高機能・低コスト調査技術を活用した農地・地盤災害の防止技術の開発

高機能・低コスト調査技術を活用した農地・地盤災害の防止技術の開発

課題番号2013023111
研究機関名農業・食品産業技術総合研究機構
研究期間2011-2015
年度2013
研究問題②農村地域の国土保全機能の向上と防災・減災技術の開発
大課題高機能・低コスト調査技術を活用した農地・地盤災害の防止技術の開発
中課題高機能・低コスト調査技術を活用した農地・地盤災害の防止技術の開発
大項目地域資源活用のための研究開発
中項目(1) 農村における施設・地域資源の維持管理技術の開発
摘要農地地すべり等の予防保全対策の最適化に関しては、a) GISを活用した土地情報と防災情報の総合評価システムの開発について、自治会 や土地改良区が自ら観測した地区の降雨量等をリアルタイムで住民や関係機関に自動配信する簡易降雨等自立型観測システムを開発し、事例地区での試験運用を行い、実用性を確認した。b) 高精度モニタリング技術を用いた災害発生起点の分析・予測技術開発について、1孔のボーリングに伸縮計と歪み計を組み合わせて埋設し、計測データを地上に無線伝送することにより、複数のすべり面を有する大規模地すべりにおいて、深層すべり面の位置・変位方向・変位量を長期的に監視・観測できる無線式すべり面変位マルチセンサを開発した。c) 降雨 時の飽和・不飽和浸透流解析による地下水面の時間変化から、斜面の崩壊危険度を予測する手法を開発した。現地盤試料による実験から飽和・不飽和の比抵抗の変化が斜面の崩壊危険度の指標として有効なことを確認した。
限界状態照査技術の開発に関しては、a) 詳細な数値情報データ(国土地理院基盤地図情報)を取込み、ため池の諸元・位置情報と組合せ て詳細情報(破堤点等)を考慮することにより、実際の地形等に則したハザードマップを作成するための簡易氾濫解析手法を開発した。b) 平成25年度に決壊したため池9基について現地踏査を行い、氾濫域予測解析結果を検証するための事例データを得た。平成23年台風12号におけるため池の決壊事例を基に、カルバートが目詰まりした場合の対処法を改善し、実際の状況を反映できることを示した。c) 第三紀層 地すべり現地における地中変位観測を行うとともに、層厚の残留強度面で生じる悪条件問題に対処した地盤挙動分析手法を開発した。大規模地すべりにおける現地データを収集して防災対策の効果判定法検討に着手した。
農業用施設及び農地海岸施設の安全性に関しては、a) 東日本大震災によるため池の被災データを精査し、被災ため池の分布は震央及び強 震動生成域起点距離と関係し、その被災(有為波重合)ラインは震度分布に符合することを明らかにした。b) 津波の遡上実験で排水路と 水路側壁による津波の遡上減勢効果を評価し、排水路を活用することで農村地域の津波浸水被害を軽減できることを確認した。c) 津波浸 水以降も除塩ができない地区について、調査と解析を行い、現在の塩分は津波由来ではなく、海からの浸透による可能性が高いことを明らかにした。d) 排水機場の性能設計について、確率台風モデルで発生させた台風を基に年最大潮位偏差の非超過確率を評価し、モデル地区 における高潮発生の再現期間を明らかにした。
研究分担川本治
協力分担関係㈱国土防災技術
予算区分技会交付金研究 食料生産地域再生のための先端技術展開事業 文科省[科研費] 文科省・JST競争的資金 その他
業績(1)水田の窒素負荷軽減に向けた止水管理の評価に関する調査検討結果
(2)地盤沈下した津波被災農地の海水侵入対策の検討
(3)ため池決壊時の簡易氾濫解析の改善に関して
(4)稲作地域における需要者主導型水利サービスの事例研究
(5)平成25年度豪雨による決壊ため池の氾濫解析検証
(6)Application of two layer heat balance model for calculation of paddy thermal condition
(7)海岸保全施設の維持管理計画の改善のための課題
(8)物理探査学会65周年特別セッション「物理探査の10年後を考える」
(9)農地政策の転換における土地改良法の問題点-土地改良区の事業における代表性の分析-
(10)一次元解析および平面二次元解析による水田の窒素浄化機能に関する研究
(11)沿岸部排水機場の津波減災対策の検討
(12)海岸堤防の高さに関わる合意形成の新たなかたち
(13)浸水津波の減勢における排水路の効果
(14)防災・減災意識を醸成する「手作り防災マップWS」プログラム
(15)詳細地形等を考慮したため池決壊時の簡易氾濫解析手法
(16)ジャカルタにおける土地利用変化が地表面温度および顕熱の空間分布に及ぼす影響
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030203630
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat