics and Morphology Characterize the Dinoflagellate Symbiodinium voratum, n. sp., (Dinophyceae) as the Sole Representative of Symbiodinium Clade E
(41)日本の水産物卸売市場におけるEDI導入実態と今後の展開
(42)岩礁藻場の底生動物群集に対する震災の影響とその後の回復過程
(43)天然トラフグ・マーケティング戦略構築のための消費者分析ー消費地及び産地における消費特徴の解明ー
(44)春期、秋期の発生群を考慮した豊後水道・伊予灘におけるタチウオの資源解析
(45)海女(海士)漁業における新しいアワビ資源管理方策の提案
(46)豊後水道・伊予灘におけるタチウオの発生群別の銘柄と年齢の関係
(47)サンゴと褐虫藻の初期共生−両者の関係構築はランダムかそれとも選択的か?−
(48)日本海におけるヒラメ回収率データの長期分析
(49)四国地方で発見されたマガキ属(Crassostrea)の未記載種について
(50)トカラ列島周辺海域におけるカツオの滞留と摂餌行動
(51)低温飼育による空ウニの品質改善−II 7.5℃での飽食および絶食飼育
(52)イスズミ類の行動特性の解明と藻場への影響度の評価
(53)ニシンの厚岸湖(汽水域)および厚岸湾(海水域)の利用様式
(54)漁業現場は魚の価値をいかに高められるか?”沿岸漁業ビジネスモデル研究会”主催のシンポジウム
(55)イカ加工における新製品開発動向
(56)イカ乾燥珍味の販売動向
(57)平成25年度種苗放流による資源造成支援委託事業年度報告書
(58)平成25年度 東京大学大気海洋研究所国際海洋研究センター外来研究員報告書「大槌岩礁藻場の生態系構造およびその動態に関する研究」
(59)ヒラメの放流種苗サイズとイシガニの捕食
(60)Normal 0 0 2 false false false EN-US JA X-NONE MicrosoftInternetExplorer4 Ecological interactions between hatchery and wild fish: a case study based on the highly piscivorous Japanese Spanish mackerel
(61)コモンガニによるシロクラベラ稚魚の被食に及ぼす人工海藻と水深の影響
(62)Occurrence of Doederleinia berycoides (Hilgendorf, 1879) (Acropomatidae) larvae in coastal waters off Niigata Prefecture (northern Japan Sea)
(63)亜熱帯海草藻場における海藻の季節的消長と草藻類葉上動物の変動
(64)Improving the food quality of sea urchin gonads by suppressing gametogenesis
(65)漁獲統計・聞き取り調査から推定された高知県沿岸におけるサワラの漁業と生態
(66)低温飼育で空ウニを良いウニに変える
(67)様々な褐虫藻培養株を用いた観察実験 −cladeが違うと何が違うのか?−
(68)八重山諸島におけるミドリイシ属サンゴの幼生加入について
(69)有害ラフィド藻Chattonella antiquaの培養株によるヒラメ生残への影響評価
(70)西部熱帯太平洋海域におけるマアナゴとニホンウナギの仔魚回遊経路の相似(予報)
(71)Estimation of energy budget of sea cucumber, Holothuria scabra, in integrated multi-trophic aquaculture
(72)北海道猿払村沿岸におけるマナマコの成熟と産卵
(73)ヒレジャコ幼生は共生する褐虫藻を選択するか?
(74)平成25年度厚岸ニシン生態調査
(75)平成25年度中央ブロック水産業関係研究開発推進会議 第3回太平洋中海域トラフグ研究会 報告書
(76)沿岸域漁業の新たなビジネスモデル構築に向けてー沿岸域における漁船漁業ビジネスモデル研究会の活動と開発調査センターによる実証化事業ー
(77)水産業改良普及事業とともに考える漁村振興
(78)再生藻場の水産涵養効果について(稚イセエビ、クロアワビ)
(79)日本海におけるヒラメ回収率データの長期分析
(80)タチウオ流通の現状と評価―資源の変化に対応するための水産物流通チャネルの在り方―
(81)長崎と大分の市場に水揚げされたアカアマダイとキアマダイの交雑個体
(82)Application of calcofluor staining to identify motile and coccoid stages of Symbiodinium (Dinophyceae)
(83)Development of a multiplex PCR assay for population genetic analysis of the tiger puffer Takifugu rubripes using 16 microsatellite DNA loci
(84)高級水産物トラフグの市場ポジションと消費者特徴の解明
(85)Cell division cycle and discharge pattern of a symbiotic dinoflagellate Symbiodinium within Acropora coral
(86)トラフグ人工種苗における倍数性変異現象について-2 -親魚養成手法及び催熟手法の影響-
(87)ニシン発眼卵におけるアリザリン・コンプレクソンによる標識時期および干出耐性の検討
(88)アカムツの卵発生と仔魚の形態
(89)ヒラメ種苗生産における省力・省コスト化の取り組み(その2)
(90)2013年オニヒトデ産卵期の石西礁湖および周辺水域におけるクロロフィルa濃度分布
(91)北海沿岸における貧栄養化と資源変動
(92)次世代シーケンサーによるエゾアワビのミトコンドリアDNAタイピング
(93)産卵場〜西岸境界におけるニホンウナギとマアナゴの仔魚回遊経路の相似
(94)新潟県北部沿岸におけるアカアマダイの年齢と成長
(95)過去30年以上における日本太平洋岸の岩礁潮間帯貝類の多様性変動
(96)地産地消への取組事例の紹介:その2
(97)農林水産研究高度化事業・実用技術開発事業研究成果の普及状況の把握のためのフォローアップ調査「再生産力の向上を目的としたアワビ類の資源管理・増殖技術の開発」
(98)ヒラメ日本海北・中部系群
(99)沿岸域における漁船漁業ビジネスモデル研究会 魚の価値をテーマに,第3回研究大会を開催
(100)日本海北区におけるヒラメ資源の現状
(101)生態系ネットワーク修復のよる持続的な沿岸漁業生産技術の開発、暖流系アワビ類生息域における漁場修復による資源再生技術の開発、藻場造成に関わる適地選定と低コスト・低労力化に向けた技術開発
(102)サンゴ礁域の育成場機能の解明
(103)DECREASE OF ABALONE RESOURCES WITH DISAPPEARANCE OF MACROALGAL BEDS AROUND THE OJIKA ISLANDS, NAGASAKI, SOUTHWESTERN JAPAN.
(104)Acroporarecruits harbor “rare”Symbiodiniumin the environmental pool
(105)Species boundaries of Astreopora corals (Scleractinia, Acroporidae) inferred by mitochondrial and nuclear molecular markers
(106)豊後水道域におけるタチウオ漁獲から販売方法の在り方―消費者アンケート調査からの考察―
(107)岩礁藻場の底生動物群集における東日本大震災の影響とその後の回復過II −岩手県大槌湾−
(108)トラフグ人工種苗における倍数性変異現象について-1 -排卵後の過熟の影響-
(109)Oyster culture in Hokkaido, Japan
(110)H25年度 厚岸ニシン生態調査
(111)耳石標識の装着作業中に発生したニシン稚魚の大量死について
(112)ニシン班の研究成果と次年度計画
(113)成熟・産卵特性に基づく漁獲制限の再検討
(114)DNAによる判別
(115)Inferring the evolution of teleostean zp genes based on their sites of expression
(116)Early uptake of specific symbionts enhances the post-settlement survival of Acropora corals
(117)宮城県牡鹿半島沿岸のエゾアワビ・キタムラサキウニ個体群が受けた東日本大震災の影響
(118)海女(海士)漁業における新しいアワビ資源管理方策の提案
(119)豊後水道・伊予灘におけるタチウオの発生群別の銘柄と年齢の関係
(120)Development of integrated multi-trophic aquaculture (IMTA) method for small-scale farmers in the Philippines
(121)Protection of spawning aggregation of white-streaked grouper Epinephelus ongus in Yaeyama Islands, Okinawa
(122)ヒラメ 0〜1歳魚の成育場・沖合生息場の利用様式とその生態的意義
(123)タチウオひきなわ漁業に係る機器開発と社会連携
(124)「江戸前の復活!−東京湾の再生をめざして−」提言の紹介
(125)日本海沿岸における砂浜汀線域動物群集の地理的分布とその予測
(126)メガイアワビ天然稚貝と人工種苗の消化酵素活性の比較
(127)スルメイカの流通と需給動向
(128)平成23年度海洋水産資源開発事業報告書(ひきなわ:タチウオ〈豊後水道周辺海域〉)
(129)飼育試験による形態異常発生要因の検討事例(開鰾と形態異常の関係について)
(130)イカ類の需給及び流通動向に関する事例的考察(八戸地区)
(131)平成25年度沖縄沿岸域の総合利活用推進事業に関する委託研究「沿岸性魚類の行動生態と生態的機能の解明」 細目2:藻食魚類がもつサンゴ着生促進の可能性の解明
(132)平成25年度沖縄沿岸域の総合利活用推進事業に関する委託研究 「沿岸性魚類の行動生態と生態的機能の解明」 細目3:主要沿岸魚類の新たな成育場の探索
(133)天然海域における産卵親魚の生理特性の解明
(134)人工採苗アカハタ幼魚における鼻孔隔皮切断による外部標識の有効性
(135)日本海北部青森県海域で採集されたヒラメ Paralichthys olivaceusの年齢と寿命
(136)Stress inhibits insulin release induced by feeding and arginine injection in barfin flounder, Verasper moseri
(137)亜熱帯藻場・干潟域の成育場機能とシロクラベラの生き残り戦略
(138)北海道厚岸湖におけるアサリの個体群動態
(139)The mysterious ecology of the symbiotic relationship between corals and algal symbionts
(140)石西礁湖における海洋環境モニタリング
(141)大分湾入津湾でのマダイ仔稚魚放流実験から見た孵化放流の可能性と限界
(142)アカムツの卵発生と仔魚の形態および耳石輪紋形成の日周性
(143)ワムシ培養管理型飼育によるヒラメ種苗生産の省コスト化 その1
(144)ワムシ培養管理型飼育によるヒラメ種苗生産の省コスト化 その2
(145)サンゴ礁域における沿岸海洋環境と低次生産の把握
(146)市場調査の取り組みと成果
(147)平成25年度ニシン種苗生産の結果概要
(148)大津波でアワビ・ウニはどうなったのか?これからどうなるのか?
(149)平成24年度海洋水産資源開発事業報告書(ひきなわ:タチウオ〈豊後水道周辺海域〉)
(150)生態系ネットワーク修復による持続的な沿岸漁業生産技術の開発、エゾアワビおよび藻場の再生産ネットワーク構造の解明と再生による資源造成技術の開発、藻場回復の適地選定手法の開発とその実証
(151)平成25年度沖縄沿岸域の総合利活用推進事業に関する委託研究「 沿岸性魚類の行動生態と生態的機能の解明」   細目4:成育場をもつ魚類の幼魚期の生態の解明
(152)暖流系アワビに対するタイプ別藻場の機能と適正な空間配置の推定
(153)Microhabitat association in white-streaked grouperEpinephelus ongus: importance ofAcroporaspp.
(154)Preliminary observations of spawning behavior of white-streaked grouper (Epinephelus ongus) in an Okinawan coral reef
(155)Post-Release Performance and Assessment of Cage-Conditioned Japanese Flounder, Paralichthys olivaceus, in Wakasa Bay, Japan
(156)Do Japanese consumers care about sustainable fisheries? Evidence from an auction of ecolabelled seafood
(157)Spawning migration and returning behavior of white-streaked grouper Epinephelus ongus determined by acoustic telemetry
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030203492
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat