信頼性確保のための原材料・生産履歴判別等の技術開発と標準化

信頼性確保のための原材料・生産履歴判別等の技術開発と標準化

課題番号2013023083
研究機関名農業・食品産業技術総合研究機構
研究期間2011-2015
年度2013
研究問題(8) 食品の安全性向上及び消費者の信頼確保のための技術の開発
大課題信頼性確保のための原材料・生産履歴判別等の技術開発と標準化
中課題信頼性確保のための原材料・生産履歴判別等の技術開発と標準化
大項目食料安定供給のための研究開発
中項目(8) 食品の安全性向上及び消費者の信頼確保のための技術の開発
摘要米の品種識別法に関しては、次世代シーケンサーを用いた96品種の網羅的な多型解析により、平成24年度までに同定済みのものと合わせ て50個の品種特異的マーカーを得た。その中で、特に新潟県産コシヒカリ「コシヒカリ新潟BL」の品種特異的マーカーをLAMP法に適用し、1時間以内に分析可能な簡易同定法を開発した。
農産物・食品の産地等を高精度で判別する技術に関しては、a) 紫外線吸収スペクトルを利用した市販のミネラルウォーター7種の判別について、170〜200nmの遠紫外領域を含む吸収スペクトルを測定することで、陰イオン組成が類似した水を除き、近赤外光を用いるよりも格段に精度よく、ほぼ100%判別可能であることを確認した。b) 平成23・24年産の三陸産、鳴門産、中国産、韓国産の湯通し塩蔵ワカメについて、炭素・窒素同位体比と9元素組成(Mg・P・Ca・V・Mn・Zn・Rb・Sr・Ba)との組合せによる判別の結果、鳴門産・中国産・その他産の 判別を可能とした。また、アカシアはちみつについては、微量元素組成により国産と中国産の判別を可能とした。c) 軽元素同位体比分析 値の真度保証のための標準物質の候補であるメカジキ粉末及び茶葉粉末について、標準物質の値付けを目的に19機関で炭素・窒素同位体比の室間試験を実施した。d) 分析値の信頼性確保に役立つ情報提供に関しては、これまでに構築した試験室間共同試験のデータベースの収 録情報を利用して、食品表示に関するビタミンや他の成分の分析で多用されている液体クロマトグラフィーを用いた分析法の精度について、食品の種類ごとの傾向を明らかにした。また、分析値の信頼性確保のために、独立行政法人産業技術総合研究所と共催で玄米中無機元素分析の技能試験を実施した。
低レベル放射線照射履歴の検知技術の開発に関しては、a) ケイ酸塩を含む香辛料と食塩の光ルミネッセンス(PSL)発光波長特性を蛍光光度計で調べ、食塩でも放射線照射による発光強度の著しい増加を観測し、発光素体としてケイ酸塩以外に食塩(結晶)を含有する食品にもPSL法が適用できることを確認した。b) 放射線照射されたカニ殻を検出するための電子スピン共鳴(ESR)法の測定パラメータの最適化を 行い、マイクロ波強度が4〜5mW、変調磁場が1G、時定数が10.24msであることを明らかにした。
GM農産物における新規系統の検知技術の開発に関しては、a) 新規承認GMダイズ2系統について、PCR法に基づく系統特異的定量検知法を開 発した。b) 未承認遺伝子組換え体の混入推定に役立つ塩基配列の情報収集を行い、エクセル形式で取りまとめたデータベースを開発した 。c) DNAを精製せずに試料の粗抽出液から直接遺伝子検査を可能にするリアルタイムPCR用試薬(サンプルダイレクトDNA分析試薬、平成24年度3月商品化)の性能評価を行い、様々な試料の分析に適用可能であることを確認した。
分析値の保証に資する標準物質等の開発に関しては、a) GMトウモロコシ及びダイズの認証標準物質については、合計14セットを頒布した 。b) 一分子標準物質開発においては、「ナノポアによる核酸分離法」について、ゲーティングナノポア技術に基づくシステムの試作機を 用いて標準DNAの回収実験を行い、DNAのナノポア通過の指標となるイオン電流の低下と回収試料中のDNA量の間に相関が認められることを 明らかにした。
一般消費者の食品安全情報理解に関しては、ウェブサイトの情報発信効果の定量的評価法として、公的機関のウェブサイトを評価するのにふさわしい項目をリストアップし、これらの項目の定量的解析結果を単純な操作でアクセスログから導出するプログラムを開発した。
このほか、a) 平成25年5月の米国における未承認GMコムギの発生に伴う検査法開発への協力及び農林水産省からの当該GMコムギの混入の有無に関する緊急依頼分析に対応した。
研究分担逸見光
協力分担関係国立医薬品食品研究所
農林水産消費安全技術センター
東京大学
森林総合研究所
株式会社ファスマック
株式会社ニッポンジーン
株式 会社島津製作所
近畿大学
産業技術総合研究所
ハウス食品(株)
予算区分技会交付金研究 委託プロ[新需要創出プロ] 委託プロ[次世代ゲノム基盤プロ] 農水省・その他 内閣府競争的資金 文科省[科研費] 文科省・その他 厚労省競争的資金 厚労省・その他 その他
業績(1)Development of direct real-time PCR system applicable to a wide range of foods and agricultural products
(2)Differential functioning of retrieval/comparison processing in detection of the presence and absence of change
(3)Evaluation of real-time PCR detection methods for detecting rice products contaminated by rice genetically modified with a CpTI–KDEL–T-nos transgenic construct
(4)Development and evaluation of a novel DNA extraction method suitable for processed foods
(5)Interlaboratory study of qualitative PCR methods for genetically modified maize events MON810, Bt11, GA21, and CaMV P35S
(6)ORAC法による清酒製造工程の抗酸化性の変化
(7)食品・農産物の遺伝子検査に利用できるサンプルダイレクトDNA分析試薬
(8)Identification of possible technical problems in determination of the major inorganic constituents of brown-rice flour by evaluating proficiency test results
(9)Interlaboratory validation study of an event-specific real-time polymerase chain reaction detection method for genetically modified 55-1 papaya
(10)Simulation of collaborative studies for real-time PCR-based quantitation methods for genetically modified crops
(11)塩尻市における牛舎周辺のツキノワグマ(Ursus thibetanus )捕獲個体の家畜飼料依存
(12)蛍光指紋によるサトイモの産地判別法開発
(13)精米粉末中のカドミウム及び必須無機元素の2008年度技能試験結果
(14)長野市街地ツキノワグマ出没個体は人里に依存していたか? 安定同位体比分析による食性解
(15)Inter-laboratory study of an LC-MS/MS method for simultaneous determination of deoxynivalenol and its acetylated derivatives, 3-acetyl-deoxynivalenol and 15-acetyl-deoxynivalenol in wheat
(16)Responses of carbon and oxygen stable isotopes in rice grain (Oryza sativa L.) to an increase in air temperature during grain filling in the Japanese archipelago
(17)Tribolium castaneumの幼虫と成虫へのガンマ線の影響
(18)Arabidopsis thalianaにおけるガンマ線照射誘導過酸化水素蓄積と脂質過酸化の軽減にカタラーゼCAT2は関与しない
(19)Comparison of DNA extraction methods for sweet corn or processed sweet corns
(20)安定同位体比分析および微量元素分析による湯通し塩蔵ワカメの産地判別
(21)振とう抽出法による放射線照射した食肉およびサーモンにおける2-アルキルシクロブタノン類の検知
(22)貯穀害虫の画像による自動判別
(23)Pulse laser photolysis of aqueous ozone in the microsecond range studied by time-resolved far-ultraviolet absorption spectroscopy
(24)元素分析計-同位体比質量分析計(EA-IRMS)によるうなぎ加工品試料の炭素・窒素・酸素安定同位体比分析の試験所間比較
(25)Identification and detection of genetically modified papaya resistant to papaya ringspot virus strains in Thailand
(26)安定同位体比分析によるうなぎ加工品の原料原産地判別
(27)Development of PCR primers designed for sensitive detection of genetically modified potato DNA in processed foods
(28)Effect of gamma irradiation on soybean allergen levels
(29)Inter-laboratory study of an LC-MS/MS method for simultaneous determination of fumonisin B1, B2 and B3 in corn
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030203602
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat