飼料等の家畜飼養環境の安全性確保技術の開発

飼料等の家畜飼養環境の安全性確保技術の開発

課題番号2013023075
研究機関名農業・食品産業技術総合研究機構
研究期間2011-2015
年度2013
研究問題(7) 家畜重要疾病、人獣共通感染症等の防除のための技術の開発
大課題家畜飼養環境における有害要因リスク低減技術の開発
中課題飼料等の家畜飼養環境の安全性確保技術の開発
大項目食料安定供給のための研究開発
中項目(7) 家畜重要疾病、人獣共通感染症等の防除のための技術の開発
摘要生産段階における食の安全を確保するための簡易かつ特異性の高い診断手法の開発に関しては、a) 腸管出血性大腸菌多様性獲得因子について、ゲノムから挿入配列の切り出しを促進する因子であるIEEは環境応答(ストレス応答)に関連すること、毒素原性大腸菌の一部もこ の因子を保有することを明らかにした。また、サルモネラの染色体上に存在するゲノミックアイランドの一部、又は全領域が多コピー化することにより薬剤耐性が増強されることを確認した。また、カンピロバクターのリポオリゴ糖の糖鎖長が胆汁酸抵抗性を規定し、糖鎖が一定以上欠損すると菌の生残性及び腸管定着性が著しく低下することを明らかにした。b) フザリウム属かび毒の発現調節遺伝子については 、Fusarium asiaticumにアグマチンを添加してデオキシニバレノール(DON)産生を誘導すると、多数のトランスポーター遺伝子が誘導さ れ、アミノ酸及び核酸代謝や窒素代謝に変動が生じることを明らかにした。また、新しい実験動物であるマイクロミニピッグを用いて、種々の有機フッ素化合物(PFCs)を経口投与し、肝臓、筋肉など可食部にぺルフルオロオクタンスルホン酸(PFOS)をはじめとする長鎖PFCsが蓄積することを明らかにした。個々のPFCsの生物学的半減期を算出し、炭素数と蓄積量の正の相関を明らかにした。c) 有機汚染物質で ある有機フッ素化合物の毒性評価に関しては現在実施中である。d) 牛の肝実質細胞由来不死化細胞BHC−5については、いくつかの薬物代 謝酵素の動態を明らかにした。また、ES細胞分化の手法を応用し、BHC-5の薬物代謝等の肝機能を誘導し、向上させることに成功した。e) 腸管毒素原性大腸菌O139及びO149について挿入配列(IS)の分布を解析し、これらの菌株に対する迅速型別技術としてIS-printing法が 適用可能であることを明らかにした。f) 馬パラチフス菌について、全ゲノム塩基配列を解明した。g) 大腸菌の薬物耐性を伝達するプラスミドの解析によって、同一地域で肉用鶏とヒトから分離された大腸菌について、起源が同一ではないことを明らかにした。h) トウモロコ シサイレージ中のDONスクリーニング手法として、蛍光偏光免疫測定法が利用可能であることを明らかにした。i) 鶏にニバレノールを経口投与し、急性、亜急性の毒性徴候について、生化学パラメータの用量反応関係を明らかにし、また消化管の病理組織学的影響を解明した。j) インドの病院排水を処理する下水処理施設では、処理水中から抗菌剤が検出されるとともに薬剤耐性菌の分布が多いことを明らかにし た。k) イネ墨黒穂病罹病もみを反復投与したマウスでは、体重増加等に対する臨床的な異常はなく、遺伝子発現にも大きな変動は見られ なかったことから、罹病もみの生体影響は非常に小さいものと推定した。
研究分担山中典子
協力分担関係国立感染症研究所
鹿児島大学
産業総合研究所
Bihar大学
Manipal大学
農業生物資源研究所
予算区分技会交付金研究 委託プロ[次世代ゲノム基盤プロ] 委託プロ[食の安全・動物衛生プロ] 委託・その他プロ 消費・安全局[レギュラトリー・サイエンス] 文科省[科研費] 厚労省競争的資金 その他
業績(1)Distribution of extended-spectrum cephalosporin resistance determinants in Salmonella enterica and Escherichia coli isolated from broilers in southern Japan
(2)Lineage-specific distribution of insertion sequence excision enhancer in enterotoxigenic Escherichia coli isolated from swine
(3)Profiles of perfluoroalkyl substances in the liver and serum of patients with liver cancer and cirrhosis in Australia
(4)ANTIBIOTICS AS EMERGING POLLUTANTS- A CASE STUDY OF SEWAGE TREATMENT FACILITIES IN SOUTHWEST INDIA
(5)Chronological change of resistance to β-Lactams in Salmonella enterica serovar Infantis isolated from broilers in Japan
(6)Distinguishable epidemics of multidrug-resistant Salmonella Typhimurium DT104 in different hosts
(7)Organ-specific distribution of 7-chlorinated benz[a]anthracene and regulation of selected cytochrome P450 genes in rats
(8)Genomic analysis of Salmonella enterica serovar Typhimurium definitive phage type 104
(9)OCCURRENCE OF ANTIBIOTICS IN RIVER WATER - A CASE STUDY OF THE VRISHABHAVATHI RIVER NEAR BANGALORE, INDIA
(10)Perfluoroalkyl Substances in the Blood of Wild Rats and Mice from 47 Prefectures in Japan: Use of Samples from Nationwide Specimen Bank
(11)Fluoroquinolone resistance mechanisms in an Escherichia coli isolate, HUE1, without quinolone resistance-determining region mutations
(12)イネ墨黒穂病罹病もみの生体影響評価
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030203594
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat