(ア)クロマグロ及びウナギの種苗量産技術の開発

(ア)クロマグロ及びウナギの種苗量産技術の開発

課題番号2013023178
研究機関名水産総合研究センター
研究期間2011-2015
年度2013
研究問題(2)研究開発等の重点的推進
大課題ウ. 持続的な養殖業の発展に向けた生産性向上技術と環境対策技術の開発
中課題(ア)クロマグロ及びウナギの種苗量産技術の開発
大項目第2 国民に対して提供するサービスその他の業務の質の向上に関する目標を達成するためとるべき措置
中項目1 研究開発等
摘要 クロマグロ未成魚(人工2歳魚)の安全な長距離(奄美大島から長崎市)輸送技術及び大型陸上水槽への収容技術の開発に成功するとと もに、これら親魚候補群の陸上水槽における適正飼育条件の検討を行った。その結果、高水温時(26℃以上)や飼育海水に餌由来の濁りが発生した時に衝突死が発生しやすくなる傾向が認められた。
市販の親魚用配合飼料または生餌をクロマグロ親魚群に給餌し、それらから得られた受精卵の一般成分分析を行った結果、配合飼料給餌 区の方がDHA含量は少なく、脂質含量やビタミン類は多いことが判明した。クロマグロ成魚の人工消化実験系により、生餌に比べて市販魚 粉の消化性が劣ることを明らかにし、また、ブリをモデルにした親魚養成試験により、DHAを含むリン脂質に卵巣の発達を促進する効果が あることを明らかにした。
平成24年度に開発したクロマグロ仔稚魚の消化能力に関する実験系を利用して、仔稚魚期における各種消化酵素の至適温度及び至適pHを 調べた結果、トリプシンやアミラーゼ等は40℃、リパーゼは30℃程度で高い活性値が安定的に得られ、また、いずれの酵素についても至適pHは8と考えられた。酵素処理魚粉を使用したクロマグロ仔稚魚用配合飼料の実用化を進めた。
水中における魚体計測方法の開発においては、5つの推定モデルを検討し、魚体測定の推定精度については第一背鰭起部を起点とするよりも第二背鰭起部の部位を起点とする方が、また、体高よりも体幅を説明変数とする方が精度が高いことを明らかとした。
成熟段階の異なるクロマグロ個体での肝臓、脳、脳下垂体及び視床下部において、全ての遺伝子の網羅的な発現遺伝子解析を行うととも に、 近縁魚種カンパチ及びマサバの生殖腺刺激ホルモン受容体遺伝子等の発現動態の解明及び成熟誘導条件を把握した。また、親魚選別 のための技術開発では、水中銃による麻酔薬の投与に成功し、クロマグロを担架に収容して水面で作業することが可能となった。
ニホンウナギの遺伝子組換え生殖腺刺激ホルモンの分子構造を改良し、ホルモン活性を高めた。ニホンウナギ雄の成熟促進には、遺伝子 組換え黄体形成ホルモンの単独投与が最適であることを明らかにした。ニホンウナギの人工飼育魚は、天然魚より肥満度が高く、体側筋が厚いため採卵に支障を来すプラグ(総排泄孔から飛び出た卵巣の一部)が形成されやすいことが推察された。平成24年度までに構築した解析家系(F1)の一部個体群を次世代の優良親魚の選抜候補として飼育を継続した。ニホンウナギの高密度遺伝連鎖地図(染色体上の遺伝子の位置を示した地図)の構築を進め、選抜方法の検討を進めた。
ニホンウナギのレプトセファルス用生物餌料として、微小ワムシ(プロアレス)や天然マリンスノー様物質を投餌して摂餌を確認したが 、いずれの餌料投与区も成長は確認できなかった。サメ卵飼料への糖の添加は、ニホンウナギ仔魚の成長促進に有効で、摂餌量が増加し、生残・成長も改善された。遺伝子組換えウナギ成長ホルモンを添加した餌により、ニホンウナギ仔魚の成長が促進した。1t水槽を用いる新たな飼育方法を開発し、ニホンウナギ仔魚の飼育規模の拡大と大幅な省力化に成功した。
研究分担乙竹充
田中秀樹
岡雅一
野村和晴
山本剛史
山本剛史
風藤行紀
塩澤聡
高志利宣
古板博文
玄浩一郎
田中庸介
樋口健太郎
菅谷琢磨
二階堂英城
澤口小有美
清水昭男
奥澤公一
森広一郎
協力分担関係近畿大学水産研究所
予算区分委託プロ[水産プロ] 水産庁・その他
業績(1)持続的養殖プロ研マグロ−5:クロマグロが排泄するアンモニアと糞の量
(2)A prospect of research and development on broodstock management and larviculture of Pacific bluefin tuna
(3)持続的養殖プロ研マグロ−8:クロマグロ仔稚魚期における消化酵素の性状と成長に伴う変化
(4)飼育水中の銅イオンがハマフエフキの産卵を抑制するメカニズムの検討
(5)クロマグロを用いたイリドウイルス感染実験系確立の試み
(6)クロマグロの水中計測
(7)適正な人工飼料と給餌方法の開発
(8)性判別ならびに成熟度判定技術の検討
(9)クロマグロの初回成熟過程における卵巣の分子ダイナミクス
(10)次世代シーケンサーを用いたクロマグロの成熟及び生体防御関連遺伝子の探索
(11)半閉鎖循環システムを用いた飼育水の維持管理技術の開発
(12)Automated screening and primer design of fish microsatellite DNA loci on pyrosequencing data.
(13)Effects of n-3 highly unsaturated fatty acid content in Artemia on survival and development of laboratory-reared horsehair crab Erimacrus isenbeckii larvae
(14)市販材料を用いた微小ワムシProales similis栄養強化の試行
(15)NGSとマイクロアレイによるカンパチの遺伝子発現解析の試み
(16)飼餌料開発研究に取り組む
(17)ウナギ成熟誘導ホルモン等を利用した人為催熟技術の高度化
(18)新たな飼育システムによる種苗量産技術の開発
(19)成魚の栄養特性の解明と親魚用飼料の開発
(20)ウナギにおけるマーカー選抜育種の基盤となる遺伝的基礎情報の整備
(21)仙台湾周辺におけるイカナゴ当歳魚のターゲットストレングス測定とモデル計算による比較
(22)Ingestion by Japanese eel Anguilla japonicalarvae on various minute zooplanktons
(23)クロマグロ陸上飼育施設の稼働と研究の方向性
(24)持続的養殖プロ研マグロ−13:クロマグロ人工2歳魚の陸上水槽飼育における衝突死
(25)閉鎖循環システムを用いた飼育水の維持管理技術の開発
(26)鎮静剤等を用いた安全なハンドリング技術の開発
(27)Characterization of thyroid hormone receptors during early development of the Japanese eel (Anguilla japonica).
(28)給餌開始日齢が初期のウナギ仔魚の成長および生残に及ぼす影響
(29)Causes of heavy mortality of hatchery-reared Pacific bluefin tuna Thunnus orientalis juveniles in sea cages
(30)シーソー式水槽によるニホンウナギ仔魚の飼育手法の簡略化
(31)無給餌条件下におけるクロマグロ飼育仔魚の生残:魚食とプランクトン食の比較
(32)遊泳中のクロマグロのステレオカメラ計測
(33)ヒアルロン酸産生促進物質を投与したニホンウナギ仔魚のヒアルロン酸量と成長の推移
(34)平成25年度水産庁漁業調査船開洋丸第2次航海-西マリアナ海嶺南部海域におけるウナギ産卵場生態調査 調査結果速報
(35)近縁モデル魚種を用いた早期成熟関連遺伝子の探索
(36)クロマグロ体サイズのステレオカメラによる水中計測技術の開発
(37)海上施設での中間育成におけるクロマグロ人工種苗の減耗実態の把握
(38) Determination of periods of sensitivity to low-salinity and low-temperature conditions during the early development of cultured Japanese eel Anguilla japonica larvae with respect to the rate of morphological deformity at completion of yolk resorption
(39)北海道南東沖Aライン上における春季の毎日CTD観測に基づく1か月より短い水温・塩分の変化と年変化との比較
(40)Partial characterization and ontogenetic development of pancreatic digestive enzymes in Japanese eel Anguilla japonica larvae
(41)Ion PGMシステムを用いた 水産生物のSNPおよびSTRマーカー開発
(42)解明されつつあるウナギ生態の謎
(43)クロマグロ産卵試験水槽施設を使った研究について
(44)α-クロラロースによるクロマグロThunnus orientalisの経口麻酔
(45)産卵場〜西岸境界におけるニホンウナギとマアナゴの仔魚回遊経路の相似
(46)1kL規模の水槽によるウナギ仔魚飼育法の開発
(47)水産庁委託「平成25年度資源・環境に優しいクロマグロ増養殖技術開発事業のうちクロマグロ養殖最適親魚選抜・確保技術開発事業」実施報告書
(48)海産多産性魚類の初期生残機構の解明とその増養殖への応用
(49)ウナギ仔魚飼育における水槽交換作業の簡略化の可能性について
(50)Current and future research on aquaculture technology in Pacific bluefin tuna
(51)クロマグロThunnus orientalisにおけるMedetomidineとKetamineおよびZoletile100混合投与の麻酔効果
(52)持続的養殖プロ研マグロ−9:クロマグロ仔稚魚における膵臓リパーゼおよび胆汁酸活性化リパーゼの特徴
(53)持続的養殖プロ研マグロ−12:クロマグロの安定採卵に向けた大型陸上水槽への人工2歳魚の収容とその後の飼育
(54)新規卵質マーカーの開発と排卵誘発技術の改善
(55)R/V Kaiyo-Maru CRUISE REPORT KY1302 May 23 July 16, 2013 (Tokyo Palau Tokyo) Report of the research on the reproductive biology of the Japanese eel (Anguilla japonica) and the larval feeding ecology in the proposed spawning area and its adjacent waters
(56)天然及び飼育成熟魚における候補マーカーの探索
(57)ニホンウナギ完全養殖の展望
(58)Evaluation of seasonal variation in reproduction-related gene expression in the pacific bluefin tuna Thunnus orientalis using nest-generation sequencing
(59)人工クロマグロ未成魚の水槽収容技術の開発
(60)降海回遊にともなうサケ稚魚の栄養状態
(61)種苗期の高生残DNAマーカーの開発
(62)Limits and phylogenetic relationships of East Asian fishes in the subfamily Oxygastrinae (Teleostei: Cypriniformes: Cyprinidae)
(63)A step forward in development of fish protein hydrolysate-based diets for larvae of Japanese eel Anguilla japonica
(64)持続的養殖プロ研マグロ−4:クロマグロに用いる生物餌料・配合飼料の残餌が水質悪化に及ぼす経過時間と水温の影響
(65)カンパチGtH受容体の同定と卵巣における遺伝子発現の周年変化
(66)クロマグロ仔魚にとっての魚食の重要性の解明:大量種苗生産によるアプローチ
(67)クロマグロ仔稚魚の生体防御機構はいつから発達するのか?
(68)海上施設での中間育成におけるクロマグロ人工種苗の減耗実態の把握
(69)大規模の受精が可能なウナギ精子の大量凍結保存技術の開発
(70)平成25年度事業実施概要
(71)複数家系の混合飼育試験による耐病性関連マーカーの開発
(72)Nutrient enrichment of the subarctic Pacific Ocean pycnocline
(73) Administration of 17α-hydroxyprogesterone into mature male Japanese eel reduces sperm motility by decreasing potassium ion concentrations in the seminal plasma
(74)Isolation and characterization of bacteria causing mortality in early stage larvae of captive-bred Japanese eels (Anguilla japonica Temminck & Schlegel)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030203498
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat