菜豆のサラダ用加工特性の解明と加工適性・耐病性に優れる品種開発の強化

菜豆のサラダ用加工特性の解明と加工適性・耐病性に優れる品種開発の強化

県名北海道
研究機関名地方独立行政法人北海道立総合研究機構農業研究本部中央農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間新H25〜27
年度2013
概要近年、需要が増加しているサラダ用途向けとして調理後の粒色が濃く鮮やかで、皮切れ・煮くずれしにくい加工特性をもつ道産いんげんまめ新品種の育成が求められている。一方、道産金時類では皮切れが少ない新品種の育成が求められている。これら特性を持つ新品種を育成するため種皮色素特性を解明し、加えて、皮切れおよび煮くずれ粒発生との関係を解析するとともに、皮切れ粒発生の簡易評価手法を開発する。また、これまでに開発した加工適性評価法を用いて、サラダ用、煮豆用それぞれの用途向けに加工適性に優れる有望系統の選抜を強化する。
研究分担十勝豆類、中央品質
予算区分受託
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030203755
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat