1 地域の特性に応じた森林及びみどり環境の充実(イ)森林の生物多様性保全と健全性維持のための研究開発4)生物多様性を確保する森林管理技術の研究と開発 、1)環境利用情報を活用した遺伝子マーカーによる個体識別を用いたヒグマ生息密度推定法の開発

1 地域の特性に応じた森林及びみどり環境の充実(イ)森林の生物多様性保全と健全性維持のための研究開発4)生物多様性を確保する森林管理技術の研究と開発 、1)環境利用情報を活用した遺伝子マーカーによる個体識別を用いたヒグマ生息密度推定法の開発

県名北海道
研究機関名地方独立行政法人北海道立総合研究機構森林研究本部林業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間完H23〜25
年度2013
概要目的:空間明示型モデルを用いたヒグマの生息数推定において,調査対象地の空間規模や,被毛採取場所の配置や密度の影響を調べ,遺伝子マーカーによる個体識別を用いた標識・再捕獲法による個体数推定法の効率的な実施マニュアルを作成する。また,過去の調査研究から得られたヒグマの行動圏や環境利用情報を活用して,個体数推定値の精度を高める。
、計画:被毛採取成功に環境条件の与える影響の検討
研究分担機能G
予算区分道単
業績(1)ヒグマの出没情報から農地の食害リスクを推定する
(2)ヒグマによる農業被害の軽減をめざして−被害農地の立地解析によりハザードマップを作成する−
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030204347
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat