2 病害虫に関する試験 、(2)道産小麦の需要を拡大する次世代品種の開発促進と生産安定化 2.日本めん用等小麦の開発促進と生産安定化 3)Microdochium nivaleによる小麦の赤かび病と葉枯症状の発生に対する防除対策

2 病害虫に関する試験 、(2)道産小麦の需要を拡大する次世代品種の開発促進と生産安定化 2.日本めん用等小麦の開発促進と生産安定化 3)Microdochium nivaleによる小麦の赤かび病と葉枯症状の発生に対する防除対策

県名北海道
研究機関名地方独立行政法人北海道立総合研究機構農業研究本部北見農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間
、平成25年〜27年
年度2013
概要目的:クレソキシムメチル耐性赤かび病菌(M. nivale)に対して効果の高い薬剤の探索及び、葉枯症状の発生要因解明と対策法の検討を行い、赤かび病の多発に対応した効果的な防除体系の確立を行う。
、成果:穂のM. nivale発生に対して2薬剤、葉の発生に対して3薬剤の効果が高いことを確認した。開花始前後の防除効果が高かった。
、同じ病原菌が引き起こす紅色雪腐病の発生量は葉枯症状の多発には影響しなかった。葉枯症状の発生には品種間差があるが、「きたほなみ」が特に弱い訳ではなく、品種の変遷は葉枯症状の多発と直接影響していないと推測された。
研究分担研究部
、生産環境グループ
予算区分受託(民間)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030204021
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat