1.開発途上地域の土壌、水、生物資源等の持続的な管理技術の開発

1.開発途上地域の土壌、水、生物資源等の持続的な管理技術の開発

課題番号2013023152
研究機関名国際農林水産業研究センター
研究期間2011-2015
年度2013
研究問題研究の重点的推進
大課題1.開発途上地域の土壌、水、生物資源等の持続的な管理技術の開発
中課題1.開発途上地域の土壌、水、生物資源等の持続的な管理技術の開発
大項目第2 国民に対して提供するサービスその他の業務の質の向上に関する目標を達成するためにとるべき措置
中項目試験及び研究並びに調査に係る研究の推進方向
摘要気候変動の影響評価としてモデルによる解析を進めている。高頻度観測衛星MODISのプロダクトから作成したバングラデシュ全土の11年間(2000-2010年)の純一次生産量データセットを用いて、作物生産についての時空間変動を分析した結果、南西部及び南東部では純一次生 産量が減少傾向にあるが、北西部では増加傾向にあることが明らかになった。気候変動の適応策については、気候変動に適応するイネ開発の一環として、インドネシアのイネ在来品種に由来し、単離に成功した第4染色体上の遺伝子SPIKEは、インド型品種の遺伝的背景で一穂 籾数を増加させるばかりでなく、止葉幅、穂首の維管束数、玄米外観品質などの形態的改善を伴い、籾収量を増加させることを示した。また、ベトナム国メコンデルタの常襲洪水稲作地域のアンジャン省を対象に稲3期作実現のためのダイク(輪中堤)システムについて、その 進展とフルダイク化が周辺域の水文環境に与える影響を分析し、フルダイク地区の上流に位置するカンボジア氾濫原および下流側で洪水湛水期間が長期化し、カントー地点の水位が上昇傾向にあることを明らかにした。緩和策については、反芻家畜からのメタン排出量のモニタリングを継続しており、新たに屋外でのメタン排出量測定を可能とするトレーサー法であるSF6法により放牧牛におけるベースライン調査 を行った。水田からの温室効果ガスの排出量に関して、節水管理条件導入による増収効果およびメタン排出削減効果は、平成24年度よりも平成25年度でより高くなった。緩和策普及の一環と位置づけられるパラグアイの植林CDM事業において、国連気候変動枠組条約より6,819tCO2の炭素クレジット(CER)を取得し、CDMを活用した農村開発にかかるガイドラインをとりまとめた。緩和策に貢献する生物学的硝化抑制(BNI)について、ソルガム根からの生物的硝化抑制物質の分泌機構を解析し、根圏pH、アンモニウムイオンの取り込み、プロトンポンプが関わっていることを明らかにした。
研究分担松原英治
山崎正史
南雲不二男
幸田和久
安藤康雄
協力分担関係カントー大学(ベトナム)
予算区分技会交付金研究 技会・その他 農水省・その他 内閣府競争的資金 経産省・その他 環境省・その他 その他他省庁経費
業績(1)Biological nitrification inhibition (BNI) in Brachiaria pastures: A novel strategy to improve eco-efficiency of crop-livestock systems and to mitigate climate change
(2)スリランカの老朽化した小規模ため池整備上の課題と対策
(3)メコンデルタ洪水常襲稲作地域におけるフルダイク化の進展とその影響
(4)Effects of long-term organic material applications and green manure crop cultivation on soil organic carbon in rainfed area of Thailand
(5)Identifying trends in the distribution of vegetation in Mongolia in the decade after its transition to a market economy
(6)Artificial Rainfall Technique Based on the Aircraft Seeding of Liquid Carbon Dioxide near Miyake and Mikura Islands, Tokyo, Japan
(7).Effect of methyl 3-4-hydroxyphenyl propionate, a Sorghum root exudate, on N dynamic, potential nitrification activity and abundance of ammonia-oxidizing bacteria and archaea
(8)Climate-smart crop-livestock systems for smallholders in the tropics: Integration of new forage hybrids to intensify agriculture and to mitigate climate change through regulation of nitrification in soil
(9)Calibraiting chlorophyll meter (SPAD-502) reading by specific leaf area for estimating leaf nitorogen concentration in sweet sorghum
(10)Nitrogen management in grasslands and forage-based production systems-Role of biological nitrification inhibition (BNI) 
(11)夏期の飽水管理が土壌環境と玄米品質に及ぼす影響
(12)NAL1 allele from a rice landrace greatly increases yield in modern indica cultivars
(13)A Study of Saltwater Intrusion into the Observation Well of the Freshwater Lens at Laura Island, Republic of the Marshall Islands

(14)開発途上国の植林で得られた炭素クレジットの農村への還元
(15)Potential for biological nitrification inhibition to reduce nitrification and N2O emissions in pasture crop-livestock systems
(16)Combined effects of the continual application of composted rice straw and chemical fertilizer on rice yield under a double rice cropping system in the Mekong Delta, Vietnam
(17)Nitrogen balance under non-tillage maize (Zea mays) cultivation after hairy vetch cropping at sloping fields
(18)An improved dry ash procedure for the detection of titanium dioxide in cattle feces
(19)The effect of dietary coconut kernels, whole cottonseeds and sunflower seeds on the intake, digestibility and enteric methane emissions of Zebu beef cattle fed rice straw based diets
(20)Impacts of climate change on rice market and production capacity in the Lower Mekong Basin
(21)小島嶼での淡水レンズ地下水調査における物理探査の適用性について
(22)ローラ島における淡水レンズ帯水層の水理パラメーター推定
(23)QTL for spikelet number from a high yielding rice variety, Hoshiaoba, detected in an introgression line with genetic background of Indica-type rice variety, IR64
(24)Challenges and opportunities for improving eco-defficiency of tropical forage-based systems to mitigate greenhouse gas emission
(25)Hotspots of recent drought in Asian steppes
(26)Developing methods to evaluate phenotypic variability in biological nitrification inhibition (BNI) capacity of Brachiaria grasses
(27)エチオピア高原における余剰労働力と再植林の可能性
(28)環状ジテルペン化合物とその製造方法、土壌改良剤、硝化抑制剤及び肥料
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030203509
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat