3野菜に関する試験 、(5) 加工用途向けたまねぎ品種の早期開発

3野菜に関する試験 、(5) 加工用途向けたまねぎ品種の早期開発

県名北海道
研究機関名地方独立行政法人北海道立総合研究機構農業研究本部北見農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間
、平成23年〜25年
年度2013
概要目的:実需者が加工原材料に求めている高乾物率・高BrixたまねぎF1品種を早期に育成する。
、成果:
、 (a) 生産力検定本試験
、 「北見交65号」(生本2年目):標準と比較して、倒伏期は10日遅く、総収量と平均一球重は優った。球形指数は114で、長球基準である110を超えた。
、 「北見交67号」(生本1年目):倒伏期は標準と同程度であり、総収量と平均一球重は優ったものの、変形等の発生が多かった。
、 「北見交68号」(生本1年目):標準と比較して、倒伏期は9日遅く、総収量と平均一球重は優った。球形指数は120で、長球基準である110を超えた。
、 特性検定の結果もあわせ、共同研究先と協議の上、3系統とも試験継続とした。次年度の地域適応性試験には「北見交65号」(2年目)と「北見交68号」を供試する。
、 (b) 特性検定
、 供試した3系統の乾腐病抵抗性は強指標品種「スーパー北もみじ」と概ね同等であった。また、3系統とも高乾物率・Brix品種「ゆめせんか号」同程度以上の乾物率、Brixであった。
、 (c) 生産力検定予備試験
、 収量性と内部品質(高乾物率・高Brix)の「NK1301」を試験継続とした。
予算区分受託(民間)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030204053
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat