新たな付加価値を持つ多用途サトウキビ品種の育成と高度利用技術の開発

新たな付加価値を持つ多用途サトウキビ品種の育成と高度利用技術の開発

課題番号2013023102
研究機関名農業・食品産業技術総合研究機構
研究期間2011-2015
年度2013
研究問題(2) ブランド化に向けた高品質な農産物・食品の開発
大課題新たな付加価値を持つ多用途サトウキビ品種の育成と高度利用技術の開発
中課題新たな付加価値を持つ多用途サトウキビ品種の育成と高度利用技術の開発
大項目新需要創出のための研究開発
中項目(2) ブランド化に向けた高品質な農産物・食品の開発
摘要サトウキビの製糖用品種育成に関しては、
a) 製糖工場の長期間の操業を可能にする早期高糖性品種「KTn03-54」の農林認定申請を行った。
b) 長期収穫の普及を支援するシミュレーターを開発し、製糖工場での意思決定を支援するツールを提供した。
用途拡大と高度利用を可能にする品種の育成に関しては、
a) 砂糖・エタノール複合生産について、アサヒグループHD社と共同開発した「逆転生産プロセス」に対応した品種開発のため、種子島及 び宮古島で早期高糖性、株出し能力、糖生産量等を評価し、有望系統として15系統を選抜した。
b) 国内野生種を用いた交配により、極めて高い黒穂病抵抗性を持ち、生産性の高い育種素材を開発した。
c) 飼料用サトウキビについて、黒穂病に強く、生産性も高い有望系統「KR09-6078」、「KR09-6092」、「KR09-6097」の生産力評価を行い、試験を継続することとした。
d) 輸入乾草への依存が高い育成牛の給与試験で、粗飼料の50%を飼料用サトウキビで代替できることを明らかにした。
e) 飼料用サトウキビに、焼酎粕、規格外バレイショ、バガス、ハカマなどの未利用資源を混合した発酵TMRを試作し、貯蔵性や栄養価を評価し、繁殖牛に給与できることを明らかにした。
研究分担樽本祐助
協力分担関係沖縄県農業研究センター
鹿児島県農業開発総合センター
予算区分技会交付金研究 農林水産業・食品産業科学技術研究推進事業 委託・その他プロ その他
業績(1)サトウキビ糖蜜の抗酸化活性に及ぼす加熱加工の影響
(2)九州における小規模なサトウキビ生産と製糖の実態と課題
(3)甘蔗糖度が高く品質の良い早期収穫向けサトウキビ新品種「KN00-114」の育成
(4)Effect of stubble shaving after high-level cutting on the growth and yield of forage sugarcane, KRFo93-1, under multiple ratooning cultivation
(5)収穫しやすく宮古地域の夏植えに適するサトウキビ品種「KY99-176(さとうきび農林31号)」の育成
(6)システムダイナミックスを用いたさとうきび産業のモデル化
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030203621
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat