侵入病害虫等の被害リスク評価技術の開発及び診断・発生予察技術の高度化

侵入病害虫等の被害リスク評価技術の開発及び診断・発生予察技術の高度化

課題番号2013023060
研究機関名農業・食品産業技術総合研究機構
研究期間2011-2015
年度2013
研究問題②生物機能等の農薬代替技術を組み込んだ環境保全型病害虫・雑草防除技術の開発と体系化
大課題侵入病害虫等の被害リスク評価技術の開発及び診断・発生予察技術の高度化
中課題侵入病害虫等の被害リスク評価技術の開発及び診断・発生予察技術の高度化
大項目食料安定供給のための研究開発
中項目(5) 地域特性に応じた環境保全型農業生産システムの確立
摘要国内未侵入病害虫の経済的影響評価方法に関しては病害虫による被害拡大に関する疫学モデルの基本モデルとして被害拡大のフェーズご との基本モデルを作成した。また、経済的リスク評価手法の枠組みとして、決定樹分析と費用便益分析を選定し、その手順について作成した。
侵入防止に実効性のある診断技術の開発に関しては、トウモロコシ萎凋細菌病検出技術のマニュアル化のためのLAMP法及び試料調整方法の改良を行った。
再興病害であるイネ縞葉枯病に関しては、簡便な調査技術としての簡易ELISA法の改良に成功し、発生予察事業への導入に向けた準備を整 えた。また、縞葉枯病の疫学動態について、現地試験データの時空間的解析により縞葉枯病の水田内での広がり方やイネの減収要因を解明するとともに、経卵伝染により保毒するヒメトビウンカ成虫体内のイネ縞葉枯ウイルス量の変化などの情報を得た。
新興害虫である斑点米カメムシ類に関しては、斑点米カメムシ類のトラップ誘殺数に基づいた広域発生予察技術に必要なトラップ設置数を明らかにし、また、トラップ資材の変更に伴うデータの読み替え方法を確立して過去のデータの利用を可能にした。周辺植生情報に基づくリスク評価については、カスミカメムシ2種の水田への侵入量に影響する土地利用は、主に牧草地とイネ科雑草地であり、年次によって影 響の方向性が逆転することや影響の程度が変化することを明らかにした。
カンキツグリーニング病に関しては、平成24年度に開発した高性能プライマーを利用することで、DNA抽出過程を大幅に簡略化できること を明らかにし、これらの技術を総合した感染樹検出手法のマニュアル化と普及に向けた活動を行った。再侵入源の解明のため、ミカンキジラミの個体群を地域単位で識別するためのDNAマーカー候補を選抜した。
このほか、a) 徳島県でビワに発生したキジラミによるすす病多発生による被害が、分類学的・生物学的特性の解析から国内未確認の新種 のキジラミによることを明らかにし、発生予察における特殊報の発令や適用可能な農薬の解明など行政の対応に貢献した。
研究分担大藤泰雄
宮田伸一
協力分担関係横浜植物防疫所
茨城農総セ
富山農水総技セ
山形農総セ
新潟農総研
岩手県病害虫防除所
鹿児島農総セ
予算区分技会交付金研究 農林水産業・食品産業科学技術研究推進事業 委託プロ[革新的低コストプロ] 委託・その他プロ 食料生産地域再生のための先端技術展開事業 消費・安全局[レギュラトリー・サイエンス] 農水省・その他 文科省[科研費]
業績(1)Performance of polyethylene tubes as pheromone lures for the sorghum plant bug, Stenotus rubrovittatus (Hemiptera: Heteroptera: Miridae)
(2)Taxonomic position and ecological traits of Sigmophora tricolor (Hymenoptera: Eulophidae), a parasitoid of Asphondylia yushimai (Diptera: Cecidomyiidae), and description of a new species of Sigmophora
(3)The effects of mating status and time since mating on female sex pheromone levels in the rice leaf bug, Trigonotylus caelestialium
(4)イネ縞葉枯ウイルス保毒虫検定におけるDAS-ELISA法とその他の診断法の比較
(5)日本の輸入植物検疫のための病害虫リスクアナリシス(PRA)のフレームワーク
(6)Identification and characterization of Lisianthus necrotic ringspot virus, a novel distinct tospovirus species causing necrotic disease of lisianthus (Eustoma grandiflorum)
(7)Identification of a distinct lineage of Cacopsylla chinensis (Hemiptera: Psyllidae) in Japan on the basis of two mitochondrial DNA sequences
(8)成分構成比の異なるフェロモン剤によるアカスジカスミカメの誘殺消長:水田と牧草地における比較調査から
(9)Relationship between gene responses and symptoms induced by Rice grassy stunt virus.
(10)Cacopsylla biwa sp. nov. (Hemiptera: Psyllidae): a new pest of loquat Eriobotrya japonica (Rosaceae) in Japan
(11)Development of rapid, sensitive and non-radioactive tissue-blot diagnostic method for the detection of citrus greening
(12)千葉県における斑点米カメムシ類2種の防除対策としての適切な畦畔管理時期の推定
(13)Defensive bacteriome symbiont with a drastically reduced genome
(14)Do male-derived substances affect female mating receptivity and release of sex pheromone by females of the sorghum plant bug Stenotus rubrovittatus (Hemiptera: Miridae)?
(15)Induction of Antiviral Responses by Acibenzolar-S-Methyl Against Cucurbit chlorotic yellows virus in Melon
(16)Development of simple sequence repeat markers for the Japanese population of the Asian citrus psyllid, Diaphorina citri (Hemiptera: Psyllidae)
(17)Horizontal gene acquisition of Liberibacter plant pathogens from a bacteriome-confined endosymbiont of their psyllid vector
(18)Identification of a movement protein of Mirafiori lettuce big-vein ophiovirus
(19)Analysis of genetic population structure of Cacopsylla chinensis (Hemiptera: Psyllidae) with mitochondrial DNA markers in Saga and Yamaguchi prefectures, Japan
(20)Effects of Japanese rice field boundary vegetation on Stenotus rubrovittatus (Hemiptera: Miridae) abundance
(21)Pattern of immigration of the sorghum plant bug Stenotus rubrovittatus (Hemiptera: Miridae) into paddy fields from a large source habitat
(22)イネ縞葉枯ウイルス保毒虫検定法としての簡易ELISA法の評価
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030203579
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat