海域間におけるマガレイ稚魚の成長の違いと餌料環境の影響の解明

海域間におけるマガレイ稚魚の成長の違いと餌料環境の影響の解明

県名北海道
研究機関名地方独立行政法人北海道立総合研究機構水産研究本部網走水産試験場
課題種別試験研究課題
研究期間
、H23〜25
年度2013
概要高豊度年級群の発生メカニズムの解明への第一歩として日本海とオホーツク海の餌料環境の違いがまガレイ稚魚の栄養状態・成長に与える影響を解明する。同時に調査直前数日間の耳石成長量を用いた簡便に天然稚魚の栄養状態を評価するツールを開発する。
、飼育実験から栄養状態の違いが耳石成長量に影響することを確認した。オホーツク海の稚魚の食性解析の結果、サイズにより大型のベントスを餌としていることがわかった。
研究分担調査研究部
予算区分道単
業績(1)RNA/DNA比および耳石外縁成長量を指標としたマガレイ稚魚の成長
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030204259
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat