SPF豚農場における豚サーコウイルス2型感染対策

SPF豚農場における豚サーコウイルス2型感染対策

県名北海道
研究機関名地方独立行政法人北海道立総合研究機構農業研究本部畜産試験場
課題種別試験研究課題
研究期間新H25〜27
年度2013
概要目的:SPF豚農場におけるPCV2ワクチンの効果やPCV2bウイルスの感染動態を把握する検査手法を確立する。またSPF豚農場におけるPCV2対策としてのワクチンプログラム等の衛生管理技術の適正化や省力化をめざす。
、成果:血清および環境糞便材料中のウイルス量を比較すると、検出率及び検出量ともに環境糞便材料の方が高い傾向があり、環境糞便は農場のウイルス排泄状況の評価に活用可能であると考えられた。
研究分担基盤研究部家畜衛生G
予算区分受託
、(民間)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030204076
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat