多様な育種目標に対応した品種開発のための検定強化

多様な育種目標に対応した品種開発のための検定強化

県名北海道
研究機関名地方独立行政法人北海道立総合研究機構農業研究本部上川農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間新H25
年度2013
概要目的:多様にニーズに対応し、北海道稲作の発展に貢献する、省力栽培が可能な品種、耐冷・耐病性が優れる高品質・極良食味、高品質糯品種の早期育成を目指す。
、成果:1)生産力検定本試験供試の移植・うるち26系統のうち、生育期節・耐倒伏性・特性検定等により圃場選抜した18系統の収量調査および食味・品質検定を行い、「ゆめぴりか」と比べ食味が並からやや優り、収量性、耐冷性およびいもち病耐病性が優る「AC12095」を有望(〇)とし、「上育468号」として配付し、6系統を再検討とした。
、 2)生産力検定本試験供試の直播・うるち7系統のうち、「上系12264」「上系12265」など、苗立性に関する各種特性検定において、「ほしまる」より優った。「ほしまる」と比べ、出穂期および成熟期がやや早く、精玄米重は並からやや優った。食味評価は「ほしまる」並であった。両系統を再検討とした。
、3)生産力検定本試験供試の移植・もち7系統のうち、生育期節・耐倒伏性・特性検定により2系統を圃場選抜したが、収量性や糯硬化性が対照品種より劣ったため、2系統とも廃棄とした。
、4)生産力検定予備試験に供試した移植299系統(粳248系統、糯51系統)、直播48系統のうち、生育期節、耐倒伏性、特性検定等により、移植193系統(粳167系統、糯26系統)、直播37系統を圃場選抜の上、収量調査を実施した。うるちで37、もちで7系統選抜した。
研究分担研究部水稲G
予算区分道単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030203788
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat