栽培漁業技術開発調査

栽培漁業技術開発調査

県名北海道
研究機関名地方独立行政法人北海道立総合研究機構水産研究本部栽培水産試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H18〜
年度2013
概要えりも以西太平洋海域で放流したマツカワ人工種苗の放流効果の波及範囲を明らかにするとともに経済効果を算定する。
、種苗生産技術の開発に向け、成熟や成長など、種苗生産に関する生理・生態的な特性に関する基礎資料を得る。
、キツネメバル、マツカワの栽培推進、タラバガニの種苗生産技術開発を行う。
研究分担調査研究部・栽培技術部
予算区分道単
業績(1)タラバガニ稚ガニの養成と人工繁殖について
(2)タラバガニ幼生期にみられた早期沈降と形態異常の関連
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030204200
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat