道北地域における食用かぼちゃ種子の安定生産体制の確立

道北地域における食用かぼちゃ種子の安定生産体制の確立

県名北海道
研究機関名地方独立行政法人北海道立総合研究機構農業研究本部上川農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H24〜26年
年度2013
概要目的:新たな食用種子かぼちゃ品種の安定栽培技術を検討、民間が開発した機械の評価、種子の機能性・栄養性の調査を行うとともに、道北地域を中心としたかぼちゃ産地において関連機関と連携し、栽培から種子採取に至る組織体制の確立を図る。
、経過:定植期および栽植密度と種子収量性の関係を調査した結果、種子の収量は栽植密度よりも定植時期に最も強い影響を受ける傾向であった。また、平均一果重が小さい果実ほど種子の乾燥重および百粒重が小さくなる傾向が認められた。
研究分担地域技術G
予算区分道単、委託(民間・大学)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030203808
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat