(カ)生態系における有害化学物質等の動態解明と影響評価手法の高度化及び除去技術の開発

(カ)生態系における有害化学物質等の動態解明と影響評価手法の高度化及び除去技術の開発

課題番号2013023177
研究機関名水産総合研究センター
研究期間2011-2015
年度2013
研究問題(2)研究開発等の重点的推進
大課題イ.沿岸漁業の振興のための水産資源の積極的な造成と合理的利用並びに漁場環境の保全技術の開発
中課題(カ)生態系における有害化学物質等の動態解明と影響評価手法の高度化及び除去技術の開発
大項目第2 国民に対して提供するサービスその他の業務の質の向上に関する目標を達成するためとるべき措置
中項目1 研究開発等
摘要 海洋生態系における有害化学物質の動態を解明するため、多環芳香族化合物のナフタレン及びフェナントレンをマコガレイへ経口投与 し、魚体への取り込み速度定数、排泄速度定数及び濃縮係数を求め、マコガレイ中の濃度は餌料中濃度以上には濃縮されないことなど、底生魚における多環芳香族化合物の蓄積性の一端を解明した。
 汚染された底質の間隙水について、約1,000種類の有害化学物質を対象とした網羅解析を行った。その際に、 多環芳香族化合物の標準物質を使用することにより、検出感度と分析精度の向上を図った。また、有害化学物質による汚染状況を推定するため、有害化学物質の使用形態や海域別の使用量、水溶解度や水中分解性等の環境動態に影響する情報の収集や先行調査事例の解析を行い、数値モデルによる予測環境中濃度の算出法を検討した。これに基づき、広島湾における防汚剤(ポリカーバメート)の予測環境中濃度を算出した。
 同一の底質試料から異なる溶媒を用いて抽出・検出された化学物質について、データベースに基づき毒性評価を行った。各溶媒を用いて算出された毒性の総量を比較することで、底質由来の有害化学物質の抽出技術の高度化を図った。また、ポリカーバメートのマコガレイ、 マダイ、珪藻及び鞭毛藻に対する毒性、 並びに多環芳香族化合物の貝類に対する毒性をそれぞれ評価した。
 化学物質分解能力に優れた環形動物種をスクリーニングし、最も高い分解能を示した海面養殖場下に生息する海産ミミズの種を同定した。また、海産ミミズの継代飼育が実験室内でも可能であることを確認した。海産ミミズの生息域における生物量調査により、春から夏にかけて個体重量が最大となること、夏季に成熟個体の割合が高くなり、冬季に成熟個体が観察されなくなること等を明らかにした。さらに、汚染底質に曝露した海産ミミズの発現遺伝子及び代謝物の網羅的解析を行い、薬物代謝酵素の活性化とそれに伴う体内代謝物を連動・調節しながら汚染底質に順応することを明らかにするとともに、体外に排泄する過程で有害化学物質を分解していることが示唆された。
研究分担河野久美子
桑原隆治
持田和彦
蛺野健志
伊藤克敏
隠塚俊満
田中博之
大久保信幸
予算区分その他
業績(1)Bioconcentration of Waterborne Nitroarenes in Marbled Flounder Pleuronectes yokohamae
(2)研究の幅と研究者の幅
(3)防汚物質ポリカーバメートの海産生物に対する生態リスク評価
(4)Toxicity of degradation products of an antifouling biocide pyridine triphenylborane to marine organisms
(5)ポリカーバメート及びその主要分解産物の海産藻類及び甲殻類に対する毒性影響
(6)底質中PAHsの底生魚への移行
(7)生物機能を活用した環境修復
(8)研究の幅と研究者の幅
(9)平成25年度 大阪湾圏域の海域環境再生・創造に関する研究助成制度 研究報告書 大阪湾圏域の底質環境修復に向けた海産ミミズが有する有害化学物質削減能力の解明(その2)
(10)希少海産巻貝に及ぼす有害化学物質の影響評価
(11)Examination of digestive enzyme distribution in gut tract and functions of intestinal caecum, in megascolecid earthworms (oligochaeta: megascolecidae) in Japan
(12)マコガレイ飼育試験における多環芳香族化合物の蓄積特性
(13)有害化学物質の予測環境中濃度の算出
(14)数種の漁網用防汚物質の海洋環境における生態リスク初期評価
(15)防汚物質ポリカーバメートが珪藻と鞭毛藻の競合関係に及ぼす影響
(16)有害化学物質の海産魚に対する急性毒性反応の種間差
(17)体内代謝物の網羅解析による有害化学物質応答の影響評価法の開発
(18)Taxonomic Identity of a Tetrodotoxin-Accumulating Ribbon-worm Cephalothrix simula (Nemertea: Palaeonemertea): A Species Artificially Introduced from the Pacific to Europe.
(19)沿岸域の汚染底質へのバイオレメディエーション
(20)次世代シーケンサーを用いた海産ミミズが 有する汚染底質浄化メカニズムの解析
(21)階層ベイズモデルによるジチオカーバメート系農薬の広島湾濃度分布推定
(22)防汚物質2種の広島湾における生態リスク初期評価
(23)平成24年度 瀬戸内海区水産研究所シーズ研究 成果報告書 陸域由来の有害化学物質が赤潮原因藻類シャットネラと珪藻類の競合関係に及ぼす影響
(24)平成24年度 大阪湾圏域の海域環境再生・創造に関する研究助成制度研究報告書 大阪湾圏域の底質環境修復に向けた海産ミミズが有する有害化学物質削減能力の解明
(25)海産微細藻類に及ぼす有害化学物質の影響評価
(26)Toxicity of the antifouling biocide Sea-Nine 211 to marine algae, crustacea, and a polychaete
(27)底質の多環芳香族炭化水素(PAHs)による汚染状況と生物への影響
(28)海の底にも目を向けて!
(29)Relative Contribution of Endocrine-disrupting Chemicals to the Estrogenic Potency of Marine Sediments of Osaka Bay, Japan
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030203497
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat