1 技術体系化チームの試験 、(1) 道産小麦の需要を拡大する次世代品種の開発促進と生産安定化1)パン・中華めん用小麦の開発促進と生産安定化 (4)硬質秋まき小麦「つるきち」の生育特性に対応した栽培法の確立

1 技術体系化チームの試験 、(1) 道産小麦の需要を拡大する次世代品種の開発促進と生産安定化1)パン・中華めん用小麦の開発促進と生産安定化 (4)硬質秋まき小麦「つるきち」の生育特性に対応した栽培法の確立

県名北海道
研究機関名地方独立行政法人北海道立総合研究機構農業研究本部北見農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間
、平成25年〜27年
年度2013
概要目的:道東地域における「つるきち」の生育特性に対応した窒素施肥法を設定する。
、成果:オホーツク地域で適期播種を行った地点は越冬前の目標計数1100本/m2より上回ることが出来た。播種期が遅れるほど越冬前茎数や乾物重が著しく減少し、晩播した地点の茎数は260〜627本/m2であった。また、晩播で播種量を増やすことによる茎数、乾物重への効果は明確ではなかった。
予算区分受託(民間)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030204057
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat