若齢牛における造精能力評価法の検討

若齢牛における造精能力評価法の検討

県名北海道
研究機関名地方独立行政法人北海道立総合研究機構農業研究本部畜産試験場
課題種別試験研究課題
研究期間新H25
年度2013
概要目的:若齢牛の精液採取における一般精液性状の経時的変化および精子内mRNAの定量解析を行い、若齢牛の造精能力予測技術の開発に資する知見を得る。
、成果:淘汰牛は選抜牛と比較し、採精1回目から総精子数、精子濃度、新鮮・凍結精子活力+++の割合、耐凍性が低かった。しかし、ばらつきが大きく、一般精液性状のみで造精能力を早期に予測することは困難であった。
、AQP3およびAQP7 mRNA量は低耐凍性精子で少なく、AQPが精子耐凍性と関連する可能性が示唆された。
研究分担基盤研究部畜産工学G
予算区分受託(民間)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030204087
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat