(ウ)遺伝資源、標本等の収集・評価・保存

(ウ)遺伝資源、標本等の収集・評価・保存

課題番号2013023187
研究機関名水産総合研究センター
研究期間2011-2015
年度2013
研究問題(2)研究開発等の重点的推進
大課題オ.基盤となるモニタリング及び基礎的・先導的研究開発
中課題(ウ)遺伝資源、標本等の収集・評価・保存
大項目第2 国民に対して提供するサービスその他の業務の質の向上に関する目標を達成するためとるべき措置
中項目1 研究開発等
摘要 養殖や食品産業に有用な水産生物の収集・保存に取り組むとともに、これら遺伝資源に関するパンフレットの作成・配布、ホームページの更新等の広報活動を行った。また、応用藻類学会シンポジウムとして「微細藻類の活用〜水産種苗生産分野からの情報発信」を企画・開催するとともに、本研究課題の成果である「海産魚介類の種苗生産過程における微細藻類の役割」、「動物プランクトンの生産用餌料としての活用」及び「二枚貝類の種苗生産用餌料としての活用」について発表した。さらに、ジーンバンク事業と関連して、生物餌料サブバンクの「微細藻類」を利用した「餌料用微細藻類の高増殖株作出と培養法の開発及びその有効利用に関する研究」について、日本水産学会平成25年度水産学進歩賞を受賞するとともに、微生物サブバンクの「一般微生物」を利用した「魚醤油のヒスタミン蓄積機構と除去法に関する研究」について、平成25年度日本醸造協会技術賞を受賞した。また、生物餌料サブバンク、藻類サブバンク及び微生物サブバンクから129点のサンプルを有償配布し、利用を促した。
精子の保存等を含め、水産動物(特に魚類、二枚貝類)の系統保存について調査を開始したが、組織体制及び予算等を考慮すると、別課 題での実施が適当と考えられた。 また、 農業環境技術研究所の昆虫標本管理の状況及び農業生物資源研究所農業生物先端ゲノム研究センターのイネゲノム研究施設の視察と担当者間の意見交換を実施し、遺伝資源管理に役立つ情報の入手と担当者の意識向上を図った。
大型藻類コレクションを再構築するとともに、日本海区水産研究所能登島庁舎の閉鎖に伴い、ワムシバンクを同研究所宮津庁舎と増養殖 研究所に円滑に移転した。
中央水産研究所及び日本海区水産研究所が保有する動物プランクトン標本のほぼ全て、並びに地方自治体が保有する約7千点の同標本を動物プランクトン標本コレクションに登録した。また、約千点の魚類標本を魚類標本コレクションに登録した。
動物プランクトン、魚類及び卵稚仔の標本管理状況を精査し、標本管理要領を作成して利用手続きを整備するとともに、標本管理規定を 改定した。
研究分担岡内正典
田所和明
星野浩一
予算区分その他
業績(1)A new species of Timorichthys (Ophidiiformes: Bythitidae) from the East China Sea.
(2)Susceptibility of Japanese Cyprininae fish species to cyprinid herpesvirus 2 (CyHV-2)
(3)海産魚貝類の種苗生産過程における微細藻類の役割
(4)有用微細藻類株の選択とその利用、将来展望
(5)微細藻類(特にナンノクロロプシス)の海産魚類飼育水への添加効果
(6)ハプト藻類Pavlova sp.の栄養価の変化と細胞内微細構造の関係
(7)キンギョ造血器壊死症ウイルス(GFHNV)の効率的な防除法の開発 H25年度報告書
(8)Sulfitobacter porphyrae sp. nov., isolated from the red alga Porphyra yezoensis
(9)Geographical and temporal variations in mesozooplankton biomass around Japan, western North Pacific
(10)Fisheries Oceanography for small pelagic resource dynamics
(11)培養条件について
(12)Growth ofCyprinid herpesvirus 2(CyHV-2) in cell culture and experimental infectionof goldfishCarassius auratus
(13)光照射と植物性初期餌料生物の省エネルギー培養
(14)餌料用微細藻類の高増殖株作出と培養法の開発及びその有効利用に関する研究
(15)魚類標本の収集管理および利活用の促進
(16)使用品種について
(17)東シナ海と周辺海域における魚類標本の収集管理および利活用の促進
(18)Algimonas ampicilliniresistens sp. nov., isolated from the red alga Porphyra yezoensis, and emended description of the genus Algimonas
(19)産卵調査と資源変動研究―その研究を継続させた想い― 中井甚二郎 (1901〜1984)
(20)Vaccination against Cyprinid herpesvirus 2 (CyHV-2) infection in goldfish Carassius auratus
(21)Euphausia pacifica brood sizes: a North Pacific synthesis
(22)Potential infectivity of the virus re-isolated from surviving Japanese amberjack (Seriola quinqueradiata) after experimental infection with red sea bream iridovirus
(23)Dynamics of virus titer and quantity of red sea bream iridovirus DNA using natural and autoclaved artificial sea water under different water temperatures
(24)Prevalence of red sea bream iridovirus among organs of Japanese amberjack (Seriola quinqueradiata) exposed to cultured red sea bream iridovirus
(25)培養法と非培養法を用いた魚醤油もろみ中の細菌叢について
(26)Forage Fish Interactions: a symposium on “Creating the tools for ecosystem-based management of marine resources”
(27)Fishery-independent long-term egg and larval surveys off the Pacific coast of Japan: survey, database, management, and application
(28)二枚貝類の種苗生産用餌料としての活用
(29)大分県松津川産スサビノリについて(ジーンバンク)
(30)日本周辺水域における動物プランクトン現存量の季節・経年変動
(31)平成25年度水産生物遺伝資源保存事業報告書(内部資料)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030203507
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat