(エ)その他の基礎的・基盤的な研究開発並びに他分野技術の水産業への応用

(エ)その他の基礎的・基盤的な研究開発並びに他分野技術の水産業への応用

課題番号2013023188
研究機関名水産総合研究センター
研究期間2011-2015
年度2013
研究問題(2)研究開発等の重点的推進
大課題オ.基盤となるモニタリング及び基礎的・先導的研究開発
中課題(エ)その他の基礎的・基盤的な研究開発並びに他分野技術の水産業への応用
大項目第2 国民に対して提供するサービスその他の業務の質の向上に関する目標を達成するためとるべき措置
中項目1 研究開発等
摘要 東日本大震災の復旧・復興に寄与するため、津波等が沿岸生態系や養殖漁場環境に及ぼした影響の評価と回復状況のモニタリングを継続して取り組み、データを蓄積した。また、復旧・復興に寄与する漁場生産力の回復・向上に資するため、岩手県沿岸におけるマガキ養殖のための環境収容力の解明を行った。宮城県沿岸では、宮城県内の主立った湾を対象にして湾毎にマガキの成長速度や餌料要求量を推定し、シミュレーションによって養殖適正量を推定した。また、福島県松川浦を対象にした環境と生産力の評価を開始した。さらに、福島県沿岸の漁業の再開に向けて、東京電力福島第一原子力発電所(福島第一原発)事故による漁業自粛の資源への影響を評価するため、資源解析モデルの開発を開始するとともに、ケムシカジカを対象とした資源量推定モデルを構築し、東北海域の底魚を想定した漁業休止がコホート解析による推定値に与える影響を評価した。
ヒラメ、ババガレイ等の底魚について、浅い海域で放射性物質による汚染度の高い個体が多い等の汚染の空間分布の特徴を把握した。標 識放流によるマダラやヒラメ等の底魚類の移動生態の解析により、福島第一原発周辺で汚染されたマダラやヒラメが遠隔海域において出現する可能性を検討した。また、年級群によってヒラメの放射性セシウム濃度に違いがあることから、高濃度の放射性セシウムの取り込みは主に原発事故後数ヶ月間に集中していたこと等を明らかにするなど、濃度が高く維持されている種類についてそのメカニズムの解明等に取り組んだ。福島第一原発周辺海域調査により、高濃度海底土でのベントスの汚染度を把握し、さらに飼育実験により、汚染土からベントスへの放射性セシウムの取り込みは限定的であることを確認した。生態系内での放射性物質の移行過程を解明するため、福島県沖合の魚の胃内容物の解析と安定同位体分析から生態系の構造を明らかにした。内水面では、福島県内で3湖沼と5河川を対象にサンプリングを実施し、環境試料及び魚体内の放射性セシウム濃度を測定した。 また、 中禅寺湖の魚類について、 放射性セシウム濃度の減衰傾向を解析し、魚 種毎の減衰の違いを明らかにした。海洋環境中での放射性物質の輸送機構を解明するため、いわき市沿岸部における流動構造、海底境界層の力学特性を解析するとともに、沿岸領域モデルを構築した。さらに、陸域からの放射性物質流入モデルを作成し、海底境界過程モデルを含む放射性物質動態モデルの導入を試み、気象擾乱に対応した放射性セシウム濃度の上昇が再現された。
被災地域の水産業復興をめざした食糧生産地域の再生事業について、岩手県を対象に、天然資源への影響を低減可能にする漁業・養殖シ ステム構築を目的とした事業に継続的に取り組むとともに、宮城県を対象にした新たな事業への取組を開始した。岩手県では、沖合・沿岸海洋環境情報統合システムに関する観測システムの整備、三陸サケ回帰率向上のための放流技術、ヒラメ稚魚の効率的な放流技術、ワカメ養殖の効率化等多岐にわたる実証研究を進めた。サケについては、稚魚の生残率向上への海中飼育の有効性を示唆する結果を得た。また、スルメイカの高品質化への取り組みにより、高鮮度化のための船上処理手法を考案し実証した。宮城県では、養殖ギンザケを対象にした養殖業の安定化及び省コスト・効率化、宮城県産カキの生産と市場競争力を取り戻すための養殖技術、生ガキの商品価値を高める加及び省コスト・効率化、宮城県産カキの生産と市場競争力を取り戻すための養殖技術、生ガキの商品価値を高める加工・流通技術の導入を目指した実証研究に取り組んだ。また、ギンザケ養殖の安定化のために必須とされている赤血球封入体症候群(EIBS)対策について、原因ウイルスの全ゲノム配列を決定するとともに、計画を前倒ししてEIBS感染履歴の検査基盤を整備した。
研究分担渡邊朝生
八木宏
栗田豊
神山孝史
山本祥一郎
金庭正樹
生態系動態グループ
奥村裕
澤田浩一
高見秀輝
宮田勉
黒川忠英
伊藤進一
小埜恒夫
桑原隆治
大河内裕之
藤本賢
坂井貴光
浜口昌巳
高野倫一
協力分担関係福島県内水面水産試験場
東京大学大気海洋研究所国際沿岸海洋研究センター
岩手県水産技術センター
予算区分委託プロ[水産プロ] 食料生産地域再生のための先端技術展開事業 水産庁・その他
業績(1)東日本大震災に伴う宮城県沿岸のアマモ・タチアマモ群落への影響とその後の変動
(2)震災が仙台湾の無給餌養殖漁場に及ぼした影響
(3)福島県四倉沿岸の海底直上における放射性セシウムの沈降粒子束
(4)Constructing a 3D simulation model of squid schooling behavior at jigging operations with the Boids Algorithm
(5)The influence of the March 11, 2011 tsunami on the environment and the phytoplankton community in Matsushima Bay
(6)養殖銀ザケの復興事業計画案に関する効率性評価
(7)岩手県沿岸域の水温変化
(8)Zooplankton monitoring in Yamada bay using a moored multi-frequency acoustic profiler
(9)三陸沿岸水産業の大震災復興と振興に必要な研究と取組
(10)栃木県中禅寺湖の生態系に取り込まれた放射性物質
(11)東日本大震災前の岩手県南部沿岸におけるエゾアワビの資源動向
(12)アワビの緊急増殖技術開発研究
(13)意見〜学術論文から〜「魚と漁業者をWin-Winの関係にするには?」
(14)Effects of Artificial Lighting Intensity and Wavelength on the Growth and Survival of Juvenile Flatfish
(15)平成25年度放射能影響解明調査事業報告書( 福島県内湖沼におけるCs-134+Cs-137濃度測定結果)
(16)東北沿岸域の流れと波浪の特徴
(17)ワカメの消費者調査結果
(18)平成25年度「食料生産地域再生のための先端技術展開事業」アワビの緊急増殖技術開発研究第2回推進会議資料
(19)Tri-, tetra-and pentanucleotide-repeat microsatellite markers for the Schlegel’s black rockfish Sebastes schlegelii: the potential for reconstructing parentages.
(20)Distribution of local 137Cs anomalies on the seafloor near the Fukushima Dai-ichi Nuclear Power Plant
(21)Photobleaching as a factor controlling spectral characteristics of chromophoric dissolved organic matter in open ocean.
(22)Distribution of selenoneine in animal tissues and seafood
(23)熱帯貧栄養海域におけるケイ酸および生物源粒状ケイ素の分布.
(24)伊勢湾口海域におけるマガキ種苗の確保とその特性
(25)三陸秋サケ産業の震災からの挑戦〜早期復旧のモチベーションと課題
(26)仙台湾の砂浜域における 震災前後の魚類相の変化
(27)Economic Characteristics of Fish Stocks in the Subarctic Ocean
(28)三陸沿岸域の水質と沖合域の流れ
(29)好適餌料珪藻を用いたエゾアワビ採苗技術の開発 Normal 0 0 2 false false false EN-US JA X-NONE
(30)海洋生態系及び水産業への東日本大震災の影響と復興支援の取り組み
(31)女川湾養殖漁場で採取した海水中の植物プランクトン現存量や海底泥中金属類の濃度分布について
(32)異体類の初期生態に合致した好適光条件の検討
(33)東日本大震災以降の仙台湾におけるヒラメの資源状況
(34)小課題1-4 ギンザケ養殖業の実態把握
(35)福島県内河川における放射性セシウム移行経路調査
(36)宮城県沿岸域における餌料環境を基にした適正カキ生産量の評価
(37)養殖銀ザケの復興事業計画案に関する効率性評価
(38)イケス中のサケ稚魚の遠隔モニタリングシステムの開発
(39)Effects of stratification and misspecification of covariates on species distribution models for abundance estimation from virtual line transect survey data
(40)Production of 16.5% conc. ethanol from seagrass seeds.
(41)Development of a seaweed sauce by fermentation.
(42) Fermentation of seaweeds-alchemy of algae and aquatic plant biomass.
(43)First record of the rockfish Sebastes melanops from the Western North Pacific, with Comments on its Synonymy(Osteichthyes:Scorpaenidei:Sebastidae)
(44)伊勢湾口海域におけるマガキ種苗の確保とその特性
(45)岩手県山田湾における水中瓦礫調査と食料生産地域再生のための実証研究について
(46)成層期における仙台湾への外洋水による栄養塩供給
(47)水産加工品のセレノネイン含量
(48)Flow fields and distributions of water properties in the Sanriku Coastal Area
(49)宮城県沿岸の岩礁藻場生態系における東日本大震災後の遷移
(50)生態学者と農林水産業
(51)福島県四倉沿岸の海底直上における放射性セシウムの沈降粒子束II
(52)河川内および河口域に生息する水圏生物の放射性セシウム濃度
(53)意見〜学術論文から〜「日本漁業の利益を3000億円アップさせるには?」
(54)研究の幅と研究者の幅
(55)震災後の資源と漁業の状態に適応した資源増殖・管理技術の開発
(56)東北沿岸域の県境および水産資源の変化と現状
(57)Comparison of the localization of tetrodotoxin between wildjuveniles with tetrodotoxin administration
(58)Puffer smells tetrodotoxin
(59)セレン含有抗酸化物質セレノネインの静脈投与によるブリ血合筋のメト化抑制
(60)The Impact of MSC Certification on a Japanese Certified Fishery
(61)松島湾における震災前後の海洋環境や植物プランクトン群集の比較
(62)Effect of the Great East Japan Earthquake on Eisenia bicyclis bed ecosystems selective removal of herbivores.
(63)東日本大震災後の三陸ギンザケ養殖復興への挑戦
(64)北海道周辺の水産資源からみた縁辺海の海洋物理的問題と役割
(65)『みやぎの銀ざけに関する消費者の意識調査』の分析結果
(66)東日本大震災後の仙台湾の栄養塩とクロロフィルaの変化
(67)東京電力福島第一原子力発電所近傍の海底土を用いたアオゴカイの飼育実験
(68)仙台湾のセイシュ
(69)仙台湾における珪藻群集の種組成と季節変動
(70)意見〜学術論文から〜「禁漁区が資源の減少を招く可能性」
(71)淡水魚類に取り込まれた放射性物質
(72)仙台湾および福島県北部沖合定点における生態系内の移行(福島県北部沖合)
(73)Effect of the Great East Japan Earthquake on Zostera meadows in the coastal area close to the epicenter
(74)夏井川ー仁井田川河口域周辺における懸濁態および溶存態放射性セシウムの存在割合
(75)三陸沿岸域の水温変化とその成因
(76)仙台湾における東日本大震災津波後の海底の底質及び細菌群集の変化
(77)Reconstruction of coastal sea water temperature monitoring systems and real-time broadcast to fishermen in Iwate Prefecture
(78)3種類のADCPを用いた万石浦水路における通過流量の定量化
(79)三陸中部におけるサクラマスの生活史について
(80)魚類における90Srの汚染状況
(81)松島湾における海洋環境について −特に震災後の変化について−
(82)常磐沿岸域底層における懸濁態放射性セシウム水平輸送フラックス推定の試み
(83)福島県内のはやま湖で採集された湖水,底泥,プランクトン,魚の放射性セシウム濃度の経時変化
(84)多周波音響プロファイラーによる大型動物プランクトン来遊検知
(85)福島県飯館村で採集された淡水魚の放射性セシウム濃度
(86)高濃度の放射性セシウムを含む海底土を用いたアオゴカイの飼育実験
(87)過去30年以上における日本太平洋岸の岩礁潮間帯貝類の多様性変動
(88)ヒラメ幼魚におけるセシウム−134の生物学的半減期の推定と排出に及ぼす飼育海水濃度の影響
(89)Sixth China-Japan-Korea Imber symposium.
(90)The Kuroshio Paradox and sustainable use of fisheries production:Introduction to SKED (The Study of Kuroshio Ecosystem Dynamics for Sustainable Fisheries).
(91) 養殖ギンザケの重要疾病に対する防除対策 ビブリオ病およびEIBSワクチンの開発
(92)養殖ギンザケの重要疾病に対する防除対策 診断法の開発
(93)発酵原料としての利用を視野とした海藻草類の収集と成分調査
(94)調査用着底トロール網によるズワイガニの採集効率の推定
(95)定地水温モニタリング網の再構築
(96)震災が仙台湾の植物プランクトン多様性に及ぼした影響
(97)常磐沿岸域における底層環境・懸濁物動態の実態計測(Ⅱ)
(98)東北沿岸の流れ、波浪、風と漁業への影響
(99)The Challenge of Reconstructing Coho Salmon Aquaculture After the Great East Japan Earthquake and Tsunami in 2011
(100)Production of 16.5% conc. ethanol from seagrass seeds.
(101)東日本大震災に伴う宮城県沿岸のアマモ場への影響と遷移
(102)Terrestrial versus aquatic resources contribution to stream food webs with various forest stand ages: Results from nitrogen isotopic ratios of amino acids
(103)仙台湾浅海域におけるヒラメ稚魚成育場の機能:震災前後の比較
(104)A difference in food web structures with various forest stand ages in headwater streams
(105)東北内湾域の漁場環境―津波がもたらした底質・底生生物の変化―
(106)東京電力福島第一原子力発電所近傍の海底土を用いたアオゴカイの飼育実験
(107)Impact of Radioactive Spill from Fukushima Disaster on the Japanese Seafood market
(108)海洋無脊椎動物を用いた有用難培養微生物のバイオエンリッチメント
(109)「アワビの緊急増殖技術開発研究」第1回運営委員会報告資料
(110)近赤外分光法によるサンマ可食部脂肪含量の非破壊推定に関する最適測定部位の検討
(111)「アワビの緊急増殖技術開発研究」第2回運営委員会報告資料
(112)マダラ・ヒラメ等底魚類の移動生態の解明
(113)Expression of ion transporters in gill mitochondrion-rich cells in Japanese eel acclimated to a wide range of environmental salinity
(114)Tetra-repeat microsatellite markers for the masu salmon (Oncorhynchus masou masou) and its application in cross-subspecies amplification
(115)Southwest intrusion of 134Cs and 137Cs derived from the Fukushima Da-ichi Nuclear Power Plant accident in the western North Pacific
(116)Stock origins of juvenile chum salmon migrating along the eastern Pacific coast of Hokkaido during early summer
(117) 海洋深層水および山岳氷雪からの好塩性乳酸菌の分離と海苔醤油開発
(118)6th World Recreational Fishing Conferenceに参加して
(119)常磐沖海底堆積物中の有機物に結合・吸着した放射性セ シウム濃度の推定
(120)Normal 0 0 2 false false false EN-US JA X-NONE MicrosoftInternetExplorer4 水圏植物資源の錬金術:海の発酵がもたらす大きな可能性
(121)Fermentation of seaweeds-alchemy of algae and aquatic plant biomass
(122)Remote monitoring of conditioned juvenile chum salmon (Oncorhynchus keta) in a cage using bottom-mounted echosounder and stereo-video camera system
(123)3種類のADCPを用いた万石浦水路における通過流量の定量化
(124)仙台湾の砂浜域における 震災前後の魚類相の変化
(125)常磐沿岸域における流動場の季節変動要因
(126)意見〜学術論文から〜「資源評価に基づくオレンジラフィー漁業の現況」
(127)無給餌養殖漁場における植物プランクトンの多様性の変化
(128)イケス中のサケ稚魚の遠隔モニタリングシステムの開発
(129)意見〜学術論文から〜「効果のある海洋保護区、効果のない海洋保護区: 鍵となるのは5つの特徴?」
(130)3 種類のADCP を用いた万石浦水路における通過流量の定量化
(131)小課題2-2 ブランド評価法の開発と加工・流通技術の改善
(132)養殖ギンザケの重要疾病に対する防除対策
(133)東日本大震災による藻場・干潟生態系の撹乱とその後の回復過程
(134)3種類のADCPを用いた万石浦水路における通過流量の定量化
(135)ペルーアンチョベータの資源管理
(136)Regional variability of factors controlling the onset timing and magnitude of spring algal blooms in the northwestern North Pacific
(137)北海道周辺高解像度沿岸モデルのアップグレード
(138)海洋生物・水産物で測定される放射性物質の状況
(139)東北地方太平洋岸に流入する河川流量および懸濁物負荷量の推定
(140)三陸から放流されたサケ稚魚の回遊経路を探る
(141)三陸サケの回復に向けて−食料生産地域再生のための先端技術展開事業での取り組み
(142)Estimation of river discharges and fluxes of suspended substances to the North Pacific after the Fukushima Dai-ichi nuclear power plant accident
(143)Development of a seaweed sauce by fermentation
(144)東北区水産研究所による震災後の漁場環境の実態把握
(145)女川湾養殖漁場で採取した柱状海底泥から推察した津波による海底変化
(146) 東北太平洋沖地震による津波が有毒プランクトン群集に与えた影響
(147)底質の多環芳香族炭化水素(PAHs)による汚染状況と生物への影響
(148)近赤外分光法によるサンマの脂肪含量推定
(149)食料生産地域再生のための先端技術展開事業「アワビの緊急増殖技術開発研究」研究内容の紹介
(150)被災地による水産物の風評被害に関する研究について
(151)常磐沖における海底堆積物中の放射性セシウムの時空間変化
(152)季節的な浅深移動を考慮した福島県沖ケムシカジカの資源量推定
(153)宮城県松島湾・万石浦における アサリ浮遊幼生の出現状況
(154)Multiple Structural Break Test as A Useful Too for Seafood Demand Analysis
(155)超音波研究会 in Busan
(156)深所個体群の有効利用技術の開発
(157) 養殖ギンザケの重要疾病に対する防除対策 ビブリオ病およびEIBSの遺伝子配列解析
(158)Fluvial transport of carbon along the river-to-ocean continuum and its potential impacts on a brackish water food web in the Iwaki River watershed, northern Japan
(159)常磐沿岸域における底層環境・懸濁物動態に関する現地観測
(160)Southwest intrusion of 134Cs and 137Cs derived from the Fukushima Dai-ichi Nuclear Power Plant accident in the western North Pacific
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030203508
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat