(ア)主要水産資源及び海洋環境モニタリング並びに関連技術の開発

(ア)主要水産資源及び海洋環境モニタリング並びに関連技術の開発

課題番号2013023185
研究機関名水産総合研究センター
研究期間2011-2015
年度2013
研究問題(2)研究開発等の重点的推進
大課題オ.基盤となるモニタリング及び基礎的・先導的研究開発
中課題(ア)主要水産資源及び海洋環境モニタリング並びに関連技術の開発
大項目第2 国民に対して提供するサービスその他の業務の質の向上に関する目標を達成するためとるべき措置
中項目1 研究開発等
摘要 我が国周辺の主要資源を対象に調査船によるモニタリングを実施し、得られたデータを資源評価に活用した。ズワイガニの資源量推定にあたり、トロール調査で得られた雌の年齢別資源尾数をコホート解析の前進法に使用することにより、推定値の年によるバラツキを27%から18%に低下させるなど、調査手法の改善に取り組み、実調査に適用した。着底トロール網の試験網による調査結果から、推定された漁獲対象サイズのズワイガニの採集効率(入網個体数/網の前にいる個体数)は0.6を超え、本種太平洋北部系群の漁獲割合(漁獲量/資源量 )は16%程度であることが明らかとなった。魚群探知機について、トロールひき網によりイトヒキダラであることが確認されたエコーグラムから、魚群の海底からの高さや分布密度を試算した。また、イトヒキダラの鰾形状を観察し、体長との関係についてデータを蓄積した。荒天下における音響データの信頼性向上のため、調査船調査時に、魚群及び船体動揺、気象、海象の連続データを収集し、これらの関係を整理した。計量魚群探知機とマルチビームソナーを併用した魚群量計測調査を開始し、8〜9月の調査結果を解析したところ、これまで魚群探知機で計測できなかった魚群の横方向の広がりや魚群内の反射強度の強弱を計測することができた。調査手法の改善策を検討するとともに、実調査でその効果を評価した。
都道府県との連携による海洋モニタリングを継続して実施し、得られたデータを海況予測システム(FRA-ROMS及びJADE)に活用した。亜 寒帯海域において、親潮域に設定した観測点(A-ライン等)での観測データを活用して、流動に関するインデックスを整備した。また、西部亜寒帯海域では連続プランクトン採集器を用いて得られたデータの分析により、暖水性のカイアシ類の分布の北上傾向が把握された。黒潮域ではシラスの最適漁場探索を支援する漁海況情報システムの運用試験を実施し、夏季の黒潮蛇行のシラス漁業への影響解析にも効果を発揮した。 日本海では、超音波ドップラー式多層流向流速計観測及び係留系観測並びに沿岸潮位データの解析により、流場の空間構造や 変動の伝搬特性を把握した。また、急潮把握のための観測網を展開し、佐渡島沿岸での急潮観測に成功する等の成果を得た。無人航行海洋観測機器(水中グライダー)を用いた観測試験を継続するとともに、米国地球観測衛星(NPP)の利活用の検討を開始した。
我が国周辺海域の海産生物や漁場の放射能調査について、これまでのモニタリング手法に沿って試料の採集、分析を継続して実施した。 得られたデータは、東京電力福島第一原子力発電所事故の影響の広がりの把握にも活用された。
データマネジメントについて、 モニタリングデータの蓄積や管理を継続するとともに、海洋環境データの有効活用を図るためのデータポリシーの構築に取り組み、我が国周辺漁業資源調査情報システム(FRESCO)データの利活用を図るため、講習会を実施するとともに、調査船の船橋野帳の整理及び統一的なメタデータ収集の可能性について検討した。また、蓄積した日本周辺水域の動物プランクトン現存量等のデータを用いて、生物多様性条約の「保護を必要とする生態学的及び生物学的に重要な海域」の選定を試行するとともに、選定についての統一的な手法を取り決めた。全国の卵稚仔調査事業で採集した動物プラントン標本を用い、平成24年4月の日本周辺水域の動物プランクト ン種組成を分析した。
研究分担山田陽巳
藤本賢
渡邊朝生
田所和明
井桁庸介
伊藤進一
渡邊達郎
市川忠史
河野悌昌
山田東也
桑田晃
杉崎宏哉
上田祐司
清水勇吾
宮野鼻洋一
黒田寛
八吹圭三
大関芳沖
寺脇利信
錢谷弘
協力分担関係東京大学 先端科学技術研究センター
福井県立大学
東京大学
北海道大学
北海道大学 低温科学研究所
予算区分農林水産業・食品産業科学技術研究推進事業 水産庁・その他 環境省競争的資金
業績(1)NPP衛星について
(2)パルマ藻から珪藻の進化の秘密を探る
(3)福島県四倉沿岸の海底直上における放射性セシウムの沈降粒子束
(4)常磐沿岸域における底層環境の長期連続モニタリングⅡ
(5)佐渡島西岸で発生した急潮に伴い観測された流動変動
(6)日本周辺海域に起こっている海洋と海洋生物の特異現象
(7)北海道オホーツク海沿岸域の流氷来遊期の海洋環境と基礎生産の特性
(8)衛星海面高度資料による九州南東沖の黒潮の離接岸予測
(9)Seagliderによる混合水域の断面観測
(10)岩手県沿岸域の水温変化
(11)黒潮C型流路の時空間変動特性
(12)Particle tracking experiments in the East China Sea and the Yellow Sea in 2008-2013
(13)水産庁及び水産総合研究センターによるアルゴ計画関連観測について
(14)INTERMITTENCY OF NEAR-INERTIAL INTERNAL WAVES INDUCED BY HORIZONTAL VELOCITY SHEAR ACCOSIATED WITH COASTAL-TRAPPED WAVES
(15)仙台湾における植物プランクトンの群集構造の季節変動
(16)栃木県中禅寺湖の生態系に取り込まれた放射性物質
(17)2012年〜2013年春季の我が国太平洋岸におけるウルメイワシ卵・仔魚の分布状況
(18)アカガレイの加入量調査結果と漁獲量および資源量の関係
(19)資源水準の変化と資源評価・管理
(20)日本海沿岸・沖合域海産生物放射能調査
(21)日本海海底土放射能調査
(22)Re-examination of age and growth of daggertooth pike conger, Muraenesox cinereus, in the western Seto Inland Sea, Japan
(23)Interannual and regional variations in abundance patterns and developmental timing in mesozooplankton of the western North Pacific Ocean based on Continuous Plankton Recorder during 2001-2009
(24)Measurement of diet preference and its variability in captive northern fur seals (Callorhinus ursinus)
(25)瀬戸内海西部における市場でのハモの魚体測定方法
(26)マサバとゴマサバ仔魚の黒色素胞形成および体形の比較:形態による種同定の再検討
(27)ホッケの漁獲量と水温との関係:分布北上の傍証
(28)親潮前線の季節的な変動について
(29)Exploring the evolutionary link between Pa rmales and the success of diatoms in marine ecosystems
(30)佐渡島周辺における沿岸捕捉波の南北風との共鳴による増幅
(31)富山湾周辺における対馬暖流沿岸分枝の流路遷移に関する数値実験
(32)三陸沿岸域の水質と沖合域の流れ
(33)海洋水産資源を支える珪藻の成功の秘密を未知の藻類:パルマ藻で探る
(34)太平洋沿岸域海産生物放射能調査
(35)仙台湾周辺におけるイカナゴ当歳魚のターゲットストレングス測定とモデル計算による比較
(36)漁船情報を利用した日向灘表層海況日報の作成と情報提供の試み
(37)等量線図による種苗放流が資源に与える影響評価と表計算ソフトを用いた計算方法
(38)A preliminary study to understand the transport process of the eggs and larvae of Japanese Pacific walleye pollock Theragra chalcogramma using particle-tracking experiments based on a high-resolution ocean model
(39)成層期における仙台湾への外洋水による栄養塩供給
(40)春期、秋期の発生群を考慮した豊後水道・伊予灘におけるタチウオの資源解析
(41)豊後水道・伊予灘におけるタチウオの発生群別の銘柄と年齢の関係
(42)NPP衛星のデータ処理の具体的な方法について
(43)Geographical and temporal variations in mesozooplankton biomass around Japan, western North Pacific
(44)Geographical shift of warm water species distribution in western subarctic North Pacific based on CPR sample during 2001-2010
(45)南極海JARPA海域の海洋構造とその変化について
(46)西部北太平洋におけるカイアシ類 Calanus pacificus の生物季節変化
(47)漁業者と取り組むシラス漁況の解析ツール
(48)2012年〜2013年春季の我が国太平洋岸におけるマサバ及びゴマサバ卵・仔魚の分布状況
(49)九州西方および山口県海域における2013年夏季の高水温と水温の長期変動傾向について
(50)仙台湾および福島県北部沖合定点における生態系内の移行(仙台湾)
(51)Suomi NPPによる観測データの利用について
(52)出水期の有明海湾奥部における赤潮の増加要因について
(53)2012年冬季のサンマ仔稚魚分布調査
(54)平成25年度 資源評価調査報告書(資源動向調査)アカムツ
(55)日本海を主とする沖合、外洋域における海底土放射能調査
(56) 仙台湾・福島県海域の海底土表層放射性セシウム濃度の時間変化
(57)水深帯および魚種別にみた原発近傍海域における海産生物 の汚染状況
(58)安定同位体による新食物網解析法 −数値の解釈と基礎生産者の同位体比推定記述モデルの検討−
(59)Mean and Seasonal Circulation of the South Indian Ocean Estimated by Combining Satellite Altimetry and Surface Drifter Observations
(60)卓上型VPR(B-VPR)による動物プランクトン標本の大量解析−水産関係試験研究機関による日本周辺海域のプランクトン採集と解析−
(61)東日本大震災後の仙台湾における東日本大震災後の栄養塩とクロロフィルaの変化−陸域からの栄養塩付加の影響−
(62)水産庁及び水産総合研究センターによるアルゴ計画関連観測について
(63)能登半島西部陸棚上における流れの季節変動特性
(64)厚岸沖定線“A-Line”陸棚斜面域における二十年規模の親潮弱化のトレンド
(65)Distribution of marine diazotrophic cyanobacteria around Japan in the western North Pacific Ocean in summer
(66)日本海における急潮予測システムの開発
(67)Monitoring system of the coastal marine environment through the continuously observation and operational model
(68)沿岸シラスの最適漁場抽出支援ツールの開発
(69)北海道周辺の水産資源からみた縁辺海の海洋物理的問題と役割
(70)東京電力福島第一原子力発電所近傍の海底土を用いたアオゴカイの飼育実験
(71)格子化された海面高度計資料によるA-line横断傾圧地衡流量の推定
(72)北海道西部日本海におけるスケトウダラ稚魚の食性
(73)海底上ジェットの不安定
(74)北海道沖観測定線の長期観測データによる 親潮域のプランクトン珪藻群集の季節変動と長期変動解析
(75)淡水魚類に取り込まれた放射性物質
(76)東日本大震災以前と以降におけるマダラ資源の変動
(77)1980年代以降の日本海におけるマイワシの産卵状況と今後の産卵量算出方法
(78)日本海におけるイワシ類3種の産卵量の経年変化〜卵豊度との比較・検討も加えて〜
(79)北海道周辺海域海底土放射能調査
(80) 仙台湾における動物プランクトンの放射性セシウム濃度分布
(81)漁業者と取り組むシラス漁況の判断ツール
(82)Direct observation of 134Cs and 137Cs in surface seawater in the western and central North Pacific after the Fukushima Dai-ichi nuclear power plant accident
(83)高周波広帯域超音波を用いたツノナシオキアミのターゲットストレングス測定
(84)Winter mixes layer depth and spring bloom along the Kuroshio front: implications for the Japanese sardine stock
(85)九州南東岸沖における黒潮小蛇行と中規模渦
(86)Seasonal occurrence of mesopelagic fish larvae on the onshore side of the Kuroshio off southern Japan
(87)沿岸域における漁海況情報の収集・活用によるシラスの漁況判断ツール
(88)夏井川ー仁井田川河口域周辺における懸濁態および溶存態放射性セシウムの存在割合
(89)三陸沿岸域の水温変化とその成因
(90)Target strength of copepods (Neocalanus cristatus) with oil sacs at 120 kHz
(91)3種類のADCPを用いた万石浦水路における通過流量の定量化
(92)Interannual variations in oceanographic environment in the coastal region around Mombetsu during visit of sea-ice - Results from the oceanographic surveys with Garinko II -
(93)Development of a submesoscale model of the Kuroshio south of Japan based on a scale-selective data assimilation method
(94)魚類における90Srの汚染状況
(95)オホーツク海沿岸域における流氷来遊期のプランクトン群集構造の特性
(96)日本海沖合域におけるズワイガニ属メガロパ期幼生の分布特性
(97)平成24年度キンメダイ資源動向調査総括報告書
(98)2012年〜2013年春季の我が国太平洋岸におけるマアジ仔魚の分布状況
(99)日本周辺の海産生物の動態と気候
(100)魚類の放射性物質濃度と生態の関係(ヒラメ)
(101)東シナ海海産生物放射能調査
(102)北千島・オホーツク海・北海道北部沖合域海産生物放射能調査
(103)深海域海産生物放射能調査
(104) 阿武隈川河口域および福島県海域におけるベントス中の放射性セシウム濃度
(105)調査用着底トロール網によるズワイガニの採集効率の推定
(106)Exploring the Evolutionary Link Between Parmales and the Success of Diatoms in Marine Ecosystems
(107)海面高度データによる九州南東沖の離接岸予測
(108)晩冬期〜初春季のオホーツク海沿岸域の水塊構造の年変動と流氷来遊および後退時期の関係
(109)西部北太平洋におけるカイアシ類の地理的分布
(110) 海面高度データによる九州南東沖の黒潮の離接岸予測
(111)Interdecadal decreasing trend of the Oyashio on the continental slope off the southeastern coast of Hokkaido, Japan
(112)AMPLIFICATION OF COASTAL-TRAPPED WAVES RESONANTLY GENERATED BY WIND AROUND THE SADO ISLAND, JAPAN
(113)資源水準の変化と資源評価・管理
(114)第7回アジア水産音響学会(AFAS2013)報告
(115)Report of the piston-line trolling monitoring survey for the age-1 southern bluefin tuna recruitment index in 2012/2013
(116)2012年〜2013年春季の我が国太平洋岸におけるカタクチイワシ卵・仔魚の分布状況
(117)北海道沖合底曳網漁業漁場別漁獲統計年報 2012年(平成24年)
(118)魚類の放射性物質濃度と生態の関係(マダラ)
(119)228Ra/226Ra ratio and 7Be concentration in the Sea of Japan as indcators for water transport: comparison with migration pattern of Fukushima Dai-ichi NPP-derived 134Cs and 137Cs
(120)Vertical movements of Pacific bluefine tuna (Thunnus orientalis) and dolphinfish (Coryphaena hippurus) relative to thermocline in the northern East China Sea
(121)サワラ仔魚における耳石透明体と不透明帯の形成時間
(122)Reproductive biology of Benthosema pterotum (Teleostei: Myctophidae) in the shelf region of the East China Sea
(123)Southwest intrusion of 134Cs and 137Cs derived from the Fukushima Da-ichi Nuclear Power Plant accident in the western North Pacific
(124)Stock assessment and management for walleye pollock in Japan
(125)豊後水道・伊予灘におけるタチウオの発生群別の銘柄と年齢の関係
(126)計量魚探機データの干渉除去の試み
(127)広帯域超音波を用いたツノナシオキアミの体長及び生物量推定のシミュレーション
(128)黒潮強流帯のLagrange観測による水温微細変動のスペクトル構造
(129)常磐沖海底堆積物中の有機物に結合・吸着した放射性セ シウム濃度の推定
(130)能登半島西部陸棚上における流れの季節変動特性
(131)2013年4月〜9月までの黒潮の経過と予測
(132)漁海況モニタリングによる海洋環境変化の把握
(133)3種類のADCPを用いた万石浦水路における通過流量の定量化
(134)日本南岸域におけるシラス漁獲動向把握への取組み(1) 〜 全体の概要 〜
(135)Physical environment in the Yellow Sea and East China Sea in 2013
(136)海況予測システムへの現場データ導入効果について
(137)能登半島周辺海域における流れの季節変動特性
(138)Observation impact on an eddy-resolving ocean forecast system based on ROMS
(139)常磐沿岸域における流動場の季節変動要因
(140)日本海におけるズワイガニ属メガロパの日周鉛直移動
(141)シラスウナギのターゲットストレングス測定
(142)2012年〜2013年春季の我が国太平洋岸におけるマイワシ卵・仔魚の分布状況
(143)2012年の底魚類現存量調査結果〜マダラの増加とズワイガニの減少〜
(144)北海道周辺沿岸・沖合域海産生物放射能調査
(145)東シナ海海底土放射能調査
(146)水産庁データに基づく、福島周辺海域全体の魚類汚染状況の概述
(147)Tilt Angle and Theoretical Target Strength of the Japanese Sandeel, Ammodytes personatus, Captured on the Northern Coast of Hokkaido
(148)黒潮・親潮混合水域の環境変動のメカニズムと魚類資源に及ぼす影響に関する研究
(149)山口県北西海域における水温の長期変化
(150)Properties of winter mixed layer variability on the shelf-slope region facing the Kuroshio -Study of Tosa Bay, southern Japan
(151)Tsushima Warm Current paths in the southwestern part of the Japan Sea
(152)オンケカ科カイアシ類のマリンスノーに対する摂食: Video Plankton Recorderによる現場観察
(153)北海道周辺高解像度沿岸モデルのアップグレード
(154)3D structure and interannual variation of nutrient of in the Kuroshio regionin
(155)衛星海面高度計およびA-Line資料に基づく道東陸棚斜面域における親潮の弱化トレンド
(156)日本南岸域におけるシラス漁獲動向把握への取組み(2) 〜黒潮流路との関係に着目して〜
(157)日本周辺水域における動物プランクトン現存量の季節・経年変動
(158)日本海沿岸域における急潮予測システムの開発について
(159)サイドスキャンソナーを用いた日本海西部海域における籠漁具の探索
(160)御前崎沖定線観測資料に基づく黒潮流軸周辺の塩分分布の時空間変化
(161)沿岸シラスの最適漁場探索支援ツールの開発
(162)準定常ジェットの係留系流速計による実測
(163)原子力艦寄港海域海産生物放射能調査
(164)仙台湾、いわき沿岸部の海水中放射性セシウム濃度分布
(165)Nutrient enrichment of the subarctic Pacific Ocean pycnocline
(166)Seasonal and spring interannual variations in satellite-observed chlorophyll-a in the Yellow and East China Seas: New datasets with reduced interference from high concentration of resuspended sediment
(167)Detection of grooming behaviours with an acceleration data logger in a captive northern fur seal (Callorhinus ursinus).
(168)Cesium-137 discharge into the freshwater fishery ground of grazing fish, ayu Plecoglossus altivelis after the March 2011 Fukushima nuclear accident
(169)Southwest intrusion of 134Cs and 137Cs derived from the Fukushima Dai-ichi Nuclear Power Plant accident in the western North Pacific
(170)Shift in trophic role of northern fur seals in the northwestern Pacific Ocean.
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030203505
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat