寒冷地の畑・野菜作における省資源・環境保全型生産技術体系の開発

寒冷地の畑・野菜作における省資源・環境保全型生産技術体系の開発

課題番号2013023061
研究機関名農業・食品産業技術総合研究機構
研究期間2011-2015
年度2013
研究問題③環境保全型農業及び有機農業の生産システムの確立
大課題地域条件に対応した環境保全型生産システムの確立
中課題寒冷地の畑・野菜作における省資源・環境保全型生産技術体系の開発
大項目食料安定供給のための研究開発
中項目(5) 地域特性に応じた環境保全型農業生産システムの確立
摘要カバークロップや地域の有機質資材の利用、田畑輪換に関しては、a) リビングマルチ大豆栽培について、平成24年度にシストセンチュウ害と極度の乾燥で収量低下が認められた山形県河北町の農家圃場で実証試験を引き続き実施した。シストセンチュウ密度の低い圃場への変更、畦間灌漑等の対策を行い、シストセンチュウ害の発生なくリビングマルチ栽培によるダイズ収量の増加を認めた。重窒素同位体分析により、ムギ残さ由来窒素がダイズに吸収されることを確認した。b) 規格外ダイズを緑肥として用いるコムギ栽培体系について、岩手県北 上市の農家圃場(1作目)及び盛岡市内の2か所の試験圃場(3作目)で試験を実施し、夏に休閑する慣行栽培と同等以上の収量が得られ、 温暖化ガス排出が慣行栽培よりも少ないことを確認した。
定植前施肥、耐病性台木の利用等の耕種的技術の活用に関しては、a) 市販のリン酸資材の定植前ネギ苗施肥への適用性については、供試 した8種類から有効な2種類の資材を選出した。また、山形県河北町、福島県いわき市を対象として本栽培体系の経済性の試算を行い、10a 当たりで肥料代が2,400〜8,400円、労働時間が1.5〜3時間増加するが、増収によって収入が120,000〜180,000円改善されるため、技術の導入メリットが十分にあることを確認した。b) メロンつる割病(フザリウム病)について、非病原性菌株、土壌pH矯正資材、植物病害抵抗 性誘導剤を適切に組み合わせて育苗時に処理すると、発病を抑制するとともに、健全個体の生育を促進する効果もあることを明らかにした。
省化学資材・環境保全と生産性を両立させる栽培体系の開発に関しては、a) 長ネギ栽培の定植前リン酸苗施用について、山形県河北町の 実証試験では、平成24年度に引き続き、化学肥料の施用量を窒素、リン酸、カリいずれも50%以上削減した条件で増収効果を確認した。また、8月どり〜11月どりの4つの作型や、有効態リン酸濃度が110mg/100gと高い圃場においても効果を認めた。b) 平成24年度に普及成果情 報を提出したキュウリホモプシス根腐病の総合防除については、産地等の要請に応じ、潜在的な発病リスクの調査や現場での技術指導を通じて技術の普及に努めた。
研究分担門田育生
協力分担関係農環研
東京農大
岩手農研
宮城農・園研
福島農総セ
青森農総研
予算区分技会交付金研究 農林水産業・食品産業科学技術研究推進事業 委託プロ[気候変動プロ] 食料生産地域再生のための先端技術展開事業 文科省[科研費] その他
業績(1)2010年の夏季異常高温が東北地域におけるダイズの生育、収量、品質に及ぼした影響_x000D_

(2)Growth survey of crisphead lettuce (Lactuca sativa L.) in fertilizer trial by low-altitude small-balloon sensing
(3)定植前リン酸苗施用によるネギの生育促進
(4)定植前のネギ苗へのリン酸カリ溶液施用はネギの増収とリン酸減肥を可能にする
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030203580
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat