地球温暖化と生産構造の変化に対応できる北海道農林業の構築

地球温暖化と生産構造の変化に対応できる北海道農林業の構築

県名北海道
研究機関名地方独立行政法人北海道立総合研究機構農業研究本部十勝農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間完H21〜25
年度2013
概要目的:子実用とうもろこしの栽培技術を開発し、栽培実績のある道央地域における導入効果を明らかにする。
、成果:品種は早生の早「デュカス」早生の中「チベリウス」、栽植密度は9000〜9500 本/10a が適する。土壌診断に基づく窒素施肥で収量が安定化する。道央地域では輪作体系への導入で土壌物理性改善と後作物の増収が認められ、栽培法を実践しコーンヘッダ稼働面積40ha を確保すれば、交付金を含め、現行の輪作体系と同等の所得が見込める。
研究分担研究部・生産環境グループ
予算区分道単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030203884
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat