(オ)赤潮プランクトン等有害生物の影響評価・発生予測・被害軽減技術の開発

(オ)赤潮プランクトン等有害生物の影響評価・発生予測・被害軽減技術の開発

課題番号2013023176
研究機関名水産総合研究センター
研究期間2011-2015
年度2013
研究問題(2)研究開発等の重点的推進
大課題イ.沿岸漁業の振興のための水産資源の積極的な造成と合理的利用並びに漁場環境の保全技術の開発
中課題(オ)赤潮プランクトン等有害生物の影響評価・発生予測・被害軽減技術の開発
大項目第2 国民に対して提供するサービスその他の業務の質の向上に関する目標を達成するためとるべき措置
中項目1 研究開発等
摘要 有害赤潮の短期動態予測技術を開発するため、大型自動観測ブイ4基及び水温ブイ5基を有明海及び八代海に設置してモニタリング網の 整備を行い、データを迅速に一般向けに公開するシステムを開発・改良して運用を開始した。八代海のシスト密度及び冬季気温から、遊泳細胞の初認日を推定する手法を開発するなど、現場観測データの解析を行うとともに、 3次元流動モデルを用いて八代海での流動水塊特性への外海水の影響を推定するなど、流動モデルの検証を行った。
 有害赤潮藻シャットネラ属について、珪藻との競合関係、栄養特性、増殖に関与する遺伝子に関する情報、光の波長によるシスト発芽への影響を調べた。有害赤潮藻カレニア・ミキモトイについて、細胞分裂の各段階におけるDNA合成様態、増殖への塩分や栄養塩の影響等を 明らかにした。また、ノリ色落ち原因珪藻アステロプラヌス・カリアヌスの増殖と水温との関係、栄養塩摂取速度など、有害赤潮プランクトン及び競合生物の生理生態的特性を明らかにした。
 有害赤潮渦鞭毛藻カレニア・ブレビスに形態的に酷似するカレニア・パピリオナシーを特異的に検出する分子生物学的手法を開発した。また、シャットネラ属の発現遺伝子情報を網羅的に蓄積した。さらに、底泥からのDNA抽出に基づくシャットネラ属の効率的な検出・同定 方法を開発した。これらの手法を都道府県の現場担当者に普及するため「新奇有害プランクトン同定研修会」を開催した。
 有害赤潮による魚介類のへい死機構を把握するため、カレニア・ミキモトイの無菌化培養株を用い、マアジ等の生体並びに鰓培養細胞を用いた魚毒性試験を実施し、 これら試験手法の有効性を確認した。さらに、 魚類の赤潮耐性を強化する手法を開発するため、マアジを供試魚として、餌止めによるへい死軽減効果及び酸素消費量の抑制によるへい死軽減効果を推定した。貝類のへい死原因藻ヘテロカプサ・サーキュラリスカーマ発生時期の海水及び底泥から、殺藻因子の特異的出現を確認した。また、珪藻感染ウイルスについて、水温や塩分が殺藻効果や珪藻の増殖に及ぼす影響の種間差を明らかにした。カレニア・ミキモトイの鉛直分布、極大層の環境条件を明らかにし、 中層か ら表層へ細胞を浮上させる中空パイプ曳航法の開発を試みた。併せて、有害赤潮鞭毛藻類の鉛直移動リズム、強光阻害、遊泳行動への光の影響の種間差を調べ、赤潮藻の光による行動制御の可能性を示した。さらに、小型赤潮防除装置の開発、低濃度過酸化水素の添加による魚毒性の失活の確認など、有害赤潮プランクトン制御技術の開発を継続した。
 黄海〜東シナ海北部海域や対馬近海域において、民間船舶(国際フェリー)による目視調査及び調査船による分布調査を実施し、大型クラゲの発生や出現過程の実態解明を行った。韓国の排他的経済水域での調査船調査を実施し、計量魚群探知機を用いた大型クラゲ等の鉛直的な分布状況を把握した。また、 平衡器官である平衡胞の重量による日齢査定方法を開発し、大型クラゲの初期生態の推定を行った。第10回日中韓大型クラゲ国際ワークショップ等を通じて、大型クラゲ発生源水域の推定及び発生状況に関する国際的な情報交換を行うととも に、モニタリング調査と国際共同調査を実施し、 出現特性の把握を行った。
研究分担木元克則
山田東也
加藤修
山村織生
郄尾芳三
岡村和麿
井口直樹
豊川雅哉
樽谷賢治
渡邊達郎
松山幸彦
外丸裕司
清水学
桑原隆治
坂本節子
山口峰生
鬼塚剛
長井敏
中山奈津子
紫加田知幸
協力分担関係広島大学
山形大学
独立行政法人水産大学校
名古屋大学地球水循環研究センター
高知大学
予算区分水産庁・その他 その他
業績(1)有毒化学物質の蓄積試験結果解析における2コンパートメントモデルの利用
(2)珪藻Chaetoceros tenuissimusに感染するDNA/RNAウイルスの増殖に与える水温の影響
(3)バクテリア存在下で誘導される、珪藻Chaetoceros tenuissimusのウイルス抵抗性
(4)海産渦鞭毛藻に寄生するツボカビの形態学的特徴と分子系統解析
(5)Distribution of Nemopilema nomurai around the Tsushima Strait in July 2013.
(6)Particle tracking experiments in the East China Sea and the Yellow Sea in 2008-2013
(7)LAMP法を利用した豊後水道域におけるカレニア越冬細胞の広域調査
(8)韓国水域における大型クラゲ出現情報の収集分析調査
(9)事業検討会および有害プランクトン同定研修会の開催
(10)平成25年度漁場環境・生物多様性保全総合対策委託事業 赤潮・貧酸素水塊対策推進事業 九州海域での有害赤潮・貧酸素水塊発生機構解明と予察・被害防止等技術開発 2.九州北部海域における有害赤潮等発生監視と発生機構の解明
(11)大型クラゲ国際共同調査(東シナ海域)
(12)赤潮・貧酸素水塊広域連続観測技術の開発
(13)冬季に大型クラゲの個体密度が低下する要因
(14)Species diversity of the marine diatom genus Skeletonema in Japanese brackish water areas
(15)Maternal-to-fetal transfer and concentration profiles of PCB
(16)北海道に来遊するトトの生態と漁業被害
(17)日本沿岸に出現する有害渦鞭毛藻Cochlodiniumpolykrikoides のリボタイプおよびCochlodiniumsp. Type-Kasasaを判別検出するためのLAMP法の開発
(18)有明海におけるビゼンクラゲの出現状況など
(19)漁場環境保全を目指した海洋研究のフロンティア
(20)大型クラゲの分布および行動を調べる方法
(21)Viral impact on phytoplankton blooms.
(22)佐渡島周辺における沿岸捕捉波の南北風との共鳴による増幅
(23)Economic Characteristics of Fish Stocks in the Subarctic Ocean
(24)シャットネラ等による漁業被害防止、軽減技術開発
(25)細胞周期マーカーによるカレニア等有害赤潮鞭毛藻の現場増殖活性評価手法の開発
(26)九州北部海域における有害赤潮等発生監視と発生機構の解明
(27)東シナ海及びその隣接水域における大型クラゲモニタリング調査<東シナ海域調査>
(28)カレニア属等有害赤潮鞭毛藻の簡易検出、同定・定量法の開発
(29)Heterocapsa circularisquama感染性ウイルスを含む現場海底泥を利用した赤潮抑制に関する検討
(30)河川水が流入する海域における有色溶存有機物(CDOM)を利用した海色衛星からの海面塩分の推定法
(31)New single-stranded DNA virus with a unique genomic structure that infects marine diatom Chaetoceros setoensis
(32)橘湾へのChattonella赤潮流入過程
(33)珪藻のウイルス抵抗性はバクテリアの存在によって誘導される
(34)有明海奥部干潟に形成されるカキ礁での魚類出現状況
(35)珪藻のウイルス抵抗性はバクテリアの存在によって誘導される
(36)生態学者と農林水産業
(37)音響カメラによる水産生物行動の観察
(38)近年のトド来遊動向
(39)北海道における強化刺網の改良・実証試験
(40)大規模上陸場へのトド上陸阻止の漁業被害防除効果判定
(41)海色衛星・数値モデルを活用した東シナ海大陸棚・黄海南部における夏季塩分モニタリング
(42)シャットネラ等の魚介類への影響、毒性発現機構の解明(赤潮・貧酸素水塊対策推進事業)
(43)八代海における赤潮モニタリングの高度化
(44)平成25年における赤潮発生状況と海況の特徴
(45)八代海・鹿児島湾における有害赤潮等分布拡大防止④八代海における赤潮発生メカニズムの解析
(46)Planktonic ciliates as food for the scyphozoan Aurelia aurita (s.l.):Effects on asexual reproduction of the polyp stage
(47)能登半島西部陸棚上における流れの季節変動特性
(48)Semi-automated detecton of giant jellyfish Nemopilema nomurai by echo trace analyses on high resolution echograms
(49)LAMP法導入による赤潮モニタリング技術の飛躍的発展
(50)珪藻DNA/RNAウイルスの増殖と水温の関係
(51)Distribution of Nemopilema nomurai in the Tsushima Strait by visual observation from a ferry "New Camellia" in 2013
(52)Distribution of Nemopilema nomurai in the offshore waters of the Japan Sea in the autumn of 2013
(53)有害ラフィド藻Chattonella antiquaの培養株によるヒラメ生残への影響評価
(54)赤潮渦鞭毛藻Karenia mikimotoiの中層定位と光環境との関係
(55)マルチプレックスリアルタイムRT-PCRを用いた海底泥からのウイルスHcRNAV定量の可能性
(56)有害渦鞭毛藻カレニア・ミキモトイを殺藻するウイルス
(57)系群解析
(58)繁殖場調査
(59)ノリ色落ち珪藻の発生モニタリング・発生機構解明・予察技術開発、赤潮・貧酸素②ノリ色落ち原因ケイ藻の生物学的諸特性の解明、ア.ノリ色落ち原因珪藻類の個体群構造の解明と分子同定技術の開発
(60)沿岸海域有害赤潮広域分布情報システムによる赤潮情報等の迅速な収集と公表
(61)LAMP法を利用した豊後水道域におけるカレニア越冬細胞の広域調査
(62)トド被害防除対策としての強化刺網開発
(63)赤潮藻Karenia mikimotoiにおける鉛直方向の走性に及ぼす光環境の影響
(64)Heterocapsa circularisquama赤潮
(65) Heterosigma akashiwo赤潮
(66)有明海のカキ礁を構成するカキ類3種のろ水速度
(67)有害渦鞭毛藻感染性ウイルスHcRNAVに対するマルチプレックスリアルタイムRT-PCR法の開発
(68)Biomass and body CNP composition of Nemopilema nomurai in Japanese waters
(69)珪藻感染性ウイルスに関する生態学的研究
(70)カキの卵巣肥大症を引き起こす Marteilioides chungmuensis の海水中からの直接検出法
(71)佐伯湾における赤潮渦鞭毛藻Karenia mikimotoiの増殖動態と環境条件との関係Ⅱ:従属栄養性プランクトンの影響
(72)赤潮プランクトンChattonella antiquaのブリに対する影響
(73)有明海生態系回復方策検討調査(二枚貝類の環境浄化機能解明調査)
(74)大型クラゲ国際共同調査(東シナ海域調査)
(75)日本海沿岸航空機目視調査
(76)国際フェリー目視(博多ー釜山間)
(77)800x600 現場ミクロコズムを用いたカレニア等有害赤潮鞭毛藻の動態と環境条件との関係の解明 Normal 0 0 2 false false false EN-US JA X-NONE MicrosoftInternetExplorer4
(78)カレニア等有害赤潮鞭毛藻の光合成活性,日周鉛直移動と環境条件との関係
(79)④カレニア等有害赤潮鞭毛藻による魚介類斃死機構の解明と斃死防止技術の開発 ア. カレニア等有害赤潮鞭毛藻による斃死原因の特定とアッセイ系の構築
(80)魚類との相互作用、モデリングに基づくミズクラゲ発生予測
(81)Utilization of phosphate diesters by phosphodiesterase-producing marine diatoms
(82)九州西方海域表層におけるクロロフィルaとSynechococcusの季節変化
(83)赤潮原因渦鞭毛藻類Karenia mikimotoiの中層定位と光環境との関係
(84)Normal 0 0 2 false false false EN-US JA X-NONE RS/GISを用いた震災前後での藻場の空間分布比較
(85)Enumeration of a dinoflagellate-infecting ssRNA virus by multiplex real-time PCR
(86)新奇凸凹表面寒天プレートを用いた珪藻の培養と応用例
(87)2013年夏季に八代海で観測された亜表層クロロフィル極大
(88)日本海沖合域における2013年秋季の大型クラゲの分布特性
(89)山陰沿岸汽水域に出現したAlexandrium ostenfeldii I. 栄養細胞とシストの形態,分布密度および分子系統解析
(90)自動撮影カメラによる上陸場観察(雄冬・北側斜路・送毛・磯谷)
(91)平成25年度漁場環境・生物多様性保全総合対策委託事業赤潮・貧酸素水塊対策推進事業九州海域での有害赤潮・貧酸素水塊発生機構解明と予察・被害防止等技術開発報告書3.有明海における貧酸素水塊による漁業被害防止対策
(92)研究開発の概要
(93)ノリ色落ち原因珪藻類の物理・化学的要因に対する増殖特性,生活史応答の把握
(94)トド 北太平洋沿岸・オホーツク海・ベーリング海
(95)宇和海における有害赤潮広域監視システムに関する技術開発
(96)カレニア等有害赤潮鞭毛藻の物理・化学的要因に対する増殖特性、生活史応答の把握
(97)Effects of salinity on diel vertical migration behavior in two red-tide algae, Chattonella antiqua and Karenia mikimotoi.
(98)Seasonal variation of polyp colonies of Aurelia aurita sensu lato near the mouth of Mikawa Bay
(99)夏季諫早湾口表層水の橘湾流入特性
(100)能登半島西部陸棚上における流れの季節変動特性
(101)西日本海域における赤潮藻Karenia mikimotoiの日周鉛直移動・中層定位と光環境との関係
(102)有害有毒プランクトンの分類・生態・生活史・個体群動態 6. Cochlodinium polykrikoides 赤潮
(103)播磨灘に発生したミドリシオ原因藻類Lepidodinium chlorophorumの増殖に及ぼす水温および塩分の影響
(104)Physical environment in the Yellow Sea and East China Sea in 2013
(105)Semi-automated acoustic detection of Nemopilema nomurai using shape of echoes on high resolution echograms
(106)能登半島周辺海域における流れの季節変動特性
(107)培養された渦鞭毛藻Karenia mikimotoiのブリ幼魚に対する致死性の検討
(108)LAMP法を用いた赤潮原因生物の検出・同定手法開発の現状と課題
(109)日本海広域航空機目視調査
(110)ロシアにおけるトド資源量について
(111)有明海奥部における冬季の水質モニタリングの高度化
(112)平成25年度漁場環境・生物多様性保全総合対策委託事業赤潮・貧酸素水塊漁業被害防止対策事業 九州海域での有害赤潮・貧酸素水塊発生機構と予察・被害防除技術開発「シャトネラ等の魚介類への影響、毒性発現機構の解明」報告書
(113)有明海における貧酸素水塊モニタリングの高度化
(114)沿岸海域有害赤潮広域分布情報システムの開発
(115)Co-occurrence of Heterocapsa Circularisquama Bloom and Its Lytic Viruses in Lake Kamo, Japan, 2010
(116)Tsushima Warm Current paths in the southwestern part of the Japan Sea
(117)渦鞭毛藻シストの休眠・発芽の誘導・制御機構に関する研究−シストの光発芽環境
(118)次世代シーケンサーを用いたトド(Eumetopias jubatus)のマイクロサテライトマーカーの開発と遺伝子解析への応用
(119)Environmental factors affecting occurrence patterns of Chattonella blooms in Yatsushiro Sea, Japan
(120)Distribution of Nemopilema nomurai in the East China Sea in 2013
(121)植物プランクトンの死滅・減衰
(122)冬季豊後水道域における有害赤潮渦鞭毛藻Karenia mikimotoiの分布
(123)トド被害防除のための強化刺網の改良
(124)有毒渦鞭毛藻Alexandriumに寄生する真核微生物
(125)生体捕獲調査
(126)赤潮原因藻類殺藻ウイルスの形態観察および定量系開発
(127)東シナ海及びその隣接水域等における大型クラゲモニタリング調査 <中国水域調査>・<中国沿岸域調査>
(128)平成25年度有害生物出現調査並びに有害生物出現情報収集・解析及び情報提供委託事業 調査結果報告書
(129)平成25年度漁場環境・生物多様性保全総合対策委託事業 赤潮・貧酸素水塊対策推進事業 九州海域での有害赤潮・貧酸素水塊発生機構解明と予察・被害防止等技術開発 4.有明海におけるノリ色落ち原因ケイ藻の出現特性の解明と発生予察技術の開発
(130)平成25年度漁場環境・生物多様性保全総合対策委託事業赤潮・貧酸素水塊漁業被害防止対策事業 九州海域での有害赤潮・貧酸素水塊発生機構と予察・被害防除技術開発「シャトネラ等による漁業被害防止、軽減技術開発」報告書
(131)Isolation and characterization of a single-stranded DNA virus infecting the marine diatom Chaetoceros sp. strain SS628-11 isolated from western Japan
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030203496
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat