(ウ)病害の防除技術の開発

(ウ)病害の防除技術の開発

課題番号2013023180
研究機関名水産総合研究センター
研究期間2011-2015
年度2013
研究問題(2)研究開発等の重点的推進
大課題ウ. 持続的な養殖業の発展に向けた生産性向上技術と環境対策技術の開発
中課題(ウ)病害の防除技術の開発
大項目第2 国民に対して提供するサービスその他の業務の質の向上に関する目標を達成するためとるべき措置
中項目1 研究開発等
摘要 国内各ブロック魚病会議等及び国際獣疫事務局(OIE)総会等を通じて疾病情報を収集した。仏国におけるカキヘルペスウイルスによる 疾病発生状況及び防疫対策に関する情報を収集した。345個体のアワビについて、キセノハリオチス原因菌を検査した結果、いずれの個体 も陰性であった。
不明病の依頼診断により、全国的に海面及び内水面に共通して発生した多くの疾病が新たなシュードモナス菌株によることを見出した。 東南アジアで問題となっているエビの早期死亡症候群に関しては、ホワイトスポット病等既知のウイルス病に感染している事例が多数あることを明らかにした。
ヒラメのエドワジエラ症では、体重約35gの小型個体を用いて病原細菌の侵入口(感染門戸)を確認する実験を行った結果、鼻腔及び腸管には初期病変は全く認められず、病原細菌を含む初期病変が吻端に現れたことから、小型個体では成長した大型個体とは感染門戸が異なっていることが強く示唆された。
キンギョ造血器壊死症ウイルスの病原性を調べ、コイ、ギンブナ、ナガブナ及びニゴロブナに対する病原性はかなり低いことを明らかに した。また, 原因ウイルスを安定的に培養する方法を世界で初めて確立し、本法により培養したウイルス液を用いて不活化ワクチンを作 製しその有効性を確認した。
はた類の量産試験において、ウイルス性神経壊死症ウイルスに対するポリクローナル抗体を用いた精子洗浄の効果を検証した結果、本疾 病の発生は見られず洗浄の有効性を確認した。
ヒラメのクドア症の感染防除に有効な用水処理法を検証し、砂ろ過及び紫外線処理の有効性を確認した。用水処理を行う必要のある流行 期を明らかにするため、6月から12月まで暴露試験を実施し、6月には既に感染期に入っており10月まで感染することを明らかにした。
感染診断指標となりうる生理活性物質(サイトカイン)の測定系を開発した。感染履歴の検査法開発では、抗体ビーズ法の改良によりウ イルス性出血性敗血症ウイルスの感染履歴の高感度判定及び抗体ビーズの長期保存が可能になった。
ワクチン開発では、インターフェロン-γ組換え体の作製・機能解析を行い、サイトカインワクチン開発に有望であることを確認した。マダイのエドワジエラワクチンでは、メーカーと共同でデータ収集を行った。アユの冷水病ワクチン開発では、冷水病菌の全ゲノムの解析、組換え体を用いたワクチン試験による2種類の抗原の特定、浸漬ワクチン開発のための感染門戸の特定、抗体誘導の重要性の確認等を行っ た。ワクチン支援技術開発では、魚種間の免疫系の類似性を根拠としたワクチン承認魚種の拡大を目的とし、競争的資金を獲得して多魚種の免疫系解析を開始した。クルマエビの急性ウイルス血症ワクチンでは、ワクチンの有効性の再確認と誘導される蛋白質の同定に成功した。
サケ、サクラマス、ベニサケ及びカラフトマスの遡上魚を中心に17河川、1,072尾のウイルス検査(伝染性造血器壊死症ウイルス、伝染性膵臓壊死症ウイルスなど)を実施し、いずれの魚種の体腔液中からもウイルスは検出されなかった。ヒラメ稚魚では、クドア・セプテンプンクタータ(120個体)、神経壊死症ウイルス及びウイルス性出血性敗血症ウイルス(240個体)について調査し、アカアマダイ、ハマフエフキ、 トラフグ、キジハタ及びカンパチ親魚並びにカンパチ稚魚ではウイルス性神経壊死症検査(1,346尾)を実施し、全て陰性であることを確認した。
特定疾病コイ春ウイルス血症(SVC)の特性解明のため、異なる水温におけるSVCウイルスの病原性を検証し、低水温でまん延し、高水温 期では終息することを明らかにした。
コイヘルペスウイルス(KHV)病の確定診断(65件)、診断技術認定(確認)テスト(16名)、診断技術講習会(7名)、OIEリファレンスラボ活動(マダイイリドウイルス病及びKHV病の診断薬等の製作・配布)を実施し、OIEリスト疾病となったカキヘルペスウイルスの知見収集、さらにKHV診断用の単クローン抗体作製及び感染実験法を検討した。
研究分担浜野かおる
松山知正
高野倫一
高野倫一
大迫典久
中易千早
坂井貴光
西岡豊弘
湯浅啓
伊東尚史
釜石隆
佐藤純
嶋原佳子
森広一郎
米加田徹
川名守彦
桐生郁也
河東康彦
三輪理
予算区分農林水産業・食品産業科学技術研究推進事業 水産庁・その他 消費・安全局[レギュラトリー・サイエンス] 農水省・その他
業績(1)ハタ科魚類の種苗生産・養殖技術〜ウイルス対策技術
(2)赤変病に罹患したアコヤガイ血リンパ液のメタゲノム解析
(3)ウシエビにおけるyellow-head virus感染経路推定の試みⅡ
(4)近年アユから分離されたEdwardsiella ictaluriの遺伝的系統と病原性
(5)天然クルマエビのWSSV(=PRDV)の保有状況とORF解析に基づく感染経路の推定
(6)PHILIPPINE TAIYO AQUA FARMING CORPORATION (PTAFCO) 陸上施設および海上施設 調査報告書
(7)ゲノムサイエンスを利用したブリの健康維持
(8)(1)リスク評価のための基礎調査 ③カキヘルペスウイルスの知見収集
(9)クドア食中毒およびKudoa septempunctataの季節による特徴
(10)Susceptibility of Japanese Cyprininae fish species to cyprinid herpesvirus 2 (CyHV-2)
(11)蒸留水および紫外線のキセノハリオチス症原因菌Candidatus Xenohaliotiscaliforniensisに対する不活化効果
(12)海水からのマダイイリドウイルス濃縮法の検討
(13)WSSVウイルス検査法による疑陰性発生の検証
(14)国際水産資源研究所の所管事項
(15)ヒラメ以外の魚種におけるクドアの感染状況調査(中間評価用中課題報告書)
(16)イムノクロマトやビーズ凝集法等の簡易迅速罹病検査
(17)キンギョ造血器壊死症ウイルス(GFHNV)の効率的な防除法の開発 H25年度報告書
(18)免疫応答を利用したワクチン適用可能魚種の同定 2.4) 魚種間における免疫関連遺伝子の発現動態の解析
(19)養殖衛生管理 1. 4-(3) KHVの昇温処理実施上の留意点
(20)感染防御を司る魚類の造血機能
(21)難培養性病原体に対するワクチンの開発
(22)Viral hemorrhagic septicemia virus (VHSV) genotype IVb is a potential threat to wild fresh water fish in Japan
(23)病原体感染に対するヒラメ補体C7のマーカーとしての有用性
(24)不顕性あるいは潜伏感染魚からのコイヘルペスウイルス(KHV)分離の試み〜組織片培養法を用いた分離法〜
(25)ヒラメIL-6の定量サンドイッチELISAの確立
(26)大腸菌封入体を利用したヒラメ1型インターフェロンの調製
(27)スルメイカ(冬季発生系群)の資源状況
(28)免疫応答を利用したワクチン適用可能魚種の同定
(29)(1)リスク評価のための基礎調査②レッドマウス病に対するヨード剤の消毒効果
(30)ヒラメ以外の魚種におけるクドアの感染状況調査(中課題報告書)
(31)Growth ofCyprinid herpesvirus 2(CyHV-2) in cell culture and experimental infectionof goldfishCarassius auratus
(32)養殖ヤイトハタに発生した粘液胞子虫性やせ病
(33)Susceptibility of various fresh water fish species in Japan to an isolate of viral haemorrhagic septicaemia virus (VHSV) genotype IVb
(34)ヒラメ未成魚におけるEdwardsiella tarda の侵入門戸の探索
(35)数理モデルを用いた魚類感染症の流行予測に関する研究―Ⅰ〜コンピュータシミュレーションによるコイヘルペスウイルス病流行の再現〜
(36)クルマエビにおける新規Toll受容体の同定
(37)スジアラ中間育成時に認められる潰瘍形成を特徴とした疾病の原因究明
(38)農林水産業・食品産業科学技術研究推進事業「ウイルスフリー・クルマエビかけの作出に関する技術開発およびその普及」
(39)H25年度 水産防疫報告書 コイヘルペスウイルスに対するモノクロ−ナル抗体の作製
(40)緊急事業 Ⅰ. 1-(1)-a 特定疾病の確定診断及び現地調査
(41)II. リスク評価 1-(1)-b アワビのキセノハリオチス症の長期飼育による病原性の確認
(42)寄生虫(クドア・セプテンプンクタータ)に対するリスク管理に必要な技術開発(報告書)
(43)「比較メタゲノム解析とマイクロアレイを活用したアコヤガイ赤変病の病原体究明」年度報告書
(44)Expression profiles of interferon gamma genes in response to immunostimulants and alloantigen in ginbuna crucian carp Carassius auratus langsdorfii
(45)Vertical behavior of juvenile yellowfin tuna Thunnus albacares in the southwestern part of Japan based on archival tagging
(46)マボヤ被嚢軟化症のPCR診断法の開発
(47)Comparative genomics reveals that a fish pathogenic bacterium Edwardsiella tarda has acquired the locus of enterocyte effacement (LEE) through horizontal gene transfer
(48)Vaccination against Cyprinid herpesvirus 2 (CyHV-2) infection in goldfish Carassius auratus
(49)Potential infectivity of the virus re-isolated from surviving Japanese amberjack (Seriola quinqueradiata) after experimental infection with red sea bream iridovirus
(50)reverse vaccinologyによるブリの細菌性溶血性黄疸に対するワクチンの開発
(51)シンポジウム:赤変病の病原体究明の現状
(52)Control measures for VNN
(53)フクトコブシおよびクロアワビから検出されたCandidatus Xenohaliotis californiensisのアワビ類に対する感染性の違いについて
(54)平成25年度水産増養殖関係研究開発推進会議魚病部会議事概要
(55)免疫応答を利用したワクチン適用可能魚種の同定 2.2) 免疫学的手法による抗原認識機構の解析
(56)II. リスク評価 1-(1)-a アワビのキセノハリオチス症のエゾアワビの感染性・病原性評価
(57)ウイルス様粒子を利用した魚類ワクチンデリバリーシステムの開発 
(58)クロアワビのXenohaliotis californiensis感染症(国内初事例)
(59)Accumulation of plastic-derived chemicals in tissues of seabirds ingestingmarine plastics
(60)養殖カンパチに発生した眼球異常
(61)Dynamics of virus titer and quantity of red sea bream iridovirus DNA using natural and autoclaved artificial sea water under different water temperatures
(62)Prevalence and antimicrobial susceptibility of Vibrio species related to food safety isolated from shrimp cultured at inland ponds in Thailand
(63)Vibrio anguillarum bacterin uptake via the gills of Japanese flounder and subsequent immune responses
(64)Antigenic proteins of Flavobacterium psychrophilum recognized by ayu Plecoglossus altivelis antisera
(65)Development of a co-culture system of giant tiger prawn with a filamentous seaweed, Chaetomorpha sp. for small-scale shrimp farmers: II: Morphological, and molecular-sequencing analyses of Chaetomorpha sp Normal 0 0 2 false false false EN-US JA X-NONE
(66)Effect of Chaetomorpha sp. on shrimp growth under the co-culture Normal 0 0 2 false false false EN-US JA X-NONE
(67)Type 1 Ostreid Herpesvirus (OsHV-1) Variants in Japan
(68)水産生物のゲノム解読
(69)クロアワビおよびメガイアワビのキセノハリオチス症原因菌に対する感受性
(70)ヒラメの種苗生産・養殖施設等でのクドアの感染防除策の開発(中間評価用中課題報告書)
(71)平成25年度サケ親魚病原体モニタリング結果
(72)検査法開発 Ⅰ. 3-(4) 同居感染によるコイヘルペスウイルス検査方法の検討
(73)(3)水産動物疾病検査法開発③ヒラメVHS等の簡易迅速罹病検査技術の検証
(74)感染したヒラメ排除のための効率的な検査法等の開発(中課題報告書)
(75)Projected impacts of climate change on marine fish and fisheries
(76)Prevalence of red sea bream iridovirus among organs of Japanese amberjack (Seriola quinqueradiata) exposed to cultured red sea bream iridovirus
(77)ヒラメエドワジエラ症ワクチンにおける2種類の組換えインターフェロンのアジュバント効果
(78)ヒラメのエドワジエラ症に対するホスホマイシンの治療効果
(79)スジアラ幼魚から分離されたVibrio harveyiの病原性ならびに性状
(80)国際資源の現況(東部太平洋メバチ)
(81)クエの防疫対策と効率的種苗生産にむけて
(82)感染したヒラメ排除のための効率的な検査法等の開発(中間評価用中課題報告書)
(83)(1)リスク評価のための基礎調査 Ⅱ. 1-(7)-b KHV病リファレンスラボラトリー
(84)緊急事業 Ⅰ. 1-(1)-b KHV病技術認定テスト・診断技術研修
(85)スジアラ幼魚から分離されたVibrio harveyiの病原性ならびに性状およびキジハタ幼魚の抗酸菌症
(86)ヒラメの種苗生産・養殖施設等でのクドアの感染防除策の開発(中課題報告書)
(87)Vertical behavior of bigeye tuna (Thunnus obesus) in the northwestern Pacific Ocean based on archival tag data
(88)Goldfish is not a susceptible host of koi herpesvirus (KHV) disease
(89)Molecular features of low and high pathogenic clones of VHSV Ib isolates
(90)粘液胞子虫Kudoa septempunctataのEST解析
(91)寄生虫(クドア・セプテンプンクタータ)に対するリスク管理に必要な技術開発(中間評価用報告書)
(92)ウイルス性出血性敗血症ウイルス(VHSV)の病原性関連部位探索のための日丁(デンマーク)国際共同研究 H25年度報告書
(93)2.(1)免疫魚における病原体排除能の解析
(94)(2)水産防疫に関する国際対応 2)OIEリファレンスラボラトリー活動 ①マダイイリドウイルス病リファレンスラボラトリー
(95)3CB401-4アワビキセノハリオチス の不活化法の検討
(96)(1)リスク評価のための基礎調査④アユのエドワジエラ・イクタルリの系統解明
(97)魚類インターフェロンの機能解明による魚類疾病予防法の開発
(98)(4)水産動物疾病検査法開発 3)アワビ類の筋萎縮症の病原体同定手法の開発
(99)Adaptive immune response to Edwardsiella tarda infection in ginbuna crucian carp, Carassius auratus langsdorfii
(100)First Detection of Candidatus Xenohaliotis Californiensis, the Causative Agent of Withering Syndrome, in Japanese Black Abalone Haliotis discus discus in Japan
(101)Transcription analysis of two Eomesodermin genes in lymphocyte subsets of two teleost species
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030203500
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat