(イ)沿岸域の漁場環境の保全及び修復技術の開発

(イ)沿岸域の漁場環境の保全及び修復技術の開発

課題番号2013023173
研究機関名水産総合研究センター
研究期間2011-2015
年度2013
研究問題(2)研究開発等の重点的推進
大課題イ.沿岸漁業の振興のための水産資源の積極的な造成と合理的利用並びに漁場環境の保全技術の開発
中課題(イ)沿岸域の漁場環境の保全及び修復技術の開発
大項目第2 国民に対して提供するサービスその他の業務の質の向上に関する目標を達成するためとるべき措置
中項目1 研究開発等
摘要 藻場について、相模湾におけるガンガゼの効果的な駆除時期など、植食動物の採食影響の軽減手法を地元の漁業協同組合に提示した。 また、大分県地先の漁場において、イセエビの着底場、保育場及び成育場の一体的な形成実験に成功するとともに、天然藻場の実態把握に基づき、生物量や生物相が豊かな岩礁性藻場形成の海域実証試験に着手した。
 干潟について、アサリ等を餌とするカレイ類及びベントスの食性、成長、生残等に関して、広島湾、燧灘及び周防灘等での野外調査を実施し、海域間での比較を進めた。 また、 燧灘の漁場において、アサリの保護、 育成に適した被せ網等の利用技術を開発した。
 砂浜について、鹿島灘海岸でモデルによる長期・広域海浜変形の再現性を確認・評価した。遠州灘海岸で養浜施工後に海浜が平坦化することを把握するとともに、新潟海岸では砂表面のサクション値(水を吸引する圧力)の大小を指標として砂浜底生生物の帯状分布特性を統一的に解析できることを世界で初めて明らかにした。さらに、主として水温がスズキ等の魚類稚魚や底生生物の分布に大きく影響することを明らかにした。
  瀬戸内海東部の各海域(大阪湾、播磨灘及び備讃瀬戸等)における栄養塩(溶存態無機窒素)の挙動及び収支を推分率が高い水域ほど 甲殻類が多いことなど、ベントス群集の現存量及び組成と底質等の生息環境の特徴を明らかにするとともに、複数の漁場での既往データ等の調査結果から、一次生産量が多いほどアサリの生産量が多いことを検証した。
 サザエ幼生の着底率及び着底基質となる有節サンゴモの生残率は、高い二酸化炭素分圧下で低下することを飼育実験により把握し、これらの影響が日中の光合成により緩和されることを見いだした。
研究分担岡村和麿
浜口昌巳
桑原久実
堀正和
松山幸彦
阿保勝之
内田基晴
崎山一孝
高田宜武
菅谷琢磨
澁野拓郎
高見秀輝
樽谷賢治
吉村拓
山田秀秋
吉田吾郎
辻野睦
坂西芳彦
亘真吾
伊藤篤
協力分担関係北海道大学 北方生物圏フィールド科学センター
港湾航空技術研究所
愛媛大学南予水産研究センター
独立行政法人国立環境研究所
予算区分水産庁・その他 環境省競争的資金 環境省・その他
業績(1)軽量・簡易バケット型採泥器の性能
(2)東日本大震災に伴う宮城県沿岸のアマモ・タチアマモ群落への影響とその後の変動
(3)Demersal fish community in nearshore waters off Niigata in the northern Sea of Japan
(4)中津干潟におけるアサリ高密度着底場の物理環境
(5)生活史初期におけるエゾバフンウニの好適餌料の検討
(6)携帯型通信機器を利用したアサリ稚貝情報収集の試み
(7)タイラギ2型を簡便・迅速に判別する遺伝学的手法の開発
(8)日本海沿岸の藻場に及ぼす温暖化の影響評価
(9)佐渡島両津湾沿岸におけるアマモ場の群落構造について
(10)潜砂基質と流速がアサリ稚貝の成長に及ぼす影響
(11)有明海産アサリの濾水活動、成長、生残に無機懸濁物が与える影響
(12)磯焼けの症状と原因、対処療法について
(13)再生藻場の水産涵養効果について
(14)生物環境の調査法
(15)平成25年度アサリ研究会活動状況
(16)平成25年度二枚貝類飼育技術研究会活動状況
(17)大阪湾における底質環境とマクロベントスの変化
(18)大分県委託事業「イセエビの幼生着底に関する調査」中間報告
(19)微小生物(細菌類、微細藻類、メイオベントス)の多様性評価 メイオベントスの多様性評価
(20)タイラギ天然採苗技術の開発
(21)ノトイスズミの行動特性について
(22)平成25年度環境省請負業務結果報告書「有明海・八代海等再生評価支援(有明海二枚貝類の減少要因解明等調査)」
(23)三次元GISによる地形情報に基づくカレイ類の好適な生息景観構造と生息地間結合度の評価技術の開発
(24)有明海奥部における物質循環過程の解明と二枚貝類による漁場環境修復効果の評価
(25)Vertical zonation and aggregated distribution of the Manila clam on subtidal sand flats in a coastal brackish lagoon along the Sea of Japan
(26)Species diversity of the marine diatom genus Skeletonema in Japanese brackish water areas
(27)三浦半島西岸荒崎におけるコベルトカニモリの生息状況
(28)愛媛県沿岸におけるアマモ群落および形態特性とその多様性
(29)内田基晴:私なりの里海論・里海感・里海的取組−里海の概念の具象化に向けて−PartⅡ 企画趣旨
(30)軽量・簡易バケット採泥器の性能
(31)鹿島灘〜九十九里沿岸におけるチョウセンハマグリ浮遊幼生分布モニタリング
(32)研究の幅と研究者の幅
(33) マタンマングローブ河口域生態系における炭素・窒素安定同位体比による落葉有機物利用実態の検証
(34)海の公園(横浜)と中津干潟のメイオベントス(特に線虫類)の比較
(35)平成25年度海洋調査実施経過報告
(36)イセエビの幼生着底に関する調査報告書
(37)二枚貝母貝生息域の特定、保全調査
(38)ネットワークの連結度評価のための高精度遺伝子解析技術開発
(39)有明海・八代海等再生評価支援(有明海二枚貝減少要因解明等調査)業務報告書「(1)二枚貝類の母貝生息域の特定、保全調査」
(40)二枚貝生息に浮泥が及ぼす影響の解明調査
(41)私なりの里海論・里海感・里海的取り組み        −里海の概念の具象化に向けて−
(42)鹿児島県喜入・指宿で採取したSaccostrea 属カキの遺伝子並びに形態解析
(43)Trade-offs between provisioning and regulating services in seagrass ecosystem
(44)沿岸域の生態系ネットワーク再生による生態系サービス向上への取り組み
(45)統計モデルを用いたアサリ好適環境条件の把握
(46)瀬戸内海における溶存態有機窒素(DON)の分布
(47)東京湾における垂下二枚貝養殖の可能性
(48)宮城県沿岸の岩礁藻場生態系における東日本大震災後の遷移
(49)生態学者と農林水産業
(50)イスズミ類の行動特性の解明と藻場への影響度の評価
(51)Assessing Environmental Interactions of Marine Aquaculture; Japan
(52)九州西方および山口県海域における2013年夏季の高水温と水温の長期変動傾向について
(53)瀬戸内海における栄養塩等情報交換会について
(54)鹿島灘〜九十九里におけるチョウセンハマグリ浮遊幼生の広域モニタリングについて
(55)研究の幅と研究者の幅
(56)Suomi NPPによる観測データの利用について
(57)クルマエビ浮遊幼生の迅速簡便な検出技術の開発
(58)生活史ステージ間の移動分散を考慮したカレイ類の空間資源解析技術の開発
(59)東部瀬戸内海における窒素・リンの動態解明と栄養塩管理技術の開発
(60)垂下養殖のアサリは干潟よりも高成長を立証
(61)アサリ稚貝飼育水槽内に侵入したイソギンポによる要注意外来種ムラサキイガイの選択的捕食例 −イソギンポを用いたムラサキイガイ駆除の可能性
(62)水中の光環境の季節変動が褐藻アントクメの純生産量に与える影響
(63)Genetic and morphological differentiation in the Sakura shrimp (Sergia lucens) between Japanese and Taiwanese populations
(64)京都府伊佐津川および由良川における淡水性エビ類の分布
(65)Effect of the Great East Japan Earthquake on Eisenia bicyclis bed ecosystems selective removal of herbivores.
(66)日本海砂浜沿岸域における小型ベントスの多様性とその予測
(67)沿岸浅場のベントス食物網を改変する大型海藻の堆積
(68)北米西海岸のアマモ場における日本原産の移入基盤種の影響評価
(69)流動数値解析を用いた沿岸域の海洋環境と生物生産の予測最前線
(70)地形効果を考慮した沿岸性藻場分布への津波の影響評価
(71)新潟県越前海岸の底生微細藻類群集が有する塩分に対する反応の多様性
(72)ノリ養殖と栄養塩との関係をマクロスケールでとらえる
(73)3)魚介類の資源需要と適切な保育場規模の推定
(74)アサリの殻から産地を推定ー非対称殻模様の出現頻度で分かる地域差ー
(75)再生藻場の水産涵養効果について(稚イセエビ、クロアワビ)
(76)「平成25年度漁場温暖化対策推進費」藻場・干潟等の炭素吸収源評価と吸収機能向上技術の開発委託事業(2)九州の藻場面積の情報収集並びに生産量、現存量の調査 平成25年度末報告書
(77)細菌類の多様性評価
(78)平成25年度環境省請負業務結果報告書有明海・八代海等再生評価支援(有明海二枚貝類の減少要因解明等調査)2.二枚貝類生息に浮泥が及ぼす影響の解明調査1)浮泥の物理・化学的性状把握と海洋環境(貧酸素水塊)モニタリング
(79)全国評価のための現地調査並びに補完調査の実施(総括)
(80)炭素吸収量評価のための藻場・干潟炭素循環モデルの開発と分析
(81)Annual report of western Seto Inland Sea (Core Site)
(82)東北の藻場面積の情報収集並びに生産量,現存量の調査
(83)Life history of the amphidromous shrimp Caridina leucosticta (Decapoda: Caridea: Atyidae) in the Isazu River, Japan
(84)Impacts of ocean acidification on planktonic organic matter production: Microcosm experiments using iron deficient plankton communities in open subarctic waters
(85)Distribution of Cellulase Activities in Acetes Shrimps Living in the Matang Mangrove Forest Reserve, Malaysia
(86)Effect of the Great East Japan Earthquake on Zostera meadows in the coastal area close to the epicenter
(87)広島湾・周防大島におけるヒジキの季節消長
(88)密度と流速がアサリ稚貝の成長に及ぼす影響
(89)有明海のカキ礁を構成するカキ類3種のろ水速度
(90)Possible effects of terrestrial managements on seagrass ecosystem functionings
(91)有明海におけるタイラギの個体群特性の長期変遷:30年間の変動から見る 資源量減少の要因
(92)有明海最奥部における物質循環過程の解明と二枚貝類による漁場環境修復効果の評価
(93)平成25年度海面養殖業振興対策事業のうち 新たなノリ色落ち対策技術開発のうち 「沿岸海域の栄養塩管理技術の開発委託事業」成果報告書
(94)瀬戸内海における適正な栄養塩供給による漁場改善実証試験
(95)DECREASE OF ABALONE RESOURCES WITH DISAPPEARANCE OF MACROALGAL BEDS AROUND THE OJIKA ISLANDS, NAGASAKI, SOUTHWESTERN JAPAN.
(96)18S rRNA遺伝子による広島湾潮間帯における海産自由生活性線虫類の遺伝的解析
(97)数値解析を用いた伊勢湾アサリの幼生輸送と着定基質の安定性に関する考察
(98)近年の九州山口沿岸における藻場環境の変動例とその原因について
(99)東日本大震災に伴う宮城県沿岸のアマモ場への影響と遷移
(100)低次生産過程に関する解析モデルについて
(101)瀬戸内海のホンダワラ類5種の窒素含量の季節変化と水中栄養塩濃度の関係
(102)造成藻場のイセエビなどに対する機能の評価
(103)瀬戸内海ブロックにおける海況の特徴と長期変動
(104)有明海の二枚貝資源回復と母貝団地構築のための幼生ネットワーク解明
(105)タイラギ3亜種の全国分布調査
(106)平成25年度漁場環境・生物多様性保全総合対策委託事業赤潮・貧酸素水塊対策推進事業九州海域での有害赤潮・貧酸素水塊発生機構解明と予察・被害防止等技術開発報告書3.有明海における貧酸素水塊による漁業被害防止対策
(107)北海道の藻場面積の情報収集並びに生産量,現存量の調査
(108)遺伝子を用いたカレイ類のネットワ−ク構造評価技術の開発
(109)平成25年度漁場環境・生物多様性保全総合対策事業のうち赤潮・貧酸素水塊対策推進事業「漁場生産力向上のための漁場改善実証試験」報告書
(110)平成25年度水産基盤整備調査委託事業年度報告書(アサリ資源回復モデルの開発と実証)
(111)モニタリングサイト1000沿岸域調査:アマモ場調査
(112)藻場の資源供給サービスの定量・経済評価と時空間変動解析による沿岸管理方策の提案:藻場の生物群集および生産構造を規定する環境要因の探索
(113)藻場・干潟の炭素吸収量の全国評価の検討・実施
(114)Effects of low pCO2 conditions on sea urchin larval size
(115)Role of suction in sandy beach habitats and the distributions of threeamphipod and isopod species
(116)Effects of diet and temperature on post-settlement growth and survival of short-spined sea urchin Strongylocentrotus intermedius
(117)Phytoplankton Biomass Dynamics in the Strait of Malacca within the Period of the SeaWiFS Full Mission: Seasonal Cycles, Interannual Variations and Decadal-Scale Trends
(118)千葉県富津・盤洲干潟におけるカイヤドリウミグモ調査のための3次元サイドスキャンソナーによる海底地形図作成
(119)壱岐市郷ノ浦町地先におけるクロメの純生産量と脱落量の季節変化
(120)シンポジウム:もり・かわ・うみの保全と再生「魚の餌としてのアサリ −干潟の餌環境の指標としてのアサリ資源の変動が瀬戸内海の魚類生産へ及ぼす影響−〈講演〉」
(121)Trade-offs among ecosystem services in seagrass ecosystem: eelgrass shoot density affects the relative importance between provisioning and regulating services
(122)水清くして魚住まず?-変わりゆく水圏環境へのリクエスト-
(123)沿岸漁業を支えるアマモ場〜藻場だけ見ていてもわからない藻場の重要性〜
(124)デジカメでみたアサリ漁場の一日
(125)海草藻場のパッチ状分布が小型無脊椎動物の機能群多様性の空間異質性を促進する:機能群構造決定機構における環境と空間の相対的重要性
(126)日本海沿岸における砂浜汀線域動物群集の地理的分布とその予測
(127)貧栄養化による沿岸・内湾域の低次生態系構造の変化
(128)常磐沿岸域における流動場の季節変動要因
(129)Marine Aquaculture Legistlative Frameworks and EnvironmentalInteractions Research in PICES Member Countries; Japan
(130)Ⅲ-2 アサリ垂下養殖の取り組み
(131)統合解析
(132)平成25年度「道東海域の雑海藻駆除技術の高度化の検討」実績報告書
(133)生態系ネットワークの修復と景観の再生によるカレイ類の資源回復・生態系修復技術の開発
(134)海の中の細菌相の多様性を「見える化」して調べる
(135)有明海における貧酸素水塊モニタリングの高度化
(136)底生生物の生息環境指標としての底質の硬度
(137)東日本大震災による藻場・干潟生態系の撹乱とその後の回復過程
(138)リシケタイラギ濾水活動シミュレーションの可視化実験による検証
(139)有明海の堆積物によるアンモニウムイオンの吸脱着
(140)瀬戸内海のアマモ場の消長とアイゴ食害との関係〜2011年の事例〜
(141)長崎市沿岸の藻場における海洋環境の特性
(142)ちょっと気になるアイゴの繁殖特性
(143)西部瀬戸内海栄養塩環境研究会について
(144)3) 魚介類の資源需要と適切な保育場規模の推定
(145)瀬戸内海海底からのリン酸塩・ケイ酸塩フラックス測定法の検討
(146)生態系構造の変化に伴うヒステリシスとその脆弱性
(147)アマモ・ガラモの枯死分解にともなって形成される 動物群集の特性 
(148)アサリをモデルとした大阪湾および周辺海域の干潟生物ネットワークの解明(その2)
(149)Report of Working Group 24 on Environmental Interactions of Marine Aquaculture
(150)江戸前の復活!東京湾の再生をめざして
(151)食害深刻域の実態解明
(152)食害深刻海域における実態調査
(153)江戸前の復活!東京湾の再生に踏み出すために
(154)マクロベントスの多様性評価
(155)岩礁海域における環境及び生物多様性調査
(156)砂質浅海域における環境及び生物多様性調査
(157)モデル海域におけるネットワ−ク分断箇所の特定
(158)有明海奥部における冬季の水質モニタリングの高度化(有明海におけるノリ色落ち原因ケイ藻の出現特性の解明と発生予察技術の開発)
(159) 魚介類の資源需要と適切な保育場規模の推定
(160)本州中央部の藻場面積の情報収集並びに生産量、現存量の把握
(161)Variable processes that determine population growth and an invariant mean-variance relationship of intertidal barnacles
(162)常磐沿岸域における底層環境・懸濁物動態に関する現地観測
(163)Effects of sediment hardness on the upper limit of the distribution of the burrowing amphipod Haustrorioides japonicus on sandy shores: a field evaluation
(164)新潟県の砂浜海岸汀線域における底質硬度と飽和状態との関係
(165)瀬戸内海山口湾における絶滅危惧種アオギスSillago parvisquamis(キス科)の標本に基づく生息と繁殖の確認
(166)瀬戸内海山口湾で採集された準絶滅危惧種ショウキハゼTridentiger barbatus(ハゼ科)の生息と産卵の確認
(167)マガキガイStrumbus luhuanusの繁殖生態:漁獲圧の異なる2地域間の比較
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030203493
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat