2 林業の健全な発展及び森林資源の循環利用の推進(ア)林業の持続的な発展のための研究開発8)森林資源の充実を図る育林技術の研究と開発 、13)天然更新したカラマツ・トドマツ幼樹の成長を促す施業方法の開発

2 林業の健全な発展及び森林資源の循環利用の推進(ア)林業の持続的な発展のための研究開発8)森林資源の充実を図る育林技術の研究と開発 、13)天然更新したカラマツ・トドマツ幼樹の成長を促す施業方法の開発

県名北海道
研究機関名地方独立行政法人北海道立総合研究機構森林研究本部林業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間新H26〜29
年度2013
概要目的:天然更新したカラマツ・トドマツ幼樹の生育に必要な環境条件(光環境・広葉樹との競合緩和等)の探索と制御手法の提示によって、両樹種の幼樹の成長を促す技術を開発し、天然更新によって次世代の人工林資源を確保することができるようにする。
、計画:(1)カラマツの天然更新に適した伐開幅の検討、(2)除伐がカラマツ天然更新地の成林に与える影響、(3)地力とカラマツ幼樹の成長の関係、(4)トドマツ幼樹に対する伐採施業の効果検証
研究分担道東支場
予算区分道単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030204380
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat