気候区分に対応した安定多収・良品質大豆品種の育成と品質制御技術の開発

気候区分に対応した安定多収・良品質大豆品種の育成と品質制御技術の開発

課題番号2013023006
研究機関名農業・食品産業技術総合研究機構
研究期間2011-2015
年度2013
研究問題②土地利用型耕種農業を支える先導的品種育成と基盤的技術の開発
大課題気候区分に対応した安定多収・良品質大豆品種の育成と品質制御技術の開発
中課題気候区分に対応した安定多収・良品質大豆品種の育成と品質制御技術の開発
大項目食料安定供給のための研究開発
中項目(1) 地域の条件・資源を活かした高生産性水田・畑輪作システムの確立
摘要DNAマーカー等を利用した機械化適性の高い安定多収品種の育成に関しては、
a) 「フクユタカ」に難裂莢性を導入した「関東120号」、「サチユタカ」に難裂莢性を導入した「サチユタカA1号」の現地試験を行い、その優位性を明らかにし、さらに「サチユタカ」の晩生化系統である「作系128号」を新たに開発した。
b) ハスモンヨトウ抵抗性遺伝子の2つの遺伝子座乗候補領域をそれぞれ約3.3Mbp及び約17kbpまで絞り込んだ。ラッカセイわい化ウイルス 抵抗性遺伝子については、約59kbpまで候補領域を絞り込み、青立ち抵抗性遺伝子については、候補領域を絞り込むための新たな解析材料 を選抜した。
超多収系統の開発に関しては、
a) モザイク病及びシストセンチュウに抵抗性の「東北171号」、密植適性のある「九州160号」、「九州161号」を開発し、収量性及び豆腐加工適性等を評価した結果、実用品種として有望と認められたため、品種登録出願を行うこととした。
b) 超多収系統育成のために、海外品種と交配した後代の開発を進めるとともに、無限伸育型で狭畦密植栽培適性がある「東北175号」を開発した。さらに長葉遺伝子lnを導入した準同質遺伝子系統群を開発し、長葉系統は原品種に比べて、1莢内粒数が増加するものの収量差は ほとんどないこと、裂皮粒率が減少することで外観品質が向上することを明らかにした。
加工適性に寄与する形質に関しては、
a) 蒸煮大豆の硬さに関与する遺伝子候補領域にDNAマーカーを設定し、「納豆小粒」型で硬く「兵系黒3号」型で柔らかくなる傾向を明ら かにした。また、蒸煮ダイズの外観品質と成分等との関連について検討し、蒸煮大豆胚軸の赤変は抗酸化剤により抑制され、吸水条件によっても変化すること等を明らかにした。
b) 豆腐破断強度(硬さ)に関して、異なる播種期の試験で共通するQTLを検出し、タンパク質含有率と子実中カルシウム濃度のQTLとほぼ 同じ位置であることを明らかにした。
新規特性を有する系統の開発に関しては、
a) リポキシゲナーゼ欠失の「四国10号」は醤油用品種として、小粒の黒大豆「関東115号」の新系統を開発し、品種登録出願することとした。
b) 新たに貯蔵タンパク質の11Sを欠失した「作系165号」、7Sを欠失した「作系166号」等の系統を開発し、生産力検定予備試験に供試して、熟期、収量性等の農業特性を明らかにした。
研究分担高橋幹
菊池彰夫
協力分担関係農業生物資源研究所
長野県野菜花き試験場
十勝農業試験場
京都農セ・生物資源セ・応用研究部
佐賀大学
茨城県農業総合センター生物工学研究所
岩手県農業研究センター・技術部
ノースカロライナ州立大)
予算区分技会交付金研究 農林水産業・食品産業科学技術研究推進事業 委託プロ[革新的低コストプロ] 委託プロ[気候変動プロ] 委託プロ[次世代ゲノム基盤プロ] 委託・その他プロ 食料生産地域再生のための先端技術展開事業 文科省[科研費]
業績(1)リポキシゲナーゼを欠失した黒大豆新品種「くろさやか」の育成
(2)大豆新品種「東北166号」の特性
(3)Comparative analysis of the inverted repeat of a chalcone synthase pseudogene between yellow soybean and seed coat pigmented mutants
(4)大豆新品種「あきみやび」の特性
(5)ダイズモザイク病に強く良質な中生の早のダイズ新品種「シュウリュウ」の育成
(6)耐倒伏性に優れるダイズモザイクウイルス病抵抗性のダイズ新品種「あきみやび」の育成
(7)野生大豆ツルマメの生育特性と蛋白質・油糧資源としての粗放栽培のための遺伝的改良
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030203525
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat