(イ)優良形質種苗の作出及び安定生産技術の開発

(イ)優良形質種苗の作出及び安定生産技術の開発

課題番号2013023179
研究機関名水産総合研究センター
研究期間2011-2015
年度2013
研究問題(2)研究開発等の重点的推進
大課題ウ. 持続的な養殖業の発展に向けた生産性向上技術と環境対策技術の開発
中課題(イ)優良形質種苗の作出及び安定生産技術の開発
大項目第2 国民に対して提供するサービスその他の業務の質の向上に関する目標を達成するためとるべき措置
中項目1 研究開発等
摘要 ブリのハダムシ抵抗性に関与する遺伝子領域(ハプロタイプブロック)を同定し、その有効性を証明するとともに、ハダムシ抵抗性家系の表皮では、ハダムシ感染前から特定の2種類の遺伝子の発現が高いことを明らかにした。ヒラメのレンサ球菌症抵抗性家系に特異的な1塩基多型の有無を調べ、発現遺伝子座の探索等を進めた。ノリの色落ちに関係する新規遺伝子等の構造を解明し、高水温耐性分子マーカーを同定するなど、優良形質に関与するDNAマーカー探索や遺伝子解析を進め、優良家系候補の選抜・継代を継続した。
ブリのハダムシ抵抗性家系からF2を作出し、 ヒラメの高水温耐性候補親魚を用いて種苗を生産するとともに、高水温耐性が期待できるノリの候補2品種を選抜した。さらに、筋肉の成長を抑制する蛋白質(ミオスタチン)の有用変異を持つトラフグ個体を得るなど、優良変異 体の選抜に取り組んだ。
マスノスケ成長ホルモン遺伝子が組み込まれたタイセイヨウサケにおいて、同遺伝子を検出する方法を開発した。また、コイとフナ属の 識別のための新たな6つのマーカー候補を得た。さらに、遺伝子組換えアマゴの肝臓での脂質代謝の解析、タイセイヨウサケとアマゴとの 河川内競合性の調査、遺伝子組換えアマゴの産卵期における生殖腺や婚姻色の調査、遺伝子組換えメダカと在来メダカとの交雑性の確認、受精後にX線照射したアマゴの成長調査など、遺伝子組換え生物にかかる安全性評価手法と検査手法の開発を継続した。
紫外線照射により生殖腺が確認されないヒラメ個体が得られ、ブリでは受精卵への紫外線照射条件の検討を進めるなど、紫外線等を利用 した不妊化技術の開発に取り組んだ。
ブリの人工種苗が給餌後に酸素欠乏によって死亡する危険性が示され、マハタでは光刺激が仔魚の減耗の一因になっていることが推察さ れた。また、カンパチの人工種苗は、尾部可食部長が天然種苗に比べて短いことを明らかにし、原因の解明を進めるなど、種苗期の大量減耗要因の抽出及び形態異常の出現状況の把握と軽減技術の開発を進めた。さらに、長日化がブリの生殖腺発達の引き金であると推察され、早期採卵により種苗生産可能な卵質が得られることが示された。カンパチでは、成熟に関わる主要因が日長であると特定され、その調節により非産卵期の採卵に成功した。マハタでは、市販配合飼料を与えた親魚の受精卵は栄養成分の含量が少ないことを明らかにするなど、早期採卵技術の高度化を図った。
アサリでは、パーキンサス病に感染していない人工種苗生産に取り組み、タイラギではアンモニア海水により精子運動が活性化されるこ とを明らかにした。クルマエビでは、雌の交尾器に精莢を挿入して産卵させ、ふ化幼生を得たことに加え、複数個体の産卵同調化技術を開発するなど、海産無脊椎動物における良質卵の安定確保に向けた親個体の産卵誘発・人工授精条件を把握した。さらに、約7万個体のタイ ラギ着底稚貝の生産に成功したほか、小型容器内で稚ナマコを1個体ずつ止水で飼育することを可能にするなど、海産無脊椎動物の幼生及 び稚貝等の適正な飼育条件を把握した。
研究分担荒木和男
吉浦康寿
有瀧真人
藤吉栄次
尾島信彦
福井洋平
崎山一孝
濱田和久
岡本裕之
尾崎照遵
山野恵祐
正岡哲治
吉田一範
伏屋玲子
淡路雅彦
名古屋博之
山口寿哉
奥村卓二
奥澤公一
井上誠章
協力分担関係東京海洋大
長崎大学
大阪府立大学大学院
国立医薬品食品衛生研究所
国立医薬品食品衛生研究所
奈良県立医科大学
東京農工大学大学 院
北海道大学
愛知県水産試験場
予算区分農林水産業・食品産業科学技術研究推進事業 委託プロ[気候変動プロ] 委託プロ[水産プロ]
業績(1)ツクシアマノリに関する最近の成果と情報
(2)二枚貝の成熟と産卵
(3)形態特徴および飼育試験に基づいたクエ種苗の共食い可能最大サイズの推定
(4)地産地消への取組事例の紹介:その1
(5)平成25年度アサリ研究会活動状況
(6)平成25年度二枚貝類飼育技術研究会活動状況
(7)地球温暖化対策推進費の地球温暖化による沿岸漁場環境への影響評価・適応技術開発委託事業成果報告書(内部資料)
(8)早期種苗の沖出し後の生残率向上を目指した効率的養殖技術の開発
(9)コイとフナ類における種判別用 DNAマーカーの開発
(10)LMO識別のための蛍光タンパク質遺伝子mStrawberry、mCherry、mOrangeの検知法の開発
(11)Reproduction-related Genes in the Pearl Oyster Genome
(12)Identification, characterization, and expression profiles of two subtypes of kisspeptin receptors in a scombroid fish (chub mackerel)
(13)Characterization of gonadotropin-releasing hormone and gonadotropin in jack mackerel (Trachurus japonicus): Comparative gene expression analysis with respect to reproductive dysfunction in captive and wild fish
(14)海産紅藻スサビノリのゲノム解読
(15)ヒラメにおけるCXCR4の単離と阻害剤を用いた機能解析
(16)TILLING法で作出した新品種トラフグのがん遺伝子検査法の開発
(17)レンサ球菌抵抗性のヒラメの生物特性の解明
(18)研究の幅と研究者の幅
(19)飼育水温によるクルマエビの性比
(20)アマノリ養殖品種の遊離アミノ酸含量の品種による違い
(21)春季アサリの成熟に及ぼす水温と給餌量の影響
(22)平成24年度科学研究費補助金実績報告書
(23)メダカの交雑性、有害物質産生性に関する研究
(24)プロトプラスト選抜技術の安定化と高水温負荷による選抜技術の開発
(25)低水温期におけるクエEpinephelus bruneusとマハタE.septemfasciatusの成長量および摂餌量の変化
(26)Sulfitobacter porphyrae sp. nov., isolated from the red alga Porphyra yezoensis
(27)Construction of a radiation hybrid panel and the first yellow tail (Seriola quinqueradiata)radiation hybrid map using a nanofluidic dynamic array
(28)流水培養によるノリ陸上養殖試験
(29)Induced spawning in the sea cucumber Apostichopus japonicus by neuropeptide, cubifrin
(30)ブリ(Seriola quinqueradiata)の発現遺伝子上のSNPsマーカーとSSRsマーカーによる高密度遺伝子連鎖地図作成
(31)タイセイヨウサケ組換え体におけるマスノスケ成長ホルモン遺伝子のゲノムあたりコピー数の定量法の開発
(32)ブリの生殖周期に伴う卵巣中IGF-Iの遺伝子発現量および発現部位の変化
(33)アマノリ類における高水温耐性等の特性評価試験及びDNAマーカー等の開発の検討
(34)研究の幅と研究者の幅
(35)ニジマスの高温影響を評価するバイオアッセイ系の開発
(36)細菌産生物質の探索と細菌添加による遺伝子発現の比較解析による効率的育種技術の開発
(37)平成25年度地球温暖化対策推進費委託事業のうち「地球温暖化による沿岸漁場環境への影響評価・適応技術開発事業」事業報告書
(38)アサリ稚貝飼育水槽内に侵入したイソギンポによる要注意外来種ムラサキイガイの選択的捕食例 −イソギンポを用いたムラサキイガイ駆除の可能性
(39)Effect of temperature on survival, growth and malformation of cultured larvae and juveniles of the seven-band grouper Epinephelus septemfasciatus
(40)平成24年度漁期の海苔の共販単価について
(41)クルマエビの卵黄形成にともない卵巣内で発現が変動する遺伝子
(42)トラフグ卵の孵化に及ぼす水温の影響
(43)高水温耐性ヒラメの作出と今後の展望
(44)ハタ類の健苗生産に向けて〜可視化技術で見えてくるもの〜
(45)ノリゲノム解読〜紅藻のモデル生物として〜
(46)日本のノリ養殖と「全国ノリ研究会」の活動
(47)クルマエビの性決定機構の解明
(48)大西洋サケの生育・繁殖特性及び在来サケ科魚類との競合性に関する研究
(49)養成クルマエビの効率的な採卵条件
(50)課題及び研究成果概要
(51)早期種苗の健全生産に向けた飼養技術の高度化
(52)ハダムシ抵抗性を有するブリ家系の作出技術の開発
(53)Quantitative Trait Loci (QTL) Associated with Resistance to a Monogenean Parasite (Benedenia seriolae) in Yellowtail (Seriola quinqueradiata) through Genome Wide Analysis
(54)Algimonas ampicilliniresistens sp. nov., isolated from the red alga Porphyra yezoensis, and emended description of the genus Algimonas
(55)A genetic linkage map of kelp grouper (Epinephelus bruneus) based on microsatellite markers
(56)紅藻スサビノリにおける新規高温誘導性遺伝子の探索
(57)密度と流速がアサリ稚貝の成長に及ぼす影響
(58)ハダムシ抵抗性のブリ家系の発現解析
(59)アマノリ類の短期的高水温耐性に関与する遺伝子の探索と解析
(60)共生細菌の添加による安定的な育種方法の検討
(61)農林水産業・食品産業科学技術研究推進事業「種苗生産の早期安定化と放流効果の正確な判定によるクルマエビ類の栽培技術の高度化」平成25年度事後評価用報告書
(62)紫外線照射によるヒラメの不妊化技術の開発
(63)養殖ブリ属(ブリ、カンパチおよびヒラマサ)血合筋の保存中における肉色変化の比較
(64)In vitro induction of oocyte maturation in the Japanese sea cucumber Apostichopus japonicus by cubifrin and the developmental ability of the eggs
(65)ブリの放射線雑種細胞パネルを用いた染色体物理地図の作製
(66)ブリ放射線雑種細胞パネルとナノ集積回路を用いた染色体物理地図の作成
(67)DNAマーカーによるコイとフナ類の雑種判別
(68)水産生物のゲノム解読
(69)メラトニン投与がクルマエビの成熟に及ぼす影響
(70)突然変異育種法を利用した養殖魚の効率的な新品種作出技術の開発
(71)スサビノリゲノムの解読
(72)スサビノリ・プロトプラストの形態形成を促進する細菌の分離
(73)魚類天然資源から効率的に優良経済形質を選抜育種する技術の開発の研究
(74)クルマエビ類の成熟・産卵と採卵技術
(75)アマノリ類における高温耐性の特性評価試験及びDNAマーカー等の開発の検討(アマノリチーム事業結果総括概要書)
(76)魚類天然資源から効率的に優良経済形質を選抜育種する技術の開発
(77)効率的な成熟・産卵誘導技術と安定的的な早期採卵技術の開発
(78)Muscle development in the bamboo sole Heteromycteris japonicus with special reference to larval branchial levator
(79) Distinction between Oryzias species using nuclear genes and mitochondrial gene region
(80)New approach for fish breeding by chemical mutagenesis: Establishment of TILLING method in fugu (Takifugu rubripes) with ENU mutagenesis
(81)珪藻土とゼオライトを添加したフロック状のマナマコ用配合飼料
(82)Effects of diet and temperature on post-settlement growth and survival of short-spined sea urchin Strongylocentrotus intermedius
(83)High-throughput simple sequence repeat (SSR) markers development for the kelp grouper (Epinephelus bruneus) and cross-species amplifications for Epinephelinae species
(84)サケ科魚類におけるアロマターゼ遺伝子の塩基配列の変異性−在来サケ科魚類と外来サケ科魚類の判別への応用
(85)TILLING法による養殖魚の品種改良
(86)クエの防疫対策と効率的種苗生産にむけて
(87)トラフグにおける低コスト優良品種作出システムの構築
(88)次世代の食糧安全保障のための養殖技術研究開発(分子育種のためのDNAマーカーの研究開発)
(89)ナマコ類における卵成熟誘起関連因子の共通性と特殊性
(90)ハタ類の形態異常の現状
(91) クヒフリンを用いたマナマコの生体外卵成熟誘起法
(92)異なる水温環境下におけるアサリ浮遊幼生の熱ショック蛋白質遺伝子の発現動態
(93)コイの交雑性に関する研究
(94)養殖ブリ人工種苗の早期生産に成功〜ブリ養殖の赤潮被害軽減に活路!!〜
(95)Leptin receptor-deficient (knockout) medaka, Oryzias latipes, show chronical up-regulated levels of orexigenic neuropeptides, elevated food intake and stage specific effects on growth and fat allocation
(96)High water temperature impairs ovarian activity and gene expression in the brain-pituitary-gonadal axis in female red seabream during the spawning season
(97)マガキガイStrumbus luhuanusの繁殖生態:漁獲圧の異なる2地域間の比較
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030203499
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat