耐冷性といもち病抵抗性を兼ね備えた極良食味及び業務用米品種の開発とその普及

耐冷性といもち病抵抗性を兼ね備えた極良食味及び業務用米品種の開発とその普及

県名北海道
研究機関名地方独立行政法人北海道立総合研究機構農業研究本部中央農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間完H23〜25
年度2013
概要現在の主要品種が有する極良食味などの高品質性を維持しつつ、耐冷性・いもち病抵抗性・高温登熟性など障害に対する抵抗性を総合的に改良した品種を開発し、早急に普及することが目的である。
、 耐冷性といもち病抵抗性を備えた良質良食味系統「ふ系219号」、「東北200号」等、良質糯系統「ふ系糯229号」、「東北糯199号」、「上育糯464号」及び極良食味系統「上育463号」、業務用米「空育酒177号」「空育179号」「ふ系228号」について、現地での農業特性を明らかにして実需者の評価を得る。それらの評価結果をもとに品種登録し、北海道・東北地域への普及拡大を図る。
研究分担上川水稲、上川環境、中央水田、道南地域
予算区分受託
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030203732
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat