(イ)省エネルギー・省コスト技術の活用による効率的な漁業生産システムの開発

(イ)省エネルギー・省コスト技術の活用による効率的な漁業生産システムの開発

課題番号2013023183
研究機関名水産総合研究センター
研究期間2011-2015
年度2013
研究問題(2)研究開発等の重点的推進
大課題エ.水産物の安全・消費者の信頼確保と水産業の発展のための研究開発
中課題(イ)省エネルギー・省コスト技術の活用による効率的な漁業生産システムの開発
大項目第2 国民に対して提供するサービスその他の業務の質の向上に関する目標を達成するためとるべき措置
中項目1 研究開発等
摘要 主要漁船の安全性向上を図るため、29トン及び19トン型さんま棒受網漁船を対象に、転覆限界に関する安全性確認実験を行い、両船ともに十分な復原性を持つことを確認した。また、平成24年度に安全性向上工事(ブルワーク複板化、デッキ嵩上げなど)を実施した80トン型まき網漁船について、改造工事前後の運航時の船体動揺を比較調査し、安全性向上工事の有効性を確認した。
燃料消費見える化装置に、網揚げ開始の判断等の操業支援機能を持たせるなど、底びき網漁船の運航・操業支援システムの開発に着手し た。
平成24年度に検討した漁具漁法の類型化に基づき、銚子地区小型底びき網漁船を事例に、省エネ省コスト型漁具である小型底びき網の試 作と実海域試験を行い、漁具形状の変更に伴う漁具抵抗や燃料消費の関係を把握した。
平成24年度に開発した漁業用軽労化支援スーツに、腰のひねりに対して高い追従性を持たせるように改良を加え、実用性を高めた。
広帯域音響技術による魚種識別試験を実海域で実施し、反射波の波長分布の測定結果に開発した種判別アルゴリズムを適用して、魚種識 別精度の向上を図った。また、受動的音響調査では、広域曳航調査及び長期定点調査を実施し、開発したアルゴリズムによる鳴音自動抽出の正答率と誤警報率を算出し、その信頼性を定量化した。
いか釣り漁業に関して、漁獲を維持しつつ船上灯の出力を削減可能な操業手法を開発するため、スルメイカの視感度を考慮して波長範囲 を明らかにし、その積算放射照度がLED船上集魚灯とメタルハライド船上集魚灯で同等となるように調整して、海面及び海中の放射照度分 布の計測を行った結果、LED船上集魚灯は船首尾方向により広い低照度域が存在するなど、光源間の放射照度分布に明瞭な差異があること を確認するとともに、環境要因を考慮した漁灯光源間でのスルメイカの行動・漁獲の差を明らかにした。
大中型まき網漁業において、混獲魚を生存させたままより効率的に放流するため、魚捕部に掬い網を装着することで、通常放流よりも迅 速に放流できるようにした。水中でのまき網漁具の挙動をシミュレーションにより可視化するとともに、実操業時の漁具各部の挙動データを連続取得する手法を確立した。主機関、補機関及び搭載艇への燃料供給3系統に燃油流量計を設置してデータを収集・解析し、主機関燃 料消費量が全体の70%近くを占めること、燃料消費削減には魚群探索時及び移動時の減速航行が有効であることを立証した。
研究分担木村拓人
越智洋介
赤松友成
寺田大介
松田秋彦
澤田浩一
菊池夢美
藤田薫
郄橋秀行
升也利一
郄山剛
長谷川勝男
山粼慎太郎
溝口弘泰
宮野鼻洋一
明田定満
予算区分その他
業績(1)漁船船団の航行時最適配置について
(2)海の広帯域録音システムの設置
(3)Case studied on energy-saving technologies for private sector in Japan
(4)受動的音響技術による海洋生物観測
(5)がんばる漁業復興支援事業による省エネ漁船の建造
(6)The measurement of fish close to the bottom by the broadbandsplit-beam echo sounder
(7)Zooplankton monitoring in Yamada bay using a moored multi-frequency acoustic profiler
(8)広帯域魚群探知機の応用〜広帯域散乱特性の測定の測定とその利用〜
(9)福島沖浮体式洋上風力発電施設周辺でのイルカ類の来遊状況
(10)瓦礫回収技術の開発
(11)平成24年度海洋水産資源開発事業(沖合いか釣)報告(速報)
(12)適正漁船配置による船団全体の省エネ化
(13)表計算ソフトを用いた沿岸漁船の適正トリムの推定
(14)アカイカ釣り漁業における釣具巻上げ速度の制御による脱落率の低減
(15)Current situation and difficulty wave forecast from viewpoint of ship management
(16)Detection of manatee feeding events by animal-borne underwater sound recorders, ,
(17)ミナミマグロ幼魚の魚肉成分と魚肉内通過音速の関係
(18)漁船の燃料消費量の見える化による省エネ気運の醸成
(19)横揺れの時系列解析に基づく横メタセンタ高さGMの推定
(20)東南アジア漁船の調査及び船尾・舵周りの考察
(21)陸上計測によるいか釣り漁船の船上灯光源別放射照度分布観測
(22)トドの視覚特性について
(23)魚の不思議、その視覚と生態を追求して
(24)平成25年度海洋水産資源開発事業(大中型まき網)報告(速報)
(25)平成24年度海洋水産資源開発事業報告書(沿岸いか釣)
(26)漁業の直面する多様な課題に対応した試験研究の取り組み事例について
(27)漁船の燃料消費見える化装置の開発
(28)理論モデルとTS測定に基づくマアジ幼魚の音響散乱特性
(29)イルカのソナーと海洋生物の遠隔観測
(30)Apparent source level of free-ranging humpback dolphin,Sousa chinensis, in the South China Sea
(31)Acoustically invisible blue whales (Balaenoptera musculus) during feeding in Northeast Iceland
(32)広島県廿日市市における小型底びき網漁業の労働実態
(33)漁船配置の適正化による船団全体の造波抵抗低減について−第1報:粒子群最適化による最適漁船配置の計算−
(34)漁業調査船「たか丸」の4自由度の操縦運動シミュレーション
(35)白色LED光と陰影に対するスルメイカの行動
(36)イルカ型魚群探知機の開発に挑む
(37)ソナーを利用した海洋生物の資源調査方法研究部会報告
(38)省エネ診断表
(39)A multimodal detection model of dolphins to estimate abundance validated by field experiments
(40)大阪府岸和田市における小型汽船底曳網漁業(手繰第3種漁業)の漁労作業分析
(41)Long-term passive acoustic monitoring revealed seasonal and diurnal presence patterns of cetaceans in the Istanbul strait
(42)Variation in the production rate of biosonar signals in freshwater porpoises
(43)愛知県南知多町における小型底びき網漁業の船上作業について
(44)船体の主要目のみを用いた操縦流体力微係数の簡易推定式
(45)ExpARモデルによる横揺れの時系列解析
(46)水中魚眼カメラによるイカ釣り用漁灯光の観察
(47)Onboard evaluation of the transverse stability for officers
(48)Planning of Offshore Pair Trawler with Improved Cabin Space in Accordance with ILO C188 based Fleet Management
(49)Acoustic time synchronization among tags on porpoises to observe their social relationships.
(50)遊泳中のクロマグロのステレオカメラ計測
(51)水中生物観測のための広帯域受信機の開発
(52)平成24年度海洋水産資源開発事業(沖合いか釣)結果概要報告
(53)平成24年度海洋水産資源開発事業(沿岸いか釣)報告(速報)
(54)スルメイカの対光行動とイカ釣り漁業の漁獲過程
(55)全体の船団計画に基づくILOC188を考慮した居住区改善型2そうびき沖底漁船の計画
(56) 島根県の沖合底びき網漁業における漁具抵抗の削減技術開発研究委託事業報告書
(57)漁船の省エネルギー方法の普及と啓蒙
(58)An automatic detection algorithm for extracting the representative frequency of cetacean tonal sounds
(59)漁船の動揺データの時系列解析(その2)
(60)Degradation of fishery work population in Japan and the possibility of its recovery in the ergonomic perspective
(61)Passive acoustic monitoring of multiple cetacean species in the Istanbul strait
(62)Growth of swimbladder and acoustical behavior of walleye pollock (Theragra chalcogramma) larvae
(63)Target strength of copepods (Neocalanus cristatus) with oil sacs at 120 kHz
(64)イカ釣り操業時に漁灯を減灯すると船底下のスルメイカは逃げてしまうか?
(65)The usage of vocalization in captive manatees.
(66)水産資源管理の合意形成を妨げる原因の分析
(67)多周波音響プロファイラーによる大型動物プランクトン来遊検知
(68)広帯域型計量魚探機実用化に向けた検討-スケトウダラ稚仔は検出可能か?-
(69)広帯域計量魚群探知機を用いた仙台沖での底魚調査
(70)平成23年度海洋水産資源開発事業報告書(沿岸いか釣)
(71)「イカ釣りLED漁灯活用ガイド」の刊行
(72)Application of multilayer piezoelectric actuators to broadband backscattering measurements of aquatic animals
(73)Onboard evaluation of the transverse stability for officers
(74)Analysis of Fishing Operation Patterns on Deck of Fishing Boat
(75)暗環境下の飼育水槽中におけるスルメイカの行動観察
(76)喫水線上の船型の影響を考慮した波浪中抵抗増加の計算−第3報:挿間法−
(77)Acoustic cue detection model for abundance estimation of small odontocetes
(78)マコガレイ変態期における網膜の錐体構造
(79)オブジェクト指向開発手法を用いた総合科学的漁船設計のための漁船漁業システムのクラス設計
(80)Acoustc estimation of effective gathering range of squid jugging boat equipped with fishing lights
(81)漁獲管理のインプットコントロールに基づく漁船設計
(82)マルチビーム魚探機ME70と計量魚探機EK60の併用による魚群観測
(83)Convergence of biosonar behavior in dolphins and bats
(84)第7回アジア水産音響学会(AFAS2013)報告
(85)平成23年度海洋水産資源開発事業報告書(沖合いか釣)
(86)Distribution patterns of Yangtze finless porpoises in the Yangtze River: implications for reserve management
(87)イカ釣り操業船周囲におけるスルメイカの行動特性
(88)計量魚探機データの干渉除去の試み
(89)漁業の労働安全のための労災・海難の分析の必要性
(90)Recent topical studies about artificial fish reef utilizations in Japan
(91)喫水線上の船型の影響を考慮した波浪中抵抗増加の計算−第3報:挿間法−
(92)Remote monitoring of conditioned juvenile chum salmon (Oncorhynchus keta) in a cage using bottom-mounted echosounder and stereo-video camera system
(93)広帯域音響技術の展望
(94)Abundance estimation of Ganges river dolphins by acoustic-visual mark recapture method
(95)漁業労働の軽労化に関する取り組み
(96)洋上風力発電施設周辺の鍵種であるイルカの新しいモニタリング手法
(97)第166回米国音響学会(ASA)研究発表会報告
(98)シラスウナギのターゲットストレングス測定
(99)ソナーを利用した海洋生物の資源調査方法研究部会報告会の概要
(100)燃料消費を「見える化」する
(101)Tidal influences on the habitat use of Indo-Pacific humpback dolphins in an estuary
(102)Tilt Angle and Theoretical Target Strength of the Japanese Sandeel, Ammodytes personatus, Captured on the Northern Coast of Hokkaido
(103)Planning of Offshore Pair Trawler with Improved Cabin Space in Accordance with ILO C188 based Fleet Management
(104)表計算ソフトを用いた沿岸漁船の適正バラストの推定
(105)波浪中における操縦性指数について
(106)スルメイカの対光行動とイカ釣り漁業の漁獲過程
(107)超音波研究会 in Busan
(108)赤色LEDと高感度カメラを用いた水生生物の暗視観察
(109)実海域における荒天航海時の貨物船の運動性能について
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030203503
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat